ビジネスインテリジェンスソリューションの12の主要な機能

ビジネスインテリジェンスソリューションの12の主要な機能

企業はそれぞれ固有の状況や業界に応じて、様々な理由でビジネスインテリジェンス (BI) ソリューションに投資をします。

現在の企業は、業界の最新の変化に対応しなければならないという絶え間ないプレッシャーにさらされています。このプレッシャーからビジネスインテリジェンス (BI) ソリューションが開発され、企業はより効率的にデータを収集し、分析して、管理できるようになりました。ビジネスインテリジェンスプラットフォームに投資をすることで、より多くのユーザーがデータを分析し、意思決定をして、業務を改善できる包括的なツールや機能を提供できます。

個別の課題や特定のアプリケーションの状況に関係なく、検討中のBIソリューションに搭載されているべき12の機能を以下に紹介します。

 

1. エグゼクティブダッシュボード

パーソナライズされたビジネスインテリジェンスダッシュボードは、ビジネスリーダーに、関連性が高く、理解しやすいデータをリアルタイムに提供することで、社内外のイベントへの応答時間を短縮しながら、より迅速で優れた意思決定を可能にします。経営陣には、即座に理解できるKPIと要約された情報が定期的に提供されるパーソナライズされたダッシュボードへのアクセスが必要です。

これは、パーソナライズされたBIダッシュボードにより、経営陣やビジネスユーザーは、自分にとって重要なデータを素早く確認し、その情報に基づいて重要な意思決定を行うことができるからです。さらに重要なのは、大量のレポートに目を通すことなく、常に最新のビジネスパフォーマンスを把握できることです。

さらに、例外レポートは、自動ビジネスモニタリングとして知られる自動分析を使用することで、アクションを必要とする予期しないイベントや状況を経営陣に通知する必要があります。自動分析機能を使用したパーソナライズされたデータを提供することで、経営陣は憶測で物事を判断したり、関連性のない情報をやみくもに確認したりすることなく、迅速に意思決定を行うことができます。

 

2. ロケーションインテリジェンス

ロケーションインテリジェンスは、地理的形式でデータをマップおよび可視化する機能です。これは、顧客の地理的な位置情報を追跡するリアルタイムのデータストリームを提供するため、ビジネスにとって強力になり得るツールです。

BIユーザーは、ロケーションインテリジェンスを使用することで、顧客行動のパターンや傾向を把握し、マーケティングやセールスにおいてより良い意思決定を行うことができます。

空間要素に基づいてデータセットを探索および可視化することで、企業は地域ごとの売上などの新しい視点から業務運用を理解することができます。

 

3. What if 分析

What if 分析では、重要なビジネス上の意思決定を実際に行う前に、その潜在的な影響を評価できます。ユーザーは既存のデータを使用して、ビジネス目標を達成するための戦略を策定し、うまくいったり、いかなかったりする「ヒットアンドミス」アプローチを回避することができます。これは経営陣が正確な戦略を計画するのに役立ちます。

人工知能 (AI) は、将来の状況を想定し、様々なアクションの潜在的な影響を判断することができます。このようなタイプの分析は、企業が情報に基づいて業務や将来の計画を決定するのに役立ちます。予測分析は、企業が顧客の行動を理解し、将来の傾向を予測するのに役立ちます。

 

4. インタラクティブレポート

インタラクティブレポートは、ユーザーがデータを知識に変換するのに役立ちます。これは、ユーザーがレポートの分析や、これらのレポートの基になるデータをより良く理解し、より良い意思決定を行うサポートをします。ユーザーはレポートに対して、以下を実現できなくてはいけません。

  • レポートのドリルダウンやドリルスルー
  • 詳細なOLAP分析の実行
  • 移動平均や回帰などの分析を適用することで、データの傾向を強調
  • タイムシリーズを使用して大規模なデータをスキャンし、データの異常値を把握
  • 条件付き書式を使用して、データの例外を強調するデータアラートを設定

インタラクティブレポートを提供するBIソリューションは、機械可読形式を使用することで、エンドユーザーがより直感的な方法でデータを探索できるように支援します。このタイプのビジネスインテリジェンスツールは、実用的なインサイトとデータ推奨のための別の手段を提供することで、企業が長期的に優れた意思決定を行うサポートをします。

 

5. メタデータレイヤー

メタデータレイヤーによりレポートの作成は容易になり、コーディングやSQL記述の必要性がなくなるため、ユーザーやレポート作成者は、シンプルなビジネス言語で情報を閲覧し、アクセスすることができます。ユーザーは、基になるデータやデータベースの複雑さを理解する必要なく、メタデータレベルでデータを操作できます。

この情報レイヤーにより、メタデータレイヤーをサポートするビジネスインテリジェンスツールは、競合よりもはるかに強力で効率的になります。これは、高度な分析を個別のデータ要素ではなく、メタデータレイヤーで実行できるからです。

 

6. ランキングレポート

この機能は、特定の基準を選択することで、複数のディメンション (次元) に渡って特定のカテゴリーの情報を並べかえるレポートを作成できます。ランキングレポートにより、ビジネスパフォーマンスの最高と最低の側面を確認することができます。例えば、最も売上の高い製品や地域、セールス担当者をランク付けするレポートの作成が可能です。

ヒューマンエラーは、不正確なレポートが作成される主な理由のひとつです。ランキングレポートを使用することで、様々なデータセットを特定の重要度に応じて自動的にランク付けし、エンドユーザーがより注意を向けるべきデータセットを迅速かつ容易に特定できるようになります。

 

7. セルフサービスデータディスカバリー

情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うには、適切なデータへのアクセスが必要であり、BIソリューションは、ユーザーが迅速かつ容易にそれらのデータにアクセスできるセルフサービスツールを提供したうえで、分析を開始するための適切な説明や比較も取得できるようにしなくてはいけません。BIソリューションは、ユーザーが社内の他のメンバーとデータを共有できるようにすることで、データのアクセシビリティや使用を最大化する必要もあります。

Ask-For-Faster-Data-Discovery

8. 他のシステムとの統合

BIソリューションは、社内の他のシステムと統合でき、データを簡単に共有および分析できるようにしなくてはいけません。この統合は、KPIやその他の重要なデータ指標のトラッキングも可能にしなくてはいけません。様々な統合オプションを利用できるため、BIソリューションは、ビジネスの特定のニーズに合わせて調整されます。

 

9. プラットフォーム間の互換性

BIソリューションは、様々なプラットフォームとの互換性があるだけでなく、様々なプラットフォーム間でデータを簡単に共有できることが重要です。これにより、企業は異なる部門間でより簡単にデータを共有し、プロジェクトでのコラボレーションを行うことができます。

 

10. カスタマイズ可能なダッシュボードやレポート

データの表示方法の変更は、データから素早くインサイトを得るための優れた方法です。BIソリューションの多くは、重要なデータ傾向を素早く確認できる幅広くカスタマイズ可能なレポートやダッシュボードを備えています。重要なインサイトは、時間経過とともに主要なデータの傾向を示す単純なレポートや、データの詳細な分析を提供する複雑なレポートからも得ることができます。

11. クラウドベースのソリューション

BIソリューションは、任意のデバイスやコンピューターからアクセスできるようにするために、クラウドベースである必要があります。これにより、企業はどこからでもデータに簡単にアクセスし、個別のデータセンターを維持するコストを節約できます。これは、企業が任意のデバイスやコンピューターから迅速かつ容易にデータにアクセスできるようにする必要がある、競争の激しい現在の市場において特に重要なことです。

 

12. セキュリティとデータの保護

データの視覚的表現に加えて、ビジネスインテリジェンスソリューションのもうひとつの重要な機能が、データを安全に格納してアクセスすることです。データの収集、フィルタリング、クリーニング、整理は時間がかかり、煩雑な場合があるため、企業にはデータを不正アクセスから保護できるソリューションが必要になります。BIソリューションは、データプライバシーに関する法律に準拠する必要があるため、データセキュリティやコンプライアンスを維持するために必要な認定や保護を備えたビジネスインテリジェンスプラットフォームを選択します。

 

これらの主要な機能がビジネスインテリジェンスプラットフォームに不可欠な理由

従来のデータウェアハウスの構築や維持に非常に高額なコストを費やしている企業もあるでしょう。ビジネスインテリジェンスソリューションは、最終的に費用対効果に優れたデータ管理方法を提供しますが、これは前述の主要な機能を備えている場合に限られます。

Yellowfinは、自動インサイト、自然言語クエリ (NLQ)、自動分析などの拡張アナリティクスツールに加えて、これらの重要なビジネスインテリジェンス機能をすべて提供します。これらのツールは、既存のアプリケーションに組み込むことができ、すべてのレベルのBIユーザーが、問題が深刻になる前に、これを特定して対処するのに役立てることができます。

ただし、Yellowfinからのメッセージだけを考慮するのではなく、Yellowfinのビジネスインテリジェンスプラットフォームをご自身でもお試しいただくことで、既存のアナリティクスエクスペリエンスをどのように変革できるのかをご確認ください。

最新記事一覧

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.