戦略立案を成功に導くフレームワークとは?メリット・加速方法も詳しく紹介

戦略立案を成功に導くフレームワークとは?メリット・加速方法も詳しく紹介

  • 戦略立案を成功に導くフレームワークとは何だろう
  • 戦略立案に役立つフレームワークについて詳しく知りたい
  • 戦略立案でフレームワークを活用するメリットについて知りたい

 

このような考えをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

企業の戦略立案にフレームワークを活用すれば、自社の強みを把握できたり、客観的に分析し業務改善に役立てたりすることが可能です。自社に適したフレームワークを選択すれば、ビジネスを成功に導くことも可能でしょう。

この記事では、世界で約29,000社以上にBIツールを展開し、企業の業務効率化や自動化をサポートしているYellowfinが、戦略立案を成功に導くフレームワークの概要、メリット、加速方法を詳しく解説します。

Yellowfin 製品紹介ホワイトペーパーのダウンロード

 

戦略立案に役立つフレームワークとは

戦略立案に役立つフレームワークとは

まずは、戦略立案に役立つフレームワークについて解説します。

ビジネスにおけるフレームワークとは、組織で共通して用いる考え方の枠組みのことです。

戦略立案にフレームワークを活用すれば、企業は内部環境と外部環境の両方を包括的に分析できるようになります。分析結果から洞察を得て、経営戦略を効率的に策定することが可能です。

フレームワークによる分析を行えば、企業は市場での競争優位を確立し、長期的な成功に向けた戦略策定を行えるでしょう。

 

戦略立案にフレームワークを活用するメリット

戦略立案にフレームワークを活用するメリット

ここからは、戦略立案にフレームワークを活用するメリットについて解説します。

 

自社優位性を把握できる

戦略立案にフレームワークを活用すれば、自社の優位性を把握できます。

例えば、フレームワークを使って「自社にしか生み出せない商品やサービス」と企業の「強み」を洗い出し、2つの重なる部分を特定します。重なりがあるところを見ると、市場における競争力が高く、高い利益を生み出す可能性のある領域だと知れるでしょう。

フレームワークを活用すれば、自社の独自性と強みを知り、自社の優位性を把握できます。企業は競合と差別化でき、市場内で優位に立てる戦略を立案できるでしょう。

 

共通認識が生まれる

戦略立案にフレームワークを活用すれば、組織内での共通認識が生まれます。なぜならフレームワークに基づく客観的な分析を行うことで、異なる意見や視点を持つ複数のステークホルダーと、経営戦略に関する理解を深められるからです。

フレームワークを活用すれば、全員が同じ方向を向いて、目標達成に向けて協力する基盤が築かれます。そうすれば、組織全体で統一性がある戦略策定が可能となるでしょう。

 

戦略立案に役立つフレームワーク

戦略立案に役立つフレームワーク

ここからは、戦略立案に役立つフレームワークを紹介していきます。

 

3C分析

3C分析とは、「Customer(顧客)」「Company(自社)」「Competitor(競合)」の3つの要素を徹底的に分析する手法です。顧客分析では市場のニーズ・顧客の行動パターンを理解していきます。自社分析では、自社の強み・弱み・独自の価値提供能力を把握します。競合分析では、市場における競合他社の戦略・強み・弱みを分析するのです。

3つのCを総合的に分析することで、市場の機会を捉え、競合に対する優位性を確立し、顧客のニーズを満たす戦略を策定できます。

 

SWOT分析

SWOT分析は、「Strengths(強み)」「Weaknesses(弱み)」「Opportunities(機会)」「Threats(脅威)」の4つの要素を分析する手法です。企業は内部の強みと弱みを自己評価し、外部環境からの機会と脅威を識別できます。

SWOT分析は、企業が現在置かれている状況を全面的に把握することで、それを基にした戦略的な意思決定を行うために役立つのです。

 

PEST分析

PEST分析は、外部環境を「Political(政治)」「Economic(経済)」「Social(社会)」「Technological(技術)」の4つの要素で分析する戦略立案フレームワークです。政治要素とは、政策・法律・貿易規制などのことを指します。経済とは、経済成長・為替レート・インフレ率などのことを指します。社会には、人口推移・消費者の態度・ライフスタイルの変化などが含まれます。技術においては、技術革新・研究開発の活動・オートメーションの進展などが分析対象です。

PEST分析は広範な外部分析を通じて、外部環境の変化が自社の戦略に与える影響を理解でき、外部環境に適応するための戦略を策定できます。

 

VRIO分析

VRIO分析は、「Value(価値)」「Rarity(希少性)」「Imitability(模倣の困難さ)」「Organization(組織化)」の4つの要素に焦点を当てた分析方法です。分析するにあたってまず、企業の資源や能力が市場で価値を提供し、顧客のニーズを満たせるのかを評価します。次に、その資源や能力が希少か・独自性があるか・企業が戦略的優位に変換できるかを検討していくのです。

VRIO分析を通じて、企業は持続可能な競争優位を確立できる資源と能力を特定し、それらを最大限に活用する戦略を策定していきます。

 

STP分析

STP分析は、「Segmentation(市場セグメンテーション)」「Targeting(ターゲット市場選定)」「Positioning(ポジショニング)」の3つのプロセスから構成される、市場戦略を立案するときに役立つフレームワークです。市場セグメンテーションでは、市場を類似のニーズや特性を持つ消費者グループに分けます。次にターゲット市場選定で、最も魅力的なセグメントを特定します。そのセグメントに集中することで、リソースを効率的に活用するのです。ポジショニングでは、選定したターゲット市場内で、競合とは異なる独自の価値提案を通じて、製品やサービスの位置づけを決定します。

STP分析により、企業は顧客のニーズに深く応えるカスタマイズされた戦略を策定でき、成功確率を上げることが可能です。

 

サプライチェーン分析

サプライチェーン分析は、製品やサービスが原材料の採取から最終消費者に届くまでの、全プロセスを評価する戦略立案フレームワークです。目的は主に、サプライチェーン全体の最適化を図ること・コストを削減すること・品質と納期の向上を実現することです。

企業はサプライチェーン分析を実施することで、自社の供給網における効率性・コスト・リスク・持続可能性を詳細に理解できるでしょう。

サプライチェーン分析により、企業は競争上の優位性を確保し、顧客満足度を高め、企業価値の向上に貢献できる戦略が可能になります。

 

PDCAサイクル

PDCAサイクルは、「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Act(行動)」の4つのステップで構成されたフレームワークです。実施するにあたって最初に、目標と目標を達成するための計画を立てます(Plan)。次に、立案した計画に基づいて実際の行動を起こします(Do)。その後、行動の結果を評価して計画との差異を特定します(Check)。最後に、得られた学びを基に次のアクションを決定し、プロセスや製品の改善を図ります(Act)。

このサイクルを繰り返すことで、企業は継続的な改善と効率化を実現し、競争力のある戦略を策定できます。

 

戦略立案フレームワークでビジネスを加速させる方法

戦略立案フレームワークでビジネスを加速させる方法

ここからは戦略立案フレームワークでビジネスを加速させる方法について解説します。

 

目的の明確化

戦略立案フレームワークを活用してビジネスを加速させる上で、目的の明確化は欠かせません。

目的を明確化するにあたって、短期目標と長期目標それぞれ決めることが重要です。短期目標は、ビジョン達成に向けた具体的なステップ、直近の期間内に達成すべき成果を決めます。長期目標は、より大きな視野で組織の将来の方向性を決定し、持続可能な成長を目指すことです。

目的を明確にすることで、組織全体が統一された方向性を持ち、戦略的な取り組みを集中的に実施できるでしょう。

 

継続的な改善

戦略立案フレームワークでは、継続的な改善が必要です。

目標達成度、予期せぬ結果の発生、市場や顧客からのフィードバックを考慮し、成功要因と改善点を特定していきます。実行した戦略の効果を評価して、次のアクションに活かすために改善することで、組織は実施した戦略が目標に対してどの程度効果的であったかを定量的、定性的に分析できるのです。

継続的な改善サイクルを通じて、組織は変化する市場環境や顧客ニーズに対応しながら、ビジネスの成長を加速できるでしょう。

 

データ分析ツールの活用

データ分析ツールの活用

戦略立案フレームワークでは、データ分析ツールの活用が欠かせません。

例えばYellowfinは企業が蓄積している大量のデータから有意義な結果を抽出し、より迅速な意思決定を可能にします。ダッシュボードやレポートを通じて、複雑なデータの内容を簡単に解釈できるようになり、戦略的なアクションを迅速に導き出すことが可能です。

データ分析ツールを活用することで、組織は市場の変化に柔軟に対応し、競争優位を獲得しながら成長を加速できるでしょう。

 

まとめ

まとめ

本記事では、戦略立案に役立つフレームワークの概要と種類、メリットと加速方法について紹介しました。

戦略立案に役立つフレームワークとして、3C・SWOT・PEST・VRIO・STP・サプライチェーン分析・PDCAサイクルなどがあります。

戦略立案にフレームワークを活用すれば、自社のビジネスを加速できるでしょう。特にYellowfinなどのデータ分析ツールを使えば、大量のデータを分析して有意義な結果を抽出し、誰が見てもわかりやすく表示できます。

組織の共通認識を醸成し、継続的な改善を促進するためにも、フレームワークの適切な活用が欠かせません。

Yellowfinケースブック(事例集) - 組み込み導入編のダウンロード

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.