Assisted Insights(自動インサイト)

「なぜ」を自動で探る

多くのBIツールは、売上や在庫数などビジネスに重要な数字に変化があると、それを知らせてくれます。しかしYellowfinは、重要なデータの変化はもちろん、なぜそれが起きたのかというその原因までを追求し、ユーザーに提示することができます。Yellowfin 7.4の新機能であるスマートBIは、これまでの概念を覆す、まさに革命的な機能です。

このエンドツーエンドの分析プラットフォームがData Transformation(データ変換)やAssisted Insights(自動インサイト)、コラボレーションツールなど分析領域のすべてを網羅しているため、ユーザーはYellowfinのみでデータ変換から分析までをカバーすることができます。さらには、機械学習アルゴリズムを採用したAssisted Insights(自動インサイト)により、アナリストはビジネスの課題に素早く応えることができ、一方でビジネスユーザーはデータから物事の発生原因を自ら探ることができます。

Assisted Insights(自動インサイト)

 

Assisted Insights(自動インサイト)では、ユーザーが自らデータを細かく分析して気付きを探るのではなく、自動的にそれらを提供します。直面する課題に対し、統計的に最も関連のある結果を示すことで、物事の発生した原因を自動的に分かりやすいビジュアルと説明で提示します。

Assisted Data Discovery(データディスカバリーアシスタント)

 

データアナリストは、手作業でのレポート作成やビジネス課題の対応に膨大な時間を費やしています。Yellowfinを利用すれば、データアナリストは質問を提起するだけで、自動的に価値ある結果を素早く提示してくれます。レポートビルダーに追加されたスマート分析ボタンを使用することで、クリックひとつでドラッグしたデータを分析します。

ストーリーを伝えるInsight Wizard(インサイトウィザード)

Insight Wizard(インサイトウィザード)は、ユーザーから提起された課題のストーリーを示し、Yellowfinへユーザーが分析したい内容を伝えます。これは、Yellowfinに実行させる分析のレベル制御を可能にします。

関連する結果


Yellowfinは様々なアルゴリズムを実行することで、データに最も関連する結果を分かりやすいビジュアルと説明で提示します。ユーザーは得られた結果から、レポート作成に必要なグラフを選択したり、さらなる分析を実行することもできます。

ビジネスユーザーのためのInstant Insight(インスタントインサイト)

ダッシュボード上でボタンをクリックするだけで、データの説明を確認したり、2つのデータ間の比較をすることができます。結果はダッシュボード上にグラフとして自動的に生成され、詳細な説明も表示されます。これらのグラフは、ユーザーに最も関連するものから順に表示されます。

気付きとコラボレーション


Yellowfinでは、Instant Insight(インスタントインサイト)によって組織全体でコラボレーションをすることができます。改良されたアクティビティストリームでは、分析を実行したレポートを強調表示するなど、視覚的にわかりやすく情報を把握することができます。

グラフに説明を追加

YellowfinのAssisted Insights(自動インサイト)は、表示するグラフに分かりやすい説明を追加します。ユーザーが制御することのできる要約と詳細レベルの説明を提供します。