分析の新たなステージへ

Yellowfin 7.4のご紹介:スマートBIがより早く、より確かな洞察を

優れたダッシュボードを提供する分析ツールは市場にあふれていますが、結果に結びつく原因をわかりやすく示してくれる製品はこれまでありませんでした。Yellowfinは、重要なデータの変化はもちろん、なぜそれが起きたのかという原因までをあなたの代わりに自動で追求し、ユーザーに提示することができます。Yellowfin7.4の新機能であるスマートBIは、これまでの概念を覆すまさに革命的な機能です。これにより、アナリストはビジネスの課題に素早く応えることができ、一方でビジネスユーザーはデータから物事の発生原因を自ら探ることができます。

「何が起きたか」を提示するだけでなく
Yellowfinは「なぜ起きたのか」まで伝えます

Assisted Insights
(自動インサイト)
より早く、確実な意思決定が可能に

Assisted Insights(自動インサイト)では、ユーザー自身がデータを細かく分析してインサイトを探るのではなく、自動的にそれらを提供します。直面する課題を問いかけるだけでYellowfinはデータを分析し、様々なステップにより統計的に最も関連する結果を見出し、わかりやすいビジュアルと説明で、ユーザーに提示します。

Yellowfinと他のBIツールとの大きな違いは、Yellowfinにはストーリーがあることです。他の多くのBIツールは、そのアルゴリズムが得た気付きが何であれ、そのままの形でユーザーに知らせます。しかしYellowfinは、ユーザーが解決しようとしている課題を考慮し、それに最も関連する結果を提示するのです。

  • データアナリスト
    のためのAssisted data discovery(データディスカバリーアシスタント)

    データディスカバリーアシスタントの機能を利用すれば、自動的にグラフを生成することができるため、アナリストのレポート作成に関する負担を大幅に軽減します。多くのアナリストが手作業でのレポート作成に膨大な時間を費やしています。しかし本来は、もっと多くの時間を分析結果の解釈に費やすべきです。データアナリストは質問を提起するだけで、自動的に価値ある結果を素早く提示します。これによりデータアナリストはより優れた価値を提供することができるようになります。

  • ビジネスユーザー
    のためのInstant Insight(インスタントインサイト)

    インスタントインサイトの機能を利用すれば、Yellowfinが自動的に分析した結果が瞬時に提示されるため、データから誰もが簡単にインサイトを引き出し、次のアクションを決定することができます。ビジネスユーザーは「なぜそれが起きたのか」という事象の理由を、アナリストに頼らずに自ら探ることができ、生産性が大幅に向上します。また一方で、データアナリストはビジネスユーザーからの分析に関する質問が大幅に減り、データの価値を高める作業に集中することができるようになることで、ビジネス全体のスピードアップにつながります。

  • データサイエンスモデルをコラボレーション

    データサイエンティストはビジネスから切り離されて考えられることが多く、専門的なツールセットを使用しての統計分析モデルは作成できても、ビジネスについては知らないことが多いかもしれません。Yellowfinは企業内のデータ、データサイエンスモデルを異なるビジネス部門で統合することにより、組織全体でデータサイエンスモデルの活用を可能にします。これらは、データサイエンスモデルの作成に利用する要素をすべて包含した上で、モデル作成をより迅速に行い、多くのユーザーがアクセスできるような環境を整えるものなのです。

「なぜ」を探る

的確な判断と意思決定を下すためには、データに隠された様々な可能性を探り、気付きを得ることが重要です。Yellowfin 7.4は、機械学習アルゴリズムを採用した自動インサイトにより自動的に気付きを提供するエンドツーエンドの分析のプラットフォームです。
さらに、データ変換機能やデータサイエンスモデルを使用して関連する結果を即座に示すことで、素早く的確な情報に基づく意思決定へとビジネスを導きます。

データモデルのディプロイを最速化

データソース(RDBやウェブコネクター)からデータを引き出し、統計モデルを適用したデータをレポート作成に利用できるようになります。例えばデータに対してRモデルを実行しチャーン予測をする等のデータ変換を行い、得られた結果をデータベース形式で保存してレポート作成に利用できます。Yellowfin 7.4は、分析アプリケーション開発をより素早く実現し、RやPythonなどの高度なアプリケーションを統合することにより優れた分析機能を提供するだけでなく、PMML、PFA、H2o.aiもサポートします。データのクレンジングや変換のすべてをYellowfin 7.4で行うことができ、データからダッシュボードまでをひとつのプラットフォーム内で完結させることが可能です。

  • クリーン、ブレンド、
    エンリッチ、
    トランスフォーム

    Yellowfin 7.4のデータ変換機能は、一般的な変換タスクを実行するだけでなく、SalesforceやGoogle Analyticsなどのウェブコネクターと接続することもできます。このモジュールは、データをクリーンにし、ブレンドして価値を高めるだけでなく、データ変換も行います。変換ツールが分析プラットフォームに統合されているため、迅速に気付きを得られるだけでなく、費用対効果も高めることができます。

  • ドラッグ&ドロップだけデータ変換パスを作成

    データ変換パスの作成を可視化することで、スクリプトを記述する必要がなくなりました。Yellowfin 7.4に統合されたドラッグ&ドロップGUIを使用することで、Yellowfin内でデータ変換フローを作成することができます。
    Yellowfin 7.4のデータ変換モジュールは、Yellowfinの環境内でシームレスに動作します。これはYellowfinの既存のセキュリティー機能と連携するため、アナリストはより信頼できるデータを迅速に提供することができます。

  • データ変換の経過を監視

    Yellowfin 7.4では、データ変換の各ステップの詳細を簡単に構成することができます。データプレビュー画面にはコンテンツがどのように変換されるかが表示され、一方ではさらなる変更を実行することもできます。また、このシステムでは、変換フロー内に発生するあらゆるエラーを検知。完結した変換作業はスケジューリングが可能になるため、定期的にこれを実行したり、もちろん依頼を受けてから対応することもできます