ノーコードとローコードの違いを詳しく解説!その仕組みとメリット・デメリットは?

ノーコードとローコードの違いを詳しく解説!その仕組みとメリット・デメリットは?

  • 人材の不足によりシステム開発、改修のプロジェクトが進まない
  • アプリケーション開発をもっとスピーディーにしたい
  • 新たなビジネスをシステム開発によって推進していきたい

 

システム開発においてこんな課題を持っている方も多いと思います。

この課題を解決するには、専門的な開発知識を持つ人材を確保することが欠かせませんが、専門的な知識を持つ人材を確保するのは容易なことではありません。


そこで急速に注目を集めているのが、ノーコード・ローコードの技術を用いた業務アプリケーション開発です。

この技術を用いれば、専門的な開発知識を持っていない人でもアプリケーションの開発が可能な環境が実現します。


今回は、今注目されているノーコード・ローコードの違いをはじめ、それらを導入するメリットやデメリット、導入によりどのようなことが実現できるのかなどについて、世界で約29,000社以上にBIツールを導入いただき、企業の業務効率化や自動化をサポートしているYellowfinが、詳しく解説します。

ソフト開発におけるノーコード・ローコードとは

 昨今、よく耳にするノーコードやローコード。その名の言葉どおり、コードをまったく書かない、もしくは、少しのコーディング((ソースコードを記述する)作業でアプリケーション開発ができるテクノロジーです。

 

ローコードやノーコードが注目される背景にあるのは、慢性的なIT人材の不足ということに加えて、業務プロセスのなどをはじめとするデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進も大きな理由です。

DXを推進するには、さまざまなシステムの開発が必要になります。つまりプログラミング言語によるコーディング作業が多数、発生するということです。

 

自社のIT人材で開発できなければ、開発会社など、外部の専門家に任せなければなりません。開発コストがかかるだけではなく、開発会社の担当者と意思疎通がうまくいかなければ、求めていたモノと異なるものができる可能性があります。

手戻りが発生すれば、開発コストも期間もよりかかってしまいます。

ですが、ノーコードやローコード開発であれば、プログラミングの知識がなくてもアプリケーション開発が可能になるため、要件を出すビジネス側の人たちも開発ができるようになります。

そのため、開発コストを削減することに加え、開発を柔軟に行えるメリットも得ることができます。

ではローコードとノーコードはどう違うのでしょうか?

 

ノーコードとローコードの違い

 
ノーコード開発とは、そのネーミング(NoCode)からもわかるように、一切、コーディングをすることなくアプリケーションを開発する手法やサービス(ツール)のことです。

一方のローコード開発とは、こちらもLowCodeという言葉からわかるとおり、一部でコーディング作業が発生する手法やサービス(ツール)を指します

つまりローコードとノーコードの最大の違いは、「コーデイング作業があるか、ないか」です。

 

 

ノーコードやローコードの仕組み

ノーコードの最大の特徴は、先述したようにプログラミングの知識のない人でもアプリケーション開発が可能になることです。

「そんなことができるのか」と思った方も多いかもしれません。

実は今、ノーコードを実現するためのツールがさまざま登場しています。

それらのツールでは、視覚的にわかりやすい形で機能をパーツとして提供しており、それらのパーツをドラッグアンドドロップで組み合わせていくことで、アプリケーション開発ができるようになっています。

アプリケーションと一口に言ってもさまざまです。ノーコードでどんなアプリケーションが開発できるのでしょうか。

 

ノーコードで開発できるアプリケーション

ノーコードには向き、不向きがあります。

たくさん市場に登場しているノーコード開発ツール(プラットフォーム)は、それぞれ得意とする分野があります。

例えばノーコードの領域でよく名前が挙がる「bubble」や「glide」、「Adalo」はWebアプリケーションの開発のためのプラットフォーム。

中でもこの分野を牽引するBubbleのユーザー数はワールドワイドで50万人を超えるとも言われています。

 

マイクロソフトの「PowerApps」やサイボウズの「Kintone」などは社内業務で利用するシステムの開発を目的としたノーコード開発プラットフォームです。

また「Platio」などスマートフォン向けアプリ(ネイティブアプリ)の開発に特化したプラットフォームもあります。 

さらにはマイクロソフトの「Power Automate」などはSaaSを連携して、独自のワークフローを構築できる機能連携ツール、ECサイトやWebサイト、チャットツール、採用/転職サイト、フォーム/アンケート作成などの用途特化型のツールも登場しています。

このようにさまざまな本格的なツールやプラットフォームが登場したことなどもあり、IT専門の調査会社ガートナーは2024年までに世界で開発されるアプリケーションの65%がローコードもしくはノーコードで開発されると予想。

また米の調査会社フォレスター・リサーチ社によると、2020年のノーコード・ローコードのソフトウェア開発サービス市場規模は約67億ドル(約7021億円)に上るとしており、24年には145億ドル(約1兆5200億円)になると予想しています。

日本でもノーコードを拡げる活動をするノーコードジャパンが2020年7月に設立されました。

ノーコードジャパンではノーコード開発プラットフォーム「Click」の開発や、ノーコード教育の支援などに取り組んでいるのですが、同組織を設立したのが、日本初のノーコードアプリ買収案件として話題を集めたオンライン就活プラットフォームSPOTTOの開発者。

SPOTTOはノーコード開発ツールAdaloで開発されているそうです。

そのほかにもノーコードジャパンでは、開発事例を紹介しています。

このような動きから考えても、これからはローコード・ノーコードが当たり前の時代になるといっても過言ではないのです。

 

ノーコードやローコードの開発ツールやBIの導入が業務改善につながる理由

ではなぜ、ノーコード開発ツールの導入が業務改善につながるのでしょうか。

それは業務に携わっている人自身が、必要なアプリケーションを開発できるようになるからです。

これまでアプリケーション開発の場面では業務担当者が要件をIT部門に提出し、それに基づいてIT部門がシステムの設計を行い、開発をしていました。

ここで重要になるのが、要件をうまく伝えられるかどうか。

うまく伝えられないと、求めていたモノと違ったアプリケーションができあがってくる可能性があります。

またある業務を効率化するような小さなアプリケーションをIT部門に依頼しても、そのアプリケーションの優先度が低ければ、開発は後回しにされてしまったりします。

ですが、ノーコードで業務担当者自身が開発できるようになれば、簡単なモノなら数時間、多少時間がかかっても数日後には業務を効率化するアプリケーションを稼働させることができるはずです。


IT担当者においても、ノーコードツールを活用することで、コーディング作業がなくなるため開発時間が短縮され、業務の効率化が実現します。

開発担当なら開発業務、運用担当なら運用業務など本来の業務に集中することができるようになります。

ノーコードやローコードの効果を発揮するBI分野

このようにアプリケーション開発で効果を発揮するノーコード開発ですが、実は最も効果を発揮する場所として注目を集めているのが、アナリティクス分野、つまりBI分野です。

ビッグデータの活用が叫ばれていますが、そのためには仮説を立て、その検証に必要なデータを抽出し、処理、解析するための専門家であるデータアナリスト、さらに機械学習やディープラーニング(深層学習)を用いて予測までするためにはデータサイエンティストと呼ばれる専門家が必要です。

解析や分析はツールを使って行いますが、より深い分析を行ったり、データの可視化をするには、PythonやRのようなプログラミング言語も習得する必要があると言われています。

ですが、データアナリストもデータサイエンティストも人材が不足しているのが現状です。

 

また先ほどのシステム開発同様、ビジネス側がどういう分析をしたいのか、正確に要件を伝えないとほしい分析結果を得ることはできません。

そこでYellowfinのダッシュボードでは、ノーコードでBIが実現できる機能を提供。

しかも何か変化があった際には、その変化に影響を与えた可能性のある要因を自動で提示してくれます。

これらの分析の仕組みを業務担当者自身が必要な時に容易に活用できるようになることで、意思決定のスピードが大幅に向上、業務の効率化、生産性を向上させることができるでしょう。

ノーコード・ローコード開発で業務の自動化が可能か

すでにノーコード開発で業務を自動化し、効果を出した国内事例も登場しています。

その一つがA市での事例です。昨年、政府は国民全員に特別定額給付金の支給を決定しました。

マイナンバー所持者以外は、郵送された申請書に必要事項を記入し、各市町村に返送するという方式を採用。

A市においても、申請書の確認、およびシステム入力作業に申請書類に不備はないか確認し、さらにデータを入力するという申請書類の処理作業に多大な時間がかかっていました。

この時間を短縮するため、担当職員はサイボウズのkintoneを用いて「特別定額給付金Web申請システム」を6日間で作成。

申請フォームは入力する項目を極力減らしたことで、市民の入力ミスが減り、職員の確認作業が削減。

またデータ入力作業がなくなったことで、事務処理時間が大幅に削減されただけではなく、迅速な給付という市民サービスも実現しました。

またある大手精密機器メーカーでは、物流倉庫の在庫の棚卸しを紙のリストを専用アプリ化。

その背景にあったのは、紙のリストに棚卸し結果を記入し、在庫の照合を目視でチェックしていたため時間がかかる上、人的ミスも発生するなど、倉庫在庫の精度に課題があったこと。

この棚卸アプリはPlatioで1日もかからずに作成し、運用を開始。導入後は事務所に棚卸しリストを取りに行くことや、届けることがなくなった上に、目視で行っていたチェックを自動化し、棚卸し作業の効率化を実現したそうです。

ノーコード及びローコードのメリットとデメリット

では、ノーコードとローコードのメリットとデメリットについて、ここで一度整理してみたいと思います。

ノーコードのメリットとデメリット

ノーコードで開発メリットの第一は、速さです。標準的な機能などが実装されたテンプレートも多数、用意されているので、先の事例でも紹介したとおり、数時間から数日でアプリケーションを完成させることが可能です。

完成形をイメージさせることを目的とした、プロトタイプの作成にも便利に活用できます。

第二のメリットは開発コストが低減できること。コーディングが不要なのでバグの発生も抑制できるため、低コストながら高品質なアプリケーションが開発できます。

第三のメリットは、アイデアをすぐ形にすることができること。ノーコードでの開発に向いているのは比較的小規模、シンプルなアプリです。

そのため一人でもアプリの開発に取り組めます。開発のハードルを大幅に下げることもできます。

第四のメリットは業務担当者の要件通りのアプリケーションが実現できることです。
一方のデメリットは、徐々に改善されつつはありますがカスタマイズの柔軟性に欠けること。

またデバッグが難しいことも挙げられます。さらにノーコード開発ツールを提供しているベンダーは多くが海外なので、国内企業のような手厚いサポートは期待することも難しいでしょう。

ローコードのメリットとデメリット

これまではノーコード開発について説明してきましたが、ここではローコード開発のメリット・デメリットについても見ていきたいと思います。

冒頭でも説明したとおり、ローコード開発は最低限のソースコードを記述するだけで開発する技術のことです。

先ほど紹介したノーコードプラットフォーム/ツールの中には、ローコードプラットフォーム/ツールとして分類されているものもあります。例えば「Power Automate」は、コードを記述することでより詳細なワークフローを定義することができるようになります。

kintoneについても同様です。
ローコード開発ツールは主にIT部門で使われることになります。そのためメリットの第一は、システム開発に要する工数を削減できることです。

第二にシステム開発にかける期間が短縮できること。これにより業務担当者もその恩恵をより短期間で享受することができます。

第三にシステムの全体像が可視化できることです。ローコード開発ツールでは設計情報をGUIで定義するからです。

第四に業務担当者にとって要件通り、つまりユーザー視点に立ったシステムが実現できること。

コーディング作業が最低限に抑制されているため、バグが少なく障害も起きにくいなど品質の高さも期待できます。


一方のデメリットの第一は、ノーコード開発よりはカスタマイズ性や拡張性に優れてはいるものの、ツールに実装されていない機能に対応するためには開発作業が発生すること。

それによりローコード開発のメリットである工数の削減や開発期間の短縮が得られない可能性があります。

第二にコーディングすることがなくなるので、開発スキルが空洞化する恐れがあることなどが挙げられます。

ノーコード・ローコードを利用する前に知っておきたい注意点

ノーコード・ローコード開発ツールをうまく活用するために、いくつかの注意点があります。


第一は実現したいモノを作成できるツールを選定することです。今、さまざまなノーコード・ローコードツールが市場に登場しています。

先述したようにそれぞれのツールには得意分野があります。開発したいアプリケーションに必要な機能が提供されているかどうかを事前に確認することです。

また機能が実装されていない場合は、ローコード開発のメリットが生かせる範囲でのコーディングで実現できるのか、確認しましょう。


第二にセキュリティ要件を確認することです。一般的に企業が新しい情報システムを導入する場合、自社のセキュリティポリシーに準じた対策を施す必要があります。

ですがノーコード・ローコードで開発されたアプリケーションはツールを運営するプラットフォーム上で稼働するため、セキュリティ対策はプラットフォームに依存するからです。プラットフォームが提供するセキュリティレベルで十分なのか、開発前に確認することが重要になります。


第三はシステムのブラックボックス化を防ぐ手段を施すこと。ノーコード・ローコード開発を導入する懸念点の一つが、システムのブラオックボックス化を招くことです。

ブラックボックス化されたシステムをメンテナンスをするのは容易ではありません。システムがどういうロジックで設計されているのか、誰が見てもわかる形で残すことも重要なポイントです。


そのほかにも、現在はカオスマップが作られるぐらいにさまざまなプラットフォームが登場しています。

中には数年後、提供を辞めてしまうものもあるかもしれません。そのあたりも考慮に入れて、選定することも大切になります。

ノーコードやローコードで業務システムを開発

経済産業省は2018年9月に「DXレポート~ITシステム『2025年の崖』の克服とDXの本格的な展開~」を発表しました。

このレポートによるとDXを推進しなければ、最大12兆円/年の経済損失が生じる可能性があると書かれています。

ノーコード・ローコード開発はDX推進を阻む問題解決をサポートする強力なツールになると言われています。


業務担当者自身が開発者となり、素早くビジネス環境に合ったシステムを開発する。これが変化の激しい時代における、情報システム開発の新しい姿になると思われます。

まとめ

今回はノーコード・ローコードについて詳しくご紹介しました。

  • 新たなビジネスでの組み込みを考えているが、デザインは自社ブランドのものに合わせたい
  • 競合サービスにない機能を提供したい

 

など、お悩みの方は、ぜひYellowfinにご相談ください。

既存システムとの高度な連携が必要な場合、CSS、javascript、HTMLの編集が可能なコードモードも使用でき、外部連携のためのJavascript API、REST APIなどを提供しています。

Yellowfinでは、すべての操作をドラッグ&ドロップで完結。高度な要求を満たすコードモードも搭載しています。

YellowfinのBIツールにご興味がある方は、下記より資料請求をお願いします。

Yellowfinでは無料評価版のリクエストも受け付けています。ご希望の方は下記よりお問い合わせください。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.