Yellowfin 説明ガイド

Yellowfinは、エンタープライズアナリティクス、および組み込みアナリティクス両方のユースケースで使用され、独自のアナリティクスアプリケーションを構築します。本ガイドを活用することで、Yellowfinが要件に対して技術的に最適であるかどうかを確認できます。

アプリケーション開発のベストプラクティス

  • アプリケーション開発ベストプラクティス

    Updated 27 10月 2020

    アナリティクスアプリケーション開発ライフサイクルとは何ですか?

    アナリティクスアプリケーションを構築する場合、アナリティクスアプリケーションの開発や実装を成功させるために完了しなくてはいけないいくつかの段階があります。

     

     

    プロトタイプ

    専門知識を活用して、迅速にプロトタイプを開発することで、顧客にこれを提示し、市場機会を検証します。このフェーズの目的は、既存のソリューションでは満たすことのできない現実のギャップを、アナリティクスアプリケーションで確実に解決することです。

     

    デザイン

    顧客のフィードバックに基づき、デザインを完成させます。これには、データソースの特定、ターゲットデータ構造の定義、完成したダッシュボードおよび必要なワークフローが含まれます。アプリケーションがホストされ、マルチテナントソリューションとして提供される場合は、データセキュリティと分離ニーズも計画しなくてはいけません。デザインを完成させるには、データエンジニア、データサイエンティスト、データアナリスト、UX専門家それぞれのスキルが必要になります。

    デザインフェーズで重要なのは、ワークフローとアクションが組み込まれている場合にデータフローを計画することです。データの保存方法と更新方法に応じて、トランザクションを管理し、更新されたデータをダッシュボードとターゲットアプリケーションの両方に表示するための計画が必要になります。

     

    開発

    アジャイルでも、ウォーターフォールでも、好みの開発手法を使用してアプリケーションを開発し、テストします。通常、最初のフェーズでは、データを適切に取得し、アナリティクスコンテンツを構築します。ワークフローやアクションを組み込まなくても、アプリケーションのフレームワークコンポーネントを構築できるようにする必要があります。

    通常、データを準備し、意図した分析やワークフローをサポートする構造にする必要があります。データは一度作成されると、それが基礎になります。それから、アクションのためのプレースホルダーを残して、ダッシュボードの構築に移ります。

     

    拡張

    アプリケーションのデータコンポーネントをデザインし、構築したら、アクションベースのワークフローやシングルサインオン、認証を組み込む必要がある場合は、それを拡張しなくてはいけません。

    コードモードを使用して、サードパーティ製アプリケーションにカスタムフォームとインテグレーションを構築します。

     

    実装

    ステージングと実装は、アナリティクスアプリケーションライフサイクルの重要な部分であり、適切なガバナンスや制御があれば、開発者がアプリケーションの新バージョンを迅速にリリースすることができます。アプリケーションはオンプレミスに実装することも、マネージドサービスとしてクラウドに実装することもできます。

    アプリケーションの性質に応じて、顧客ごとのカスタマイズが必要になる場合があります。開発チームが、データ統合やアクションベースのワークフローをカスタマイズできるようにします。

     

    管理

    特にアプリケーションをホストサービスとして提供する場合、導入後のサポートが重要です。顧客へのアプリケーションの展開を計画し、トレーニングやエンドユーザーサポートを提供します。ホスティングの場合は、アプリケーションのパフォーマンスを監視して、サービスレベルが満たされていることを確認します。

     

    つながる

    アプリケーションを構築して、実装したら、サービスを拡張して、顧客に提案分析を提供しましょう。彼らに代わってデータを解析し、Yellowfin ストーリーやプレゼンテーションを通して、サービスとしてのインサイトを提供します。これにより、顧客とより緊密につながり、継続的に優れた価値を提供することができます。

     

    アプリケーションを構築するためにチームに必要なスキルは何ですか?

    アプリケーションの構築に必要なスキルは、構築するアプリケーションの複雑さによって異なります。しかし、必要なコア機能に基づきチームを計画することは、チームに適切な人員を配置するのに役立ちます。

    • 専門家:解決しようとしているビジネス上の問題を理解している人物
    • データエンジニア:分析のためにデータを抽出し、変換して、準備できる人物
    • デザイナー:ダッシュボードからワークフローまで、魅力的なアナリティクスユーザーエクスペリエンスをデザインできる人物
    • データアナリスト:必要なアナリティクスコンテンツを構築できる人物
    • 開発者:JavaScript、HTML、CSS、Javaのような標準的な業界言語を使用してYellowfinを拡張できる人物
    • IT・開発運用:このチームは、適切なインフラのプロビジョニングや、Yellowfinのインストールや設定、日常的な管理タスクの実行に関わります。

     

    アナリティクスアプリケーションのコンテンツのバージョン管理を維持するにはどのようにすればよいですか?

    Yellowfinは、開発環境から本番環境へのコンテンツ移行を管理できます。このようにして、実装したアプリケーションのバージョン管理を行うことができます。

     

    カスタムコンポーネントを他のアプリケーションで再利用できますか?

    できます。グラフやダッシュボードなどの標準コンポーネントと、ユーザーが作成したカスタムコンポーネントの両方を、アプリケーション間で簡単に共有できます。

    グラフやダッシュボードのような基礎的なコンポーネントの場合は、Yellowfinのインポート・エクスポートオプションを使用して、これらのコンポーネントをひとつのアプリケーションから別のアプリケーションへ移行します。

    カスタムコンポーネントの場合、それが新しいYellowfin プラグインの場合は、Yellowfinの任意の新しいインスタンスにロードすることができます。それがコード拡張の場合は、コードコピーし、コードモードインターフェースを通して、ターゲットアプリケーションに貼り付けます。

     

    同じアプリケーションでチームメンバーと一緒に作業するにはどのようにすればよいですか?

    通常、チームメンバーは、アプリケーションの様々な領域で同時に作業をします。例えば、ダッシュボードを構築するデータアナリストは、ワークフローやインテグレーションに取り組む開発者と同時に作業できます。チームメンバーに同じコンテンツで同時に作業をさせたい場合、これも可能です。

     

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.