ホワイトペーパーダウンロード

組み込みアナリティクス製品の選び方:

考慮すべき12の基準

どのようなコアアプリケーションにもアナリティクスを組み込むのは簡単ではありませんが、既存の技術を採用するのは実は最も簡単な方法です。
では、何が難しいのでしょうか?
適切なソリューションを選択し、ユーザーに大きな価値を提供するために、人材、プロセス、戦略を整備することです。市場に出る前に、チームを編成し、要件を明確にし、適切な基準に沿って製品を市場に投入する必要があります。

製品や業界を問わず、組み込み型アナリティクスはユーザーに価値を提供するための鍵となります。

コアソフトウェア内の必要な時点で分析を行うことで、ユーザーは過去のアクションの影響を確認し、アプリケーションやコンテキストを切り替えることなく、インサイトに基づいて迅速にアクションすることができます。

問題は、どの最新の組み込み分析ツールがお客様のニーズに最も適しているかを見極めることです。

ダッシュボード、レポート、ビジュアライゼーションに関して各 BI ソリューションの違いを見分けるのは簡単ですが、組み込み分析機能について同じことを行うのは難しい場合があります。

この時点で、多くの場合、組み込み分析ツールを構築するか購入するかを決めることになります。

しかし、確立されたアナリティクスプラットフォームを購入するのではなく、自社で構築することを選択すると、最初は未経験の多くの課題が発生する可能性があります。技術的な統合を確実に行うためには、長年の専門知識と経験が必要となり、それは複雑な作業となります。

市場をリードする組み込みアナリティクスソリューションを正しく選択することで、高額なコスト、リスク、製品の市場投入までの時間の遅れを回避できます。しかし、どのようなポイントに注目すべきかということについては体系的にまとまっていません。そこで、このガイドでは、今すぐに最高の組み込みBI製品を選ぶのに役立津ポイントをまとめています。

Eckerson Groupのアナリティクスの専門家から、組み込みアナリティクス製品を選択する際に考慮すべき12の最も重要な基準を学び、最新のBIプラットフォームの導入を早期に開始してください。

  • アナリティクス機能の構築と購入のメリット
  • アプリにアナリティクスを統合する際の主な差別化要因
  • 次世代の組み込みアナリティクスに備えるべき理由

 

Eckerson Groupについて

Eckerson Groupは、アーキテクチャーとガバナンスからビジネスインテリジェンス、人工知能(AI)まで、データ分析のあらゆる側面を専門としており、この分野で25年以上の経験を持っています。著者のウェイン・エッカーソンは、世界的に知られた著者であり、講演者、アドバイザーであり、1990年代初頭からデータ分析分野の思想的リーダーであり、講演者、コンサルタント、専門家教育者、パフォーマンスダッシュボードと分析に関する2冊の本の出版者として知られています。

ホワイトペーパーのダウンロード

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.