ノーコードAIとは?開発・Webサイト戦略における活用事例やメリット、注意点を解説

ノーコードAIとは?開発・Webサイト戦略における活用事例やメリット、注意点を解説

  • ノーコードAIツールの特徴や使い方、メリット・デメリットなどの概要を知りたい
  • おすすめのノーコードAIツールとは?
  • ノーコードAIで、具体的にどのような業務効率化が図れるのかを知りたい

 

ノーコードAIは、プログラミングの専門知識がなくてもAIモデルを作成・実装できる画期的なツールです。本記事では、ノーコードAIの基本概念、市場トレンド、具体的な活用事例、注意点、おすすめツールについて詳しく解説します。ノーコードAIが業務効率化にどのように貢献するかを知りたい方は、ぜひご覧ください。

 

Yellowfinケースブック(事例集) - 組み込み導入編のダウンロード

 

ノーコードAIの基本

ノーコードAIの基本

ここからは、ノーコードAIの基本的な概念と市場トレンドについて詳しく見ていきます。

 

ノーコードAIとは?

ノーコードAIとは、プログラミングの専門知識がなくても、誰でも簡単に人工知能(AI)モデルを作成、実装できるツールやプラットフォームのことを指します。従来のAI開発は、高度なプログラミングスキルやデータサイエンスの知識が必要でしたが、ノーコードAIはその障壁を取り除き、ビジネスユーザーや市民開発者でも利用可能にしました。

具体的には、ドラッグアンドドロップ操作やビジュアルインターフェースを用いて、データの前処理からモデルのトレーニング、予測結果の可視化までを簡単に行うことができます。これにより、企業は迅速にAIを活用して業務プロセスの自動化や効率化を図ることができるようになりました。

 

ノーコード/ローコードAIの市場トレンド

アメリカの市場調査会社Forrester Researchの分析によれば、ローコードおよびノーコード市場は2028年までに500億ドルに達する可能性があるといいます。これは、企業がAIを迅速に導入し、業務の自動化や効率化を進めるために、ノーコードAIの需要が高まっていることを示しています。多くの企業がノーコードAIのメリットを活用することで、競争力を高めることを期待しているのです。

 

ノーコードAIを活用する主なメリット

ノーコードAIを活用する主なメリット

以下では、ノーコードAIを活用するメリットについて、詳しく説明します。

 

開発からリリースまでのプロセスが迅速

ノーコードAIツールを利用することで、開発からリリースまでの時間を大幅に短縮できます。従来のAI開発は、高度なプログラミングスキルや長期間の開発プロセスが必要でしたが、ノーコードAIツールでは直感的なインターフェースを通じて、迅速にAIモデルを作成できます。開発のスピードアップにより、リリースまでのプロセスも効率化され、プロジェクトの成功率が向上します。

 

コスト削減が可能(無料ツールもあり)

従来のAI開発には、高度なスキルを持つデータサイエンティストやエンジニアが必要であり、その人件費が大きなコスト要因となっていました。しかし、ノーコードAIツールを使用することで、一般のビジネスユーザーでも簡単にAIモデルを構築できるため、外部の専門家を雇う必要がなくなります。

GoogleのAppSheetやNode-AIなど、多くのノーコードAIプラットフォームは無料で利用できるバージョンを提供しています。これにより、初期投資を抑えつつ、必要な機能を試しながら最適なツールを選定することが可能です。

 

プログラミング知識がなくても形にできる

ノーコードAIツールは、直感的な操作でAIモデルを作成でき、プログラミングの専門知識が不要です。専門スキルを持たないビジネスユーザーでも、簡単にAIを活用して業務の自動化や効率化を実現できます。

関連記事:ノーコードとローコードの違いを詳しく解説!その仕組みとメリット・デメリットは?

 

ノーコードAIの活用事例

ノーコードAIの活用事例

ノーコードAIは、さまざまな業務プロセスの効率化に貢献しています。ここでは、ノーコードAIを利用した事例を紹介します。

 

アプリ開発

ノーコードAIを用いたアプリ開発は、プログラミング知識がなくても高度な機能を持つアプリケーションを迅速に作成できる点で優れています。例えば、GoogleのAppSheetは、ユーザーがスプレッドシートやデータベースを基にアプリを作成し、AI機能を統合することで、より高度なデータ分析や自動化を実現しています。

 

予測モデルの作成

ノーコードAIを利用して予測モデルを作成することで、将来のトレンドやリスクを効率的に予測することができます。予測モデルは、ドラッグ&ドロップ操作やビジュアルインターフェースを用いて簡単に構築することが可能です。

予測モデルを活用することで、企業は需要予測や在庫管理の最適化などを行い、業務効率化を図ることができます。売上予測や顧客行動の予測も容易になり、経営判断の迅速化と精度向上が期待できます。

 

Webサイトに組み込み不正防止も

もともと、WordPressやSTUDIOなどのノーコードツールを用いてWebサイトを構築するデザイン手法が存在していました。最近では、これらのツールにAI機能を統合し、特定の指示を自然言語で行えるような機能が登場しています。例えば、大手通販サイトでは、AIを使って不正検知を行う機械学習モデルを開発し、サイトに組み込むことで不正行為の防止を実現しました。AI技術により、Webサイトのセキュリティとユーザー体験、双方が向上しているといえるでしょう。

 

ノーコードAIを使う上での注意点

ノーコードAIを使う上での注意点

次に、ノーコードAIを使用する際の注意点について説明します。

 

カスタマイズが制限される

ノーコードAIツールは、提供された範囲の機能しか利用することができません。そのため、特定のニーズに対して柔軟に対応することが難しく、独自のシステムを構築したい場合には実用的でないことがあります。例えば、企業独自のビジネスロジックや特殊なデータ処理が必要な場合、ノーコードツールの標準機能では対応できないことがあります。複雑なカスタマイズや高度な機能追加が求められる場合には、結局のところ専門のプログラマーの助けが必要になることもあります。

 

機械学習アルゴリズムが限定される

ノーコードAIツールは、一般的にいくつかの標準的な機械学習アルゴリズムを提供していますが、専門的な用途や最新の研究成果を反映したアルゴリズムが不足している場合があります。例えば、ノーコードAIツールは主に分類、回帰、クラスタリングなどの基本的なアルゴリズムをサポートしていますが、深層学習や強化学習といった高度な技術には対応していないことが多く、最終的にプログラミングが必要になることもあります。

 

データの取り扱いや保存に要注意

ノーコードAIツールはクラウドベースであることが多く、データが外部サーバーに保存されるため、セキュリティリスクが存在します。特に機密情報や個人情報を扱う場合、データの暗号化やアクセス制限などの対策が求められます。

 

データ分析・意思決定をより効果的にするには「BIツール」も検討を

データ分析・意思決定をより効果的にするには「BIツール」も検討を

ノーコードAIには大きなメリットがありますが、いくつかの課題も存在します。ノーコードAIツールの限界を補うためには、他のツールと併用することが重要です。特に、BI(Business Intelligence)ツールを活用することで、より包括的で効果的なデータ分析と意思決定が可能になります。

 

そもそも「BIツール」とは

BIツールとは、企業が収集したデータを分析し、視覚化するためのソフトウェアです。これにより、経営者や意思決定者はデータに基づいたインサイトを得て、効果的な意思決定を行うことができます。

 

ノーコードAIツールの「弱点」をBIツールが補完

BIツールは、特に下記のような点で優れています。

  • データを視覚的に表現するための強力な機能を提供
  • 最新の情報をもとにした迅速な意思決定ができる
  • 複数のデータソースを統合し、一元的に管理することができる

そのため、ノーコードAIツールで生成された予測データをBIツールに取り込むことで、ノーコードAIの弱点を補うことができます。

 

例えば、ノーコードAIツールで需要予測モデルを作成し、その結果をBIツールに取り込むことで、需要の変動を視覚的に表示し、在庫管理や生産計画に活用できます。また、ノーコードAIツールで顧客の行動予測モデルを構築し、BIツールで顧客セグメント別に視覚化することで、マーケティング戦略を最適化することも可能です。

関連記事:BIツールとは?おすすめ10選比較と活用事例10社・無料版のメリットとデメリット・ポイントまで徹底解説

 

AIによる洞察機能も備えたBIツール「Yellowfin」

AIによる洞察機能も備えたBIツール「Yellowfin」

複数あるBIツールの中でも「Yellowfin」は、AIによる洞察機能を備えた高度なBIツールです。Yellowfinの洞察機能は、予測分析とデータの可視化を統合し、ユーザーがデータから直感的にインサイトを得ることを可能にします。

例えば、Yellowfinの「Assisted Insights」機能を使うと、特定のデータポイントがなぜ変動したのか、その原因を迅速に解明できます。この機能は、以下のようなプロセスを通じて実現されます。

 

このように、YellowfinはAIによる洞察機能を活用して、データの可視化とリアルタイム分析を強化し、企業のデータ活用を最適化します。ノーコードAIツールと組み合わせることで、さらに効果的なデータ分析と意思決定を可能にいたします。

 

まとめ

まとめ

ノーコードAIツールは、プログラミング知識がなくてもAIモデルを構築できる便利なツールですが、データの視覚化や統合には限界があります。そのため、YellowfinのようなBIツールを併用することで、これらの弱点を補完し、より効果的なデータ分析と意思決定を実現できます。

YellowfinはAIによる洞察機能を備え、データの可視化、リアルタイムデータ分析、データの統合と一元管理を提供します。データから得られるインサイトを最大限に活用し、迅速かつ正確な意思決定を行いたい方は、ぜひ一度Yellowfinの利用をご検討ください。

 

Yellowfinケースブック(事例集) - 組み込み導入編のダウンロード

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.