組み込みBIの本来の意味とは?OEMレポーティングツールの定義

組み込みBIの本来の意味とは?OEMレポーティングツールの定義

OEM:Original Equipment Manufacturing(他社ブランドで販売される製品の開発と製造)

組み込みビジネスインテリジェンス(BI)OEMレポーティングツールの普及は、業務アプリケーションで直接使用できる信頼性の高いシームレスなアナリティクスツールの需要の高まりによるものです。今こそ、組み込みBIの時代です。

 

2022年には、自社のアプリケーションにより効率的なBIツールを組み込もうと考える人が増え、組み込みBIソリューションがユーザーにもたらす効果を具体的に知りたいと思っています。このブログでは、組み込みBIの定義と、組み込みBIがソフトウェアユーザーの間で人気が高まっている理由、優れたアナリティクスを行うための組み込みBIソリューションとしてYellowfinを提案するのかについて説明します。

 

組み込みBIの定義

最初に、組み込みBIの本来の意味を定義しましょう。

私たちが言う「組み込みBI」とは、貴社のビジネスアプリケーションと基礎となるデータソースとの間に直接的な接続を提供するプロセスのことを指します。

ここで「データソース」という用語を使うのは、組織内に複数の異なるデータソースがあり、それぞれが独自のビジネスロジックやユーザーインターフェース(UI)を持っている可能性があるからです。

既にアプリケーションに組み込みBIコンポーネントがあり、アプリケーション内からアクセスできるようになっている場合もあります。これまでは、アプリケーションのデータや潜在的なインサイトにアクセスするには、外部サービスを利用するのが最も一般的な方法でした。

しかし、スタンドアロンのアナリティクスソフトウェアや、他社のプラットフォームの使用体験は、ビジネスのプロセスやアプリケーションのユーザー体験に配慮したものではありません。

まず一つに、アプリケーションの通常のワークフローからアナリティクスが切り離されてしまい、ユーザーが意図した通りにアナリティクスを利用できない可能性があります。

また、開発者やチームがビジネスブランドを結び付けようとこだわりを持って設計・制作したUX(美しさ、機能など)とも切り離されてしまうのです。

アナリティクスとデータにアクセスするために、別のアプリケーションを使わないといけない場合、アプリケーションとアナリティクスのアプリケーションとで切り替えに時間がかかり、コンテクストも切り替える必要があるため、ユーザーの集中力が切れる恐れがあります。

ここで、組み込みBIの出番です。ビジネスインテリジェンスが直接アプリケーションに組み込まれていれば、ユーザーのワークフローにアナリティクス機能が自然に組み込まれ、ビジネスアプリケーションの機能として明確に認識されるようになり、非常に効果的です。

これらの利点から、2022年に組み込みBIソリューションの需要が高まると考えられています。

 

組み込みBIソリューションが選ばれる理由

より早く簡単にデータと分析にアクセスできる:BIを組み込むことで、質や信頼性を損なうことなく、データへのアクセス、可視化、分析、ドリルダウン、変換、正規化などが行うことができます。それどころか、以前のBIツールでは使えなかった新しいデータソースを付け加えることもできます。結果、データの正確さと信頼性を確実に確保しながら、より早く、より良いインサイトを得ることができるようになります。すべてのソースコードがソースシステム内に(監査しやすい形式で)保存されているので、データを失ったり、外部のアナリティクスアプリケーションにありがちな、ソースコードの紛失などのリスクはありません。

アプリケーションの価値を高め、競争力を高める:高い質のデータと信頼性により、ユーザーはより良いインサイトをより早く得ることができ、ビジネスアプリケーションにさらに価値を与えます。これらのインサイトは、戦略的ゴールをサポートすべく、より良い意思決定を行うために活用することができます。これらのインサイトを意思決定者に届けることで、市場での競争力を獲得することができます。

シームレスなユーザー体験と顧客満足度の向上を目指す:ユーザーは全てのデータソースから同じフォーマットでデータにアクセスすることができるようになり、これはシームレスなユーザー体験を実現する上で非常に重要なポイントです。ユーザーが一定した方法でデータにアクセスする場合、より早くインサイトを得られ、より良い結果を素早く得られます。そのため、ユーザーはBIソリューションとBIツールに対して、よりいっそう満足するはずです。

複数の顧客への対応と区分けが可能:BIツールを組み込むことで、同じデータを使って複数の顧客に対応することができます。つまり、組織内で異なるビジネスグループを作成し、各グループのニーズとデータ所有権レベルに沿って、BIソリューションをカスタマイズすることができるのです。これが、組織の成果を高め、顧客満足度を向上させることに繋がります。

収益の拡大:データは、あらゆる組織の成功の鍵を握ります。データなしでは、収益の拡大と投資対効果の向上は望めません。BIを組み込むことで、組織があらゆるデータソースから一貫した方法で全てのデータにアクセスでき、それらを使ってインサイトに満ちたビジネスインテリジェンスレポートを作成できる力が得られます。つまり、ビジネスをより詳細に把握し、情報に基づいた行動をとることができるようになるのです。

シームレスの組み込みプロセスを提供:組み込みプロセスはBIツールをアプリケーションに組み込むだけではなく、アプリケーションがBIツールと統合できるようにすることが必要です。すなわち、2つのアプリケーションが統合され、適切に通信できるようにする必要があります。

ビックデータへの迅速な接続を実現:ユーザーが複数のソースから自分のデータにアクセスできるということは、外部のデータにもアクセスできるようになるということです。

ユーザーがリアルタイムで外部データについてのインサイトを得ることができるので、より良いインサイトをより早く得ることができ、以前よりも早く良い意思決定を行うことができるようになります。

 

Yellowfin 組み込みBIを選ぶべき理由

サービスアナリティクスソリューションのニーズが高まる中、最高のアナリティクス機能を持つツールを手に入れようとする経営者が増えています。Yellowfinは、長年にわたり、包括的な組み込みアナリティクスソリューションを企業に提供してきました。

最小の労力で、より手頃なコストで変更Yellowfinの組み込みアナリティクスの価格とライセンスは、多くの組織の予算に柔軟に対応し、ソフトウェアを変更する手間を最小限に抑えることができます。

継続的なプロジェクトのサポート:Yellowfinの組み込みアナリティクスは、継続的なプロジェクト管理を完全にサポートします。ソフトウェアの使い方や設定はとても簡単で、数分でできます。

Embedded Analytics

最新化:最新のビジネスアプリケーションとオペレーションシステムで動作するかを確認するため、ソフトウェアは常に最新のテクノロジーに適応できるようにアップデートされます。高度な技術を持つエンジニアとコンサルタントのチームによって更新が行われるため、ソフトウェアが古くなる心配はありません。

重要なビジネスに最適な価格:Yellowfinの組み込みアナリティクスは、どの企業にとっても手頃な価格に設定されています。ほとんどの企業が、お手頃価格だと感じて頂けるのではないでしょうか。他の多くの分析ソリューションよりも安価で、ビジネス分析を提供する上で費用対効果が高いことも明らかになっています。

シンプルな設計と幅広い拡張性:ソフトウェアの使い方や設定はとても簡単です。ユーザーインターフェースは、初心者でも簡単に使えるようにシンプルに作られています。また、企業に幅広い拡張性を提供します。オンプレミスでの導入に限らず、クラウドやハイブリッドの環境での利用も可能です。

ホワイトラベル化されたアナリティクスの利点:Yellowfinの組み込みアナリティクスは、ホワイトラベル化し、顧客のニーズに合わせてカスタマイズすることが可能です。ソフトウェアが貴社の要件に合うよう柔軟に対応できることが大きな利点です。

Yellowfin 組み込みアナリティクス:製品ガイド

Yellowfinの組み込みアナリティクススイートがいかに直感的、変革的であるか、ウォークスルービデオ、ホワイトペーパー、製品ガイドをご確認ください。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.