データ変換

クリーン、ブレンド、エンリッチ、トランスフォーム


Yellowfin 7.4のデータ変換機能は、一般的な変換タスクを実行するだけでなく、SalesforceやGoogle Analyticsなどの
ウェブコネクターと接続することもできます。

このモジュールは、データをクリーンにし、ブレンドして価値を高めるだけでなく、データ変換も行います。変換ツールが分析プラットフォームに統合されているため、迅速に気付きを得られるだけでなく、費用対効果も高めることができます。

ドラッグ&ドロップで変換フローを作成


データ変換パスの作成を可視化することで、スクリプトを記述する必要がなくなりました。Yellowfin 7.4に統合されたドラッグ&ドロップGUIを使用することで、Yellowfin内でデータ変換フローを作成することができます。

様々なソースから気付きを得る


テーブルやフラットファイル、フリーハンドSQLなど様々なデータソースを使用してデータを変換することができます。またGoogle AnalyticsやSalesforceなどのウェブコネクターと接続することもできます。

既存の資産を有効活用


作成したYellowfinレポートをデータ変換に投入することで、既にレポートに設定されたビジネスルールや複雑なロジックを活用することができます。

データサイエンスの活用


集約や演算、マージなどの一般的なデータ変換ステップに加えて、Yellowfinでは変換ウィジェットをPMMLやPFA、H2O.aiなどの一般的なデータサイエンスモデルや、ジオコーディングに活用することができます。

 

データリネージの可視化


変換されたデータは、データソース間で色分けをしてリアルタイムに表示することができます。また、フロー全体で発生したエラーを検知します。

Yellowfinのプラットフォームに
完全に統合


Yellowfinのデータ変換モジュールは、ひとつのプラットフォームへ完全に統合されています。既存のプラットフォーム内でシームレスに動作し、設定されたセキュリティー機能を引き継ぐため、信頼できるデータの素早い提供を可能にします。