BIツールの活用で何ができるの?具体的な事例も含めてわかりやすく解説

BIツールの活用で何ができるの?具体的な事例も含めてわかりやすく解説

BIツールの活用で何ができるようになるのか

BIツールを導入したときに社内に浸透するのか不安

BIツールを導入した具体的な他社の事例も知りたい

 

BIツールを検討する際に活用目的を明確にすることは大事ですが、実際にどのような活用ができるのかイメージがわかない方もいることでしょう。また、導入したあとに社内で長く活用してくれるようになるのか不安を覚える担当者の方もいるかと思います。

本記事では、BIツールを導入するにあたって、BIツールの活用シーンや活用してもらうポイントを始め、BIツールを導入した企業の具体的な活用事例を紹介していきます。

yellowfin 製品紹介ホワイトペーパーのダウンロード

BIツールを活用する目的

BIツールは、企業が蓄積した膨大なデータを収集・分析し、迅速な経営判断ができるように支援するツールです。

BIツールを活用する目的としては、以下の2点があります。

 

  • 現状課題の把握
  • 生産性向上(業務効率化)

 

BIツールの活用目的の1つ目としては、現状課題の把握が挙げられます。経営判断をする際に、情報量が多すぎて何が課題なのかが見えづらくなることがあります。BIツールを使用すれば、タイムリーに必要なデータを抽出して多角的な分析ができるため、課題の把握がしやすくなります。

BIツールの活用目的の2つ目としては、生産性向上(業務効率化)です。今までエクセルシートを使って手動で行っていたデータの整理・データの分析・レポート作成などをBIツールで対応することが可能です。BIツールの活用により、分析・レポート作成に費やしていた時間を大幅に削減できます。

関連記事:BIツールを総まとめ!概要や機能からメリット・デメリットまでプロが徹底解説

 

BIツールの活用で可能になる5つのこと

ここでは、BIツールの活用で可能になる5つのことについて解説します。

 

・データの可視化

・データの分析

・データマイニング

・レポート作成

・シミュレーション

 

それでは1つずつ解説します。

 

データの可視化

1つ目は、データの可視化です。

 

BIツールのダッシュボード機能を使用することで、視覚的にわかりやすく表やグラフとしてデータを可視化することが可能です。数字の羅列だけでは把握できなかった傾向を、データの可視化により読み解くことができるようになります。

 

データの分析

2つ目は、データの分析です。

BIツールを使用することで、データベースの膨大なデータに対して複雑な集計・分析を素早く行うOLAP分析が可能となります。データサイエンティストのような専門家ではなくても、データ分析の対応ができるようになることも魅力です。

膨大なデータ分析をBIツールで対応することで、問題点の原因究明を探ることが可能です。

 

データマイニング

3つ目は、データマイニングです。

データマイニングとは、データの中から価値ある法則を導き出すことです。BIツールのデータマイニング機能を使用すれば、クロス集計・クラスター分析・ロジスティクス回帰分析などの分析手法を用いて、今まで気づかなかった相関性がわかるようになります。

データマイニングの結果をもとに、新しい課題の把握や商材の開発も可能になります。

 

レポート作成

4つ目は、レポート作成です。

BIツールのレポーティング機能を用いれば、自動的にデータ集計を行い、レポート作成まで簡単に対応することが可能です。

定型の日報や週報があれば、事前に必要なデータ項目・集計方法・グラフを指定することで自動化できます。非定型の場合であっても、ダッシュボードでドラッグアンドドロップすれば簡単にレポート作成ができますので、業務効率化も図れます。

 

シミュレーション

5つ目は、シミュレーションです。

BIツールのシミュレーション機能を用いれば、過去のデータからプランを実行したときのパターンを予測できます。具体的には、予算計画を立てる場合に過去のデータからシミュレーションを行い、最適な数値を出すことが可能です。

 

BIツールの主要な3つの活用シーン

ここでは、BIツールの主要な活用シーンを3つ解説します。

 

・経営分析

・営業分析・顧客分析

・マーケティング

 

それでは1つずつ解説します。

 

経営分析

1つ目は、経営分析です。

BIツールを用いて売上情報や財務状況をタイムリーに把握して分析をすることで、迅速な経営判断が可能となります。また、為替の変動による売上予測もBIツールでは可能になりますので、予実管理もBIツールで簡単に対応することができます。

 

営業分析・顧客分析

2つ目は、営業分析・顧客分析です。

BIツールを使用することで、営業活動による活動状況・営業成績・顧客情報などを集約し、分析することが可能です。今まで経験則で立案されていた営業戦略もデータに基づき戦略を立てることが可能となり、顧客ニーズの変化に対応できるようになります。

 

マーケティング

3つ目は、マーケティングです。

BIツールを使用することで「Aという商品と抱き合わせで購入される商品の特定」、「天気によって売上高が変わる商品の把握」、「イベント開催時の近隣店舗の売上高の推移」などをデータで把握できます。

経験や勘にとらわれず、BIツールによる相関分析や回帰分析などを通して、品揃えや仕入れ量の変更などが行えるようになります。

 

BIツールを活用するための5つのポイント

ここでは、BIツールを活用してもらうための5つのポイントを解説します。

 

現場でどのように使用されるのかをイメージする

・情報システム部門と現場担当者でスモールスタートする

・定型フォーマットを限定する

・ドリルダウンを利用して便利さを実感してもらう

・1つのデータを様々な分析手法で分析してみる

 

それでは1つずつ解説します。

 

現場でどのように使用されるのかをイメージする

1つ目は、現場でどのように使用されるのかをイメージすることです。

現場のことを考えずに理想の使用イメージだけで検討してしまうと、せっかく導入したBIツールが現場に浸透していかない可能性があります。現場でBIツールを使用する人を想定したうえで、どのように使用されるのかイメージし、どうすれば使ってもらえるか検討することが大切です。

 

情報システム部門と現場担当者でスモールスタートする

2つ目は、情報システム部門と現場担当者でスモールスタートすることです。

BIツールを活用してもらうためには、情報システム部門だけでBIツールの導入を検討するのではなく、実際にBIツールを利用する現場と意識のすり合わせを行うことが重要です。情報システム部門が現場担当者にどのような情報が欲しいのかなどを確認しながら、BIツールの使用方法などを共有して導入判断を検討することが、長く活用されるためのポイントです。

 

定型フォーマットを限定する

3つ目は、定型フォーマットを限定することです。

BIツールには、データを可視化するための様々な表やグラフのフォーマットが数多く用意されていることが多いです。しかし、人が一度で認知し使用できる種類には限界があります。フォーマット数が多い場合は、使用する定型フォーマットを限定しておくと、利用者のハードルも下がるでしょう。

 

ドリルダウンを利用して便利さを実感してもらう

4つ目は、ドリルダウンを利用して便利さを実感してもらうことです。

ドリルダウンとは、データの集計レベルを1つずつ掘り下げていくことです。例えば、都道府県別で見ていたデータを市町村レベルで確認することがこれに該当します。ドリルダウンはBIツールが得意としている機能のため、この機能を使用することで便利さを実感してもらうことが、BIツール活用のきっかけになると考えられます。

関連記事:BIのドリルダウンとは?ドリルスルーとの違い・機能・分析手順を解説!

 

1つのデータを様々な分析手法で分析してみる

5つ目は、1つのデータを様々な分析手法で分析してみることです。

BIツールのドリルダウン機能を使用したあとは、他の分析手法を試してみると良いでしょう。BIツールの強みは、専門的な知識が必要な分析が簡単にできることです。1つのデータに対して多角的に分析を行うことで、違った見解を得られることも実感できます。様々な分析手法で分析してみることは、BIツールを積極的に活用する機会が増える可能性があります。

 

BIツールの活用事例

ここでは、BIツールの活用事例として、Yellowfinを導入した以下3つの事例について解説します。

 

・経営層が最新の実績が見られるようになった

・データの抽出・分析を大幅に削減し業務効率化

・製造装置から出力データを可視化し生産性向上

 

それでは1つずつ解説します。

 

経営層が最新の実績が見られるようになった

1つ目は、経営層が最新の実績が見られるようになったバリューコマース株式会社様の事例です。

バリューコマース株式会社様では、当初の課題として経営陣がクライアント実績をすぐに見たくても見れない状況にありました。各担当者にクライアント実績のとりまとめを依頼しても、最新の数字がどれかわからず、依頼するたびに確認に時間がかかってしまうこともしばしばありました。

そこでBIツールとしてYellowfinを導入することで、リアルタイムでクライアントや媒体の実績を確認できるようになりました。

関連記事:【導入事例】バリューコマース株式会社

 

データの抽出・分析を大幅に削減し業務効率化

2つ目は、データの抽出・分析を大幅に削減し、業務効率化した日本酒類販売株式会社様の事例です。

日本酒類販売株式会社様の課題としては、データ抽出のために土日出勤をする社員がいたことです。Yellowfinを導入をする前から、発注担当や受注担当などの各部署でBIツールを使用していましたが、データ抽出に数時間かかってしまうこともありました。

そこでBIツールのYellowfinを導入したところ、30分程度でデータ抽出が終わり、分析も数分で終わるようになりました。データの抽出・分析にかかる時間が大幅に短縮となったため、業務効率化につながりました。

関連記事:【活用事例】日本酒類販売様 <データの抽出・分析にかかる時間を短縮し、生産性を大幅に向上> 

 

製造装置から出力データを可視化し生産性向上

3つ目は、製造装置から出力データを可視化することで、生産性が向上したデンソーテン株式会社様の事例です。

デンソーテン株式会社様には、カーナビゲーションを始めとする機器の製造装置から発信されるデータを、生産工程で活かし切れていないという課題がありました。

そこで、BIツールとしてYellowfinを導入することで、製造装置から発信される様々な情報をリアルタイムで把握し、現場社員がモニタリングできるようになりました。具体的には、製造プロセスごとに閾値を設定し、その閾値を超えたときにアラートが鳴るようにYellowfinで設定をすることが可能となったのです。

不具合を未然に防止することで、品質改善や生産性向上につながりました。

関連記事:【IoT活用事例】デンソーテン株式会社様 <製造装置からの出力データを可視化して不具合を未然に把握> 

 

まとめ

ここまでBIツールの活用について、活用目的を始め、活用可能なシーンや活用事例などを交えながら解説しました。

BIツールの導入を検討する際に、どのような活用ができるのか、具体的な事例で何が改善されたのか、気になる企業担当者の方もいらっしゃることかと思います。また、BIツールを導入しても社内で浸透されなければ、せっかく導入した意味もなくなってしまうため、活用してもらうポイントもぜひ参考にしていただければと思います。

BIツールを使用することで課題を把握し、生産性向上や業務効率化につながるためのより良い環境を提供できるようになるはずです。

BIツール Yellowfin の紹介資料はこちらから↓

最新記事一覧

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.