効果的な生産性向上の取り組みとは?重要な理由とポイントを徹底解説

効果的な生産性向上の取り組みとは?重要な理由とポイントを徹底解説

  • 生産性向上に効果的に取り組みたい
  • 生産性向上が重要な理由は何だろうか
  • 生産性向上に取り組むときのポイントを把握したい

 

このような考えをお持ちの経営者・担当者も多いのではないでしょうか。

多くの企業は、生産性を向上するためにさまざまな取り組みをしています。しかし、とりあえずツールを導入してみたものの、すぐには効果が得られず取り組みを停止した、と耳にすることも少なくありません。

生産性向上に取り組むためには、なぜ自社が生産性を向上すべきなのかを正しく認識し、自社に適した取組方法は何か、成功するためのポイントをしっかりと押さえることが大切です。

この記事では世界で約29,000社以上にBIツールを展開し、企業の業務効率化や自動化をサポートしているYellowfinが、生産性向上の取り組みが重要な理由と必要な取り組み、そのポイントについて詳しく解説しています。

Yellowfinケースブック(事例集) - 組み込み導入編のダウンロード

 

生産性向上の取り組みが重要な理由

生産性向上の取り組みが重要な理由

まずは、生産性向上の取り組みが重要な理由として、主にコスト削減と人材不足が挙げられます。それぞれ見ていきましょう。

 

コスト削減

1つ目の理由は、コスト削減です。

生産性が向上すれば、業務を遂行する時間やリソースを削減でき、コストを少なくできます。

たとえば、あるプロセスで10時間かかっていた作業が、生産性向上の取り組みにより5時間に短縮できた場合、その差分の人件費・関連コストを節約できます。これにより、組織は他の重要な戦略への投資や、新たなプロジェクトに資金を回せるでしょう。

コストを削減することで、企業は製品やサービスの価格を従来よりも抑えることも可能です。その結果、顧客の獲得や市場シェアの拡大につながり、企業は持続的に成長できる可能性が高まります。

生産性向上の取り組みは、コスト削減を通じた組織の成長のためにも必要不可欠です。

 

人材不足

2つ目の理由は、人材不足です。

多くの業界で人材の確保が難しくなっています。効率的に業務を進めるためにも、生産性向上は欠かせません。

人材不足が進行すれば、従業員一人ひとりの業務量が増え、責任も大きくなりがちです。結果として、過度なストレスや過労につながり、さらなる人材不足を招く恐れがあります。

効果的な生産性向上の取り組みをすることで、同じ人数、同じ時間内に、より多くの業務量をこなすことが可能です。従業員への負担も軽減できます。

生産性向上の主な手法としては、技術の導入やデジタル化による業務自動化が考えられます。これにより従業員は、従来の単純作業に時間を費やすことなく、より付加価値の高い業務に専念できるでしょう。その結果、限られた人材で最大の成果を上げることが可能となり、人材不足の影響を緩和できます。

生産性の向上は、人材不足への有効な対応策です。

 

生産性向上に必要な取り組み

生産性向上に必要な取り組み

ここからは生産性向上に必要な取り組みとして、以下5点を紹介していきます。

  • 業務改善
  • コミュニケーション強化
  • スキルアップ
  • 人材配置の最適化
  • 外注
  • ツール導入

 

業務改善

1つ目は、業務改善です。

現在の業務に、本来必要のない作業が存在する場合、時間やリソースが必要以上にかかっている可能性があります。たとえば、同じ情報の入力を複数のシステムで行っている、不必要な承認プロセスを経ている、などの無駄があるかもしれません。これらの無駄を取り除くことで、業務の効率化が図られます。

作業内容を洗い出し、省ける部分を特定して改善することで、業務がシンプルでわかりやすくなります。業務フローがシンプルになれば、人的エラーの発生も自ずと減少するでしょう。

業務改善の取り組みは、組織全体の生産性を高めるだけでなく、従業員のモチベーションの向上にもつながります。なぜなら、シンプルかつ効率的な業務遂行は、職場のストレスを軽減し、従業員一人ひとりの成果が出やすい環境を作り上げるからです。

上記理由から業務改善は、生産性向上のための不可欠な取り組みと言えます。

 

コミュニケーション強化

2つ目は、コミュニケーション強化です。

従業員同士のコミュニケーションを円滑にすることで、業務遂行の効率・対応品質の向上・モチベーション向上などが図られ、一人ひとりが業務に前向きに取り組めます。

たとえば、従業員間での定期的な勉強会やミーティングを設ければ、メンバー間でスキルや専門知識を簡単に共有できます。これにより、問題解決のスピードが早まり、新しいアイディアが生まれやすくなるでしょう。

また、従業員間の信頼関係も深まります。コミュニケーションを強化すれば、業務上の誤認識が減少し、スムーズな協力関係を築けるのです。その結果、効率的に業務を遂行でき、全体的に生産性が向上するでしょう。

コミュニケーション強化に継続的に取り組むことで、個人が持つ知識と経験を従業員間で共有して最大限に活用でき、問題解決へのスピードもアップします。組織も持続的な成長を目指せます。

 

スキルアップ

3つ目は、スキルアップです。

従業員のスキルを向上させることで、時間あたりの作業効率・品質が向上します。たとえば、最新のツールやソフトウェアの操作を習得することで、同じタスクをより短時間、かつ高い品質で完了できます。また、業務の幅が広がり、さまざまなタスクにも柔軟に対応できるでしょう。

時間当たりの生産性を高めることは、組織全体の業績アップや競争力の強化にも貢献します。さらに、従業員自身のキャリアも向上し、組織に属することの満足度が高まり、離職率の低下にもつながるでしょう。

従業員一人ひとりが生産性向上に取り組みスキルアップを図ることで、組織全体の成長にもつながります。そのために、継続的な教育・トレーニングを実施することが大切です。

 

人材配置の最適化

4つ目は、人材配置の最適化です。

従業員の能力や適性、さらには従業員の希望やモチベーションを考慮して、それぞれの人材を最適なポジションに配置しましょう。

そうすれば、従業員一人ひとりが持つスキルや適正を正しく理解できることはもちろん、個人に合わせた適切な役職・業務に配置できます。その結果、一人ひとりの能力を最大限に引き出せます。たとえば企画力が高く、新しいアイディアを次々と生み出す従業員をプロジェクトの企画担当者にしてみましょう。また、細かい作業やデータ分析が得意な従業員は分析担当にするとよいでしょう。

最適に人材配置をすることで、従業員の満足度が向上し、組織全体の生産性向上も実現できるのです。

 

外注

5つ目は、外注です。

業務の一部を外部の専門家や専門の組織に外注することで、従業員が直接関わらなくとも、高品質のサービスを得られます。自社の人材育成や設備投資など、社内で対応する場合にかかるコストを大幅に節約することも可能です。

さらに外注化により、従業員は本来の重要な業務に集中できます。これにより、従業員の業務効率や品質が向上し、結果的に企業全体の生産性が上がるでしょう。

外注は従業員がコア業務に集中し、生産性を高めるための戦略として有効です。

 

ツール導入

6つ目は、ツール導入です。

生産性の向上に取り組むためには、適切なツールの導入が欠かせません。

たとえば、BI(Business Intelligence)ツールを導入すれば、業務の標準化や自動化を進めることが可能となり、ルーティンワークの削減・ヒューマンエラーの防止にも役立ちます。従業員はより高付加価値な業務に専念でき、組織全体の生産性向上を実現できるでしょう。

他にも、BIツールにより業績分析・市場トレンド予測・顧客行動分析など、企業が抱えている膨大なデータを効率よく可視化・解析でき、企業の価値を高められます。

ツールの導入は、生産性向上をはじめデータ分析の精度向上・業務効率化、そして迅速な意思決定を実現するための、重要な取り組みです。

 

生産性向上に取り組む際の重要ポイント

生産性向上に取り組む際の重要ポイント

ここまで生産性向上に取り組むべき理由、取り組み方法について紹介しました。ここからは、生産性向上に取り組むときの重要ポイントを紹介していきます。

 

現状把握

1つ目のポイントは、現状把握です。

現状の業務内容やフローを詳細にリストアップし、それぞれの業務の目的や価値、必要とする時間やリソースを明確にしていきます。業務を洗い出せば、無駄な作業や過度な負荷、重複業務などを特定できるでしょう。

現状把握で特定された問題点を元にして、改善策の提案や業務内容の再編、ツールの導入など、生産性向上の取り組みを行えます。

業務を洗い出し、現状をしっかりと把握することで、効果的な生産性向上策を導入できるのです。

 

解決策検討

2つ目のポイントは、解決策の検討です。

解決策の検討では、現状把握で洗い出された業務の無駄や潜在的な問題点などに対して、具体的なアプローチや解決の方向性を模索していきます。

まず、現状把握で明らかになった問題を優先順位や影響度に応じて分類し、どの問題から手をつけるべきか、またどの問題が最も重要かを明確にしていきます。

それぞれの問題に対して、従業員の意見や外部の専門家からのフィードバック、さらには他社の事例などを取り入れながら、解決策を検討するのです。

解決策検討のフェーズは、現状把握で浮き彫りになった問題を的確に解決するための戦略や、手段を探る段階として、組織の生産性向上に欠かせない活動です。

 

業務標準化

3つ目のポイントは、業務の標準化です。

業務標準化は、同じ業務を行う全ての担当者が、一定の品質と効率で業務遂行できるようにするための取り組みです。

業務標準化では、まず業務手順を一定の形式やルールに基づき、マニュアルに落とし込んでいきます。これにより、新入社員や中途採用・外部の組織から異動してきた従業員も、マニュアルを見るだけですぐに業務内容と手順を習得でき、業務を高い品質で遂行できるのです。

マニュアルは、業務手順やポイントを詳細に記述することはもちろん、図やイラストなども積極的に取り入れることで、誰が読んでも理解できるように作成することが大切です。

業務の品質や効率性を一定以上に保ち生産性を向上させるためには、業務標準化も不可欠です。

 

研修

4つ目のポイントは、研修です。

研修では、生産性を向上させるためのツール取得方法や考え方を教えて、従業員のスキルや知識をブラッシュアップしていきます。

従業員は研修を通じて、新しいツールの使用方法や、生産性向上の取組手法などを効率的に学べます。また、グループワークなどを開催すれば、従業員間のコミュニケーションスキル向上も期待できます。個人の生産性だけでなく、チーム全体としても生産性が向上するでしょう。

 

ツール導入

5つ目のポイントは、ツールの導入です。

生産性向上に効果的に取り組むためには、自社に適したツールを選ぶ必要があります。

自社に適したツールとは、自社の特定の課題に合わせて、業務効率や対応品質を向上できるツールのことです。

たとえば、企業が保有する膨大なデータ解析を必要とする場合、BIツールやデータ可視化ツールが適しています。プロジェクト管理に取り組みたいのであれば、タスク管理ツールやプロジェクト管理ツールなど、目的に合わせたツールを検討すべきです。

自社に適したツールを選ぶためには、まず自社の業務フローや課題など、現状を正確に把握することが大切です。その上で、その課題を解決するために必要なツールをピックアップし、実際の業務に適応させる必要があります。

ツール導入後は従業員がそのツールを効果的に使用できるように、適切な研修やサポート体制を整えることも大切です。

ツール導入は生産性向上に効果的に取り組む強力な手段ですが、自社に適したツールの選定と、導入後の適切なフォローアップが欠かせません。

 

まとめ

まとめ
本記事では、生産性向上に取り組むべき理由と取組方法、重要ポイントについて解説しました。

生産性を高めることで、コスト削減、効率的な業務遂行、それらを通じて企業の収益増加を期待できます。主な取り組みとしては、業務改善やコミュニケーションの強化・個々のスキルアップ・適切な人材配置・外注の活用・ツール導入などが挙げられます。

ツールの導入は効果的な手段ですが、自社に最適なツール選択が重要であり、そのための現状把握も欠かせません。また、導入後、適切なフォローを受けられるかの確認も必要です。

Yellowfin は企業が抱える、あらゆるデータをワンクリックで自動分析し、求めている情報を簡単に可視化できるツールを提供しています。30日間無料トライアルできますので、ぜひ一度使ってみて、自社に適しているかをご判断ください。

Yellowfin 製品紹介ホワイトペーパーのダウンロード

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.