【リリース】Yellowfin 9.4

新しいYellowfin 9.4リリースは、コミュニティからの要望でアナリティクスエクスペリエンスを強化しました。

2020年12月11日 メルボルン - 世界をリードする革新的なアナリティクスベンダーであるYellowfinは、新バージョンであるYellowfin 9.4をリリースしました。今回のリリースでは、ストーリーや価値あるインサイトをより幅広く共有する機能を強化し、ダッシュボードやレポートの構築時におけるユーザーエクスペリエンスに優れた一貫性やガバナンスを提供する新しい機能強化を追加しています。すべての機能強化の詳細については、こちらを参照してください。 https://yellowfin.co.jp/campaign/yellowfin-9-whats-new

 

Yellowfin 9の製品ビジョンは、実用的なダッシュボード、拡張アナリティクス、データストーリーテリングを使用して、組織が魅力的なアナリティクスエクスペリエンスを構築し、デザインして、組み込むことをサポートし、これらすべての分野で、システム管理者や、アナリスト、ユーザーに優れた使いやすさを提供することです。Yellowfin 9.4には、これまでの主要なリリースを洗練させる数多くの便利な機能や修正が追加されているため、ソフトウェア企業やエンタープライズにとって、アナリティクスプラットフォームをアップグレードする絶好の機会となっています。

 

Yellowfin 9.4には、以下5つの主要な機能強化が追加されています。

 

  • PDFエクスポートには、20を超える表示やフォント、スタイルの修正や、AES 256ビット暗号化、長時間実行PDFエクスポートが終了したら自動的にメール送付するオプション、ユーザーがプラットフォーム外にインサイトを共有できるように、ストーリーをPDFに保存できる機能が含まれています。
  • JavaScript APIは、Yellowfin ストーリーをサポートするようになったことで、開発者はウェブサイトのページや社内ポータル、ウェブアプリケーションへリンクを使用したストーリーの組み込みが可能になり、社内スタッフやユーザーにストーリーを簡単に共有できます。
  • Yellowfin リポジトリデータベースをOracleにインストールする場合や、アナリティクスのデータソースとしてOracleに接続する場合に、Kerberos認証を使用できるようになりました。
  • 新しく追加されたスーパーユーザーロール機能により、システム管理者は、任意のユーザーアカウントの公開・非公開コンテンツを容易に管理し、将来的な社内従業員やユーザー資格情報の変更に関わらず、常にすべてのコンテンツにアクセスし、再利用することができます。
  • ゲストユーザーロールを使用したストーリーの自由な共有が可能になり、プラットフォーム外のユーザーに公開ストーリーを共有できます。

 

上記に加えて、ダッシュボードを構築したり、これらをYellowfin インスタンス間で移行したりする場合を含めて、ユーザーインターフェースに数多くの改善が実施されています。

Yellowfin 9.4 - 是非この機会にアップグレードをご検討ください

Yellowfinは、すべてのユーザーのアナリティクスエクスペリエンスを向上させる様々なアップグレードをYellowfin 9.4に追加しています。Yellowfin 9.4がどのようにしてアナリティクスエクスペリエンスやアプリケーション開発を変革するのかをご確認いただくには、各地域のYellowfin セールス担当者にお問い合わせいただくか、製品デモをご依頼ください。

Yellowfinについて

Yellowfinは、自動化で強化されたワールドクラスの製品スイートを提供する、ビジネスインテリジェンスとアナリティクスのグローバルソフトウェアベンダーです。Yellowfinは、世界をリードするアナリスト企業から、イノベーターの評価を得ています。50の国々に渡り、29,000を超える組織で、300万人を超えるエンドユーザーが、日々Yellowfinを使用しています。より詳細な情報は、Yellowfinのウェブサイトをご確認ください。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.