在庫分析の基礎知識を徹底解説!〜在庫分析の目的からメリット、おすすめツールまで紹介〜

在庫分析の基礎知識を徹底解説!〜在庫分析の目的からメリット、おすすめツールまで紹介〜

在庫分析について詳しく知りたい

在庫分析し、経営戦略に取り入れる方法を知りたい

在庫分析することのメリットやツールはあるのか

 

在庫分析し、自社にとって必要な在庫を知ることで適切な在庫管理が可能になると同時に、分析を継続して活用することで、結果的に経営戦略に活かすことができます。

日々の業務に追われ在庫管理がおろそかになると、余分なコストの発生や人件費の増大につながります。

本稿では、在庫分析の基本事項をはじめ、分析の種類やその分析を行うメリット、在庫分析に最適なツールをご紹介します。これから在庫分析に力を入れていく企業の担当者の方はぜひご覧ください。

在庫分析を導入するにあたって知っておきたい基本事項

ここではまず、以下の基本事項を解説します。

 

・在庫分析とは

・在庫分析の目的

 

それでは、一つずつ見ていきます。

 

在庫分析とは

在庫分析を導入するにあたって知っておきたい基本事項の1つ目は、在庫分析の概要です。

在庫分析とは、自社で保管する在庫が適正に維持されるよう在庫の状況を正確に分析することです。

現状を正しく把握することは、在庫を適切に管理また状況の改善につなげるための重要な役割を果たします。

また、在庫分析は適切な管理を行うためだけではなく、売上に対しての原価の把握、改善対象を絞り適正在庫の基準を決めるためにも必要です。

売上は販売単価に実際売り上げた個数を乗じて算出しますが、利益の算出は仕入れから期末時点の在庫を差し引きすることで算出するため、在庫の状況を把握していない場合、予測でしか基準を立てられません。

また、在庫分析は在庫数だけではなく、商品の売れ行きを把握したり自社にとって重要な改善事項がわかったり、リードタイムが短縮される改善が生まれたりなど売上向上につながる重要な情報が数多く含まれています。

残りの在庫を数えるだけで終わらせてしまいがちですが、自社にとって有益な情報を多く含んでいる在庫を分析することは、経営力を高める一つの鍵とも言えます。

 

在庫分析の目的

在庫分析を導入するにあたって知っておきたい基本事項の2つ目は、在庫分析の目的です。

一つは、過剰在庫の削減と在庫不足を避けることが挙げられます。過剰な在庫は商品の劣化による廃棄や保管場所の確保のための余分な費用が発生します。

また、反対に在庫が不足すれば、毎月定期的に購入していた顧客に商品を届けられなくなります。

在庫不足は、欠品による顧客からの信頼の低下を招くおそれがあり過剰在庫以上に顧客喪失の機会が高くなると言えます。

もう一つは、自社の利益を生み出している商品を把握するためです。

今の売れ筋がわかることで、どれくらいの利益をもたらしているかまたキャンペーンの実施や、新商品開発など今後の売り上げの創出にも役立てることができます。

 

在庫分析の種類とそのメリット

在庫分析の種類とメリットは以下の通りです。

 

・ABC分析

・在庫回転率

・在庫回転期間分析

・交差比分析

・デッド在庫・緩動在庫

 

それでは、一つずつ見ていきましょう。

 

ABC分析

在庫分析の種類とメリットの1つ目は、ABC分析です。

数ある指標の中から3項目について、優先度を決めて管理していくための分析手法です。

例えば、売上高を優先して分析する場合、売上高が高いグループをA、普通をB、低いグループをCと定め、それぞれのグループに対してどのような戦略を打つのか、また廃盤にするのか、とう経営資源の配分を検討する材料につなげることもできます。

ABC分析を行うメリットとして、可視化された在庫の管理を戦略的に行うことが可能となり、その結果、どこにコストをかけると経営効率があがるかというコストコントロールに生かすことができます。

 

在庫回転率

在庫分析の種類とメリットの2つ目は、在庫回転率です。

自社の在庫が一定期間において、どれくらい回転しているかを分析する手法です。

在庫回転率を分析することで、商品の動きをリアルタイムで把握することができ、必要以上のコストが発生するのを抑制することができます。

例えば在庫回転率が高い商品は売れ筋の商品であることがわかります。在庫の動きが早ければキャッシュフローも良いということになります。

また、長期間止まるような商品がある場合、すぐに「売上に悪い影響を与えている商品」と結果づけるのではなく、なぜ長期滞留するのかを分析し業務改善につなぐことが可能です。

在庫回転率のメリットとしては、売れ筋商品の可視化ができることと、在庫の動きを把握することで経営判断の材料になることが挙げられます。

 

在庫回転期間分析

在庫分析の種類とメリットの3つ目は、在庫回転期間分析です。

在庫回転期間分析は商品の仕入れから販売までの月数や日数を確認する指標です。

期間が長い場合は過剰在庫や滞留在庫になってりる可能性を示唆します。

在庫回転期間分析を行うメリットは、売れ筋商品、廃盤を検討する余地のある商品を判別する際の指標として使用できることです。

 

交差比分析

在庫分析の種類とメリットの4つ目は、交差比分析です。

交差日分析は販売した商品が生み出している利益を見る指標で、以下の計算式で求めることができます。

 

計算式:交差比率=粗利益率×回転率

 

在庫回転期間では、在庫が売上に代わっている期間を算出でいますが、実際利益を出せているかはわかりません。

交差比率のメリットとして、交差比率はまず粗利益率を算出し、そこに回転率を乗ずるため商品の売れ方が効率的かどうかの判断ができます。

例えば、粗利益が30%の商品が2回転するのと、粗利益が20%の商品が3回転するのでは、交差比率は同じです。

どちらの利益率が高いかを考える場合の一つの指標として役立ちます。

 

デッド在庫・緩動在庫

在庫分析の種類とメリットの5つ目は、デッド在庫・緩動在庫です。

緩動在庫は長期間動きがない商品であり、デッド在庫は、商品の劣化や型落ちなどによりなくなった商品を明らかにして整理するのに有効な分析です。

緩動在庫は売れる見込みが全くないわけではないけれど、事実として現在は長期間滞留している商品であり、追加で発注をすれば在庫は過剰に転じ保管に要するコストが増加し、結果的に廃棄する場合、廃棄によう留守コスト発生するリスクがあります。

デッド在庫は売れる見込みがほとんどないと言える商品です。

廃棄の検討が必要ですが、万が一商品自体に資産評価額が残存している場合残は適切な償却処理が必要です。

デッド在庫・緩動在庫を分析するメリットは、緩動在庫やデッド在庫が放置されることにより発生する保管スペースを圧迫や管理コストの増大を防ぐことができることです。

 

在庫分析を行うときに有効なグラフの種類

在庫分析を行うときに有効なグラフの種類は以下の3つです。

 

・ヒストグラム

・Zチャート

・流動数曲線

 

それぞれ、見ていきましょう。

 

ヒストグラム

在庫分析を行うときに有効なグラフの種類の1つ目は、ヒストグラムです。

ヒストグラムとは分析対象の個数や数値のばらつきや偏り、通常のグラフではわからない範囲まで可視化して見るための図です。

ヒストグラムは一見別のもの同士を比較分析した「棒グラフ」に見えますが、あるひとつのデータの内訳を示しています。

日本の人口の年齢層分布などがわかりやすい例でしょう。「人口」という一つのデータを示す上で、ヒストグラムを活用することにより、日本の人口の特徴や傾向を分析することが可能です。

在庫分析においては、ある商品がどの年齢層に買われているかの分布などを調べるのに有効です。

 

Zチャート

在庫分析を行うときに有効なグラフの種類の2つ目は、Zチャートです。

月の売上、売上の累計、現時点での過去1年分の売上の累計をグラフ化し、3本のグラフの交わり方がZのように見えることから、Zチャートと呼ばれている。

売上の伸びが好調な場合は右上がり、業績が低調な場合は右下がりのZチャートとなります。

在庫分析においては売上の推移や在庫量の推移、単月では見えづらい傾向を可視化することができます。

特に季節によって売上に変動がある商品の分析に有効です。

 

流動数曲線

在庫分析を行うときに有効なグラフの種類の3つ目は、流動数曲線です

製造にあたってのリードタイム、在庫レベル、生産回数とロット数を一覧で可視化したグラフです。

元々ゼロ戦を製造していた現在の自動車メーカー・スバル(旧中島飛行機)が生み出した分析方法で、管理項目が少なく一目見たらすぐにわかるシンプルなグラフが特徴です。

大量生産型のメーカーの在庫分析に適したグラフと言えます。

データを分析するために必要なのは、生産計画数と実績数だけで、エクセルがあれば簡単に流動数曲線を作成することができます。

 

在庫分析に便利なツールを紹介

ここでは、売上分析するためのツールの紹介をします。

 

・エクセル

・BIツール

 

それでは、一つずつ解説します。

 

エクセル

在庫分析するためのツールの1つ目は、エクセルです。

普段から業務で使用しているエクセルシートは、誰にでも扱いやすい在庫分析ツールと言えます。

しかしデメリットとして、1シートでできることに限界があり、複数のアイテムを一覧で把握することができないことが挙げられます。

小規模での活用であればエクセルでの分析から始めてみて、エクセルシートの限界を超えるような活用が必要になったときにアクセスやBIツールなど新たな方法導入を検討するのがおすすめです。

 

BIツール

在庫分析するためのツールの2つ目は、BIツールです。

BIツールは様々な場所に点在したデータを、必要とする分析結果を指定をすることでし最適なデータを収集し分析してくれます。

在庫分析においては、リモートで在庫確認ができ、適正在庫を保つことが可能です。

また、在庫の管理が自動化できると同時に、棚卸業務に関しても効率的に行うことができます。

分析には膨大なデータの収集が発生しますが、その作業から開放され、自動的にリアルタイムで収集と分析が行われるため、最新の分析結果で戦略を練ることが可能です。



まとめ

本記事では、これから在庫分析に力を入れていく企業の担当者に向けた在庫分析とは何かや目的などの基本事項、在庫分析の種類やそのメリット、分析に適したグラフやツールの紹介をしてきました。

在庫分析するポイントとして、メリットを理解した上で自社に適した在庫分析の種類を検討、実施し分析に必要な知見を従業員に広めていくことが大切です。

在庫分析を行うことで、課題発見から改善につながったり、今後売上が伸ばせそうな商品を見極めるヒントを見つけたり、さらには新しいビジネスが生まれる可能性も期待できます。

在庫分析を取り入れることで、分析結果を活かして自社の成長を促していきましょう。

最新記事一覧

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.