ローコード・ノーコードが先へ進む唯一の方法

ローコード・ノーコードが先へ進む唯一の方法

ローコード・ノーコードパラダイムは、開発環境における進化です。これまでは、製品を構築する場合、開発者に依頼をし、彼らは最初の行からコードを書き始めることで開発をしていました。しかし、現在は、コーディングのスキルがなくても、ユーザー自身がシンプルなアプリケーションを構築することができます。

開発者は、コードを最初から書き始める手間を省くために、ライブラリをパッケージ化し、オープンソースのライブラリから取り出して利用しています。これらを事前にパッケージ化したコーディング製品により、人々は、コンポーネントをドラッグ&ドロップするだけで、簡単に使用できます。これは、GUI志向製品以上のものです。製品の背後にあるコードを変更したい場合は、それが可能になります。

 

ローコード・ノーコードのビジネス上の強み

ビジネスユーザーは、コーディングをすることなく、シンプルなアプリケーションの構築を始められます。開発者もまた、格段に迅速にアプリケーションを構築し、最小限のコーディングでこれらのアプリケーションを拡張し、ビジネスが製品を素早く市場に投入できるようにすることができます。

 

ローコード・ノーコードをアナリティクスで利用

ローコード・ノーコードは、これまでも開発者環境に存在していましたが、現在わたしたちはこれを、アナリティクスに利用しています。顧客の要望に応じて、Yellowfinはこれを実施しました。彼らは、ユニークなカスタマーエクスペリエンスの提供を求めており、それにはわたしたちの作業をコード化する能力が求められます。

ノーコード環境では、開発スキルが限られたユーザーでも、コンポーネントをドラッグ&ドロップすることで、アナリティクスアプリケーションやダッシュボードを構築できます。ダッシュボードにボタンを挿入することもできるので、人々はそこから直接アクションを起こすことができます。これらすべてが、一行もコードを書くことなく実現できます。

ローコード環境では、ある程度スキルのあるユーザーであれば、アナリティクスアプリケーションのコーディングが可能です。ワークフローや、ユニークなアナリティクスエクスペリエンスを構築し、最初に作成したコードを拡張することもできます。例えば、データアナリストがコンテンツを構築した後に、開発者はこれを拡張することで、顧客が求めるカスタマーエクスペリエンスを提供できます。

 

ローコード・ノーコードが最も価値を発揮する場所

社内のアナリティクス使用率を解析する場合、その大部分は運用です。そして、ここでこそ、ローコード・ノーコードが最も価値を発揮します。

運用ユーザーは、インサイトからアクションまで、単一のワークフローを求めています。彼らは、次にすべきことをデータが促し、それに基づき即座にアクションを起こせるようにしたいと考えています。これは、ワークフローをアナリティクスプラットフォームに組み込むことができなければ、実現できません。それは、アナリティクスを既存のワークフローアプリケーションに組み込む方が、より困難だからです。既存のアナリティクスプラットフォームでローコード・ノーコードを使用することで、これらのエクスペリエンスを構築し、制御することができます。

運用ユーザーが、ダッシュボードから直接、データに基づきアクションを起こすサポートができるソリューションを使用することで、彼らの世界を変革できます。これにより、製品を市場へより素早く投入し、インサイトに基づきアクションを起こすことができます。これが、ローコード・ノーコードが、運用アナリティクスの未来であると確信する理由です。

アクションを自動化する最新のダッシュボードを提供する方法

ローコード・ノーコード機能や、拡張アナリティクスを使用することで、アクションを自動化し、既存のワークフローを統合する、強力なダッシュボードを提供できます。ガイドをダウンロードして、確認しましょう。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.