文脈的アナリティクスホワイトペーパー

文脈的アナリティクスとは?

組み込みアナリティクスの次なる進化

組み込みアナリティクスは、エンタープライズアプリケーションにダッシュボードをもたらしましたが、これは依然としてコアソフトウェアとは別のツールとして使用されています。そこで、アナリティクスをアプリケーションユーザーに近づけるための、より優れた方法があるとしたらどうでしょうか。

 

次のレベルの組み込みアナリティクスである文脈的アナリティクスが、これを可能にします。

文脈的アナリティクスでは、ダッシュボードやアナリティクスをアプリケーションのコアワークフローに直接配置することで、これらをソフトウェアに組み込むプロセスを一歩先へ進めます。これにより、ユーザーの意思決定を導くために必要なデータは、ユーザーインターフェースやトランザクションフローなど、彼らの日常業務に提供されます。

これは、アナリティクスとトランザクションをシームレスに統合し、このアプリケーション内でのアナリティクスとワークフローの緊密な統合は、データを文脈化し、動的で、エンドユーザーのためにパーソナライズすることが可能です。

それでは、なぜこれに備えなくてはいけないのでしょうか。

文脈的アナリティクスは、通常通りアプリケーションを使用しているだけで、より深いインサイトを見つけ、より正確な意思決定を行うためにユーザーが求める、そして必要とするレベルのコンテキストをもたらします。さらなる情報を検索するためにコンテキストやウィンドウを切り替えるため、ワークフローが中断されることはありません。また、スタンドアローンモジュールのBIにアクセスする手間も省けます。データはダッシュボードやレポートに保存され、ソフトウェアと対話する時だけ動的にインサイトを提供します。

最も重要なことは、文脈的アナリティクスはガイド付きインサイトを可能にすることです。ユーザーは回答を得るために、ヒューマンエラーや分析疲れを引き起こしやすく、スキルセットに依存するプロセスである、手動でのデータ変化や傾向確認をする必要がありません。これは、ソフトウェアアプリケーション内で処理をしつつ、アプリケーション機能を強化することで、効果的な作業の実施を可能にします。

さらに詳細な情報を確認したい場合は、こちらのホワイトペーパーをダウンロードしてください。文脈的アナリティクスとは何か、YellowfinのようなBIプラットフォームがどのようにして文脈的アナリティクスを使用し、データからインサイトを発見する方法を革新するのか、また、ユーザーエクスペリエンスを向上させることで、どのようにしてソフトウェアソリューションに価値を追加するのかをご確認いただけます。

 

  • 既存のアプリケーションの価値を向上させるために、文脈的アナリティクスは何ができるのか
  • 文脈的アナリティクスは、どのようにしてユーザーワークフローおよびアナリティクスを融合し、シームレスなBIを実現するのか
  • 文脈的アナリティクスが、より掘り下げたインサイトおよび分析にとって、ゲームチェンジャーになるのはなぜか

こちらからダウンロードできます

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.