Webサイトのデータ分析とは?抑えておくべき手法と無料ツールも解説

Webサイトのデータ分析とは?抑えておくべき手法と無料ツールも解説

現代のマーケティングにおいて、Webの活用は必要不可欠です。Webを活用するためには、自社のWebサイトのデータを的確に分析し、状況を把握することが大切です。

本記事では、Webサイトのデータ分析の概要や目的、代表的な手法を解説するとともに、無料で使えるツールもご紹介します。これからWebサイトを活用したマーケティング施策を行っていきたい方や、Webサイトからの売上を拡大させていきたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。経由での売上を増加させたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

yellowfin 製品紹介ホワイトペーパーのダウンロード

Webサイトのデータ分析とは

Webサイトのデータ分析とは、Webサイトから得られたアクセス数やコンバージョン率などの数値を確認し、分析することです。Webサイトには、日々多くのユーザーが訪問しており、ユーザーの属性や目的を把握することが大切です。ユーザーの属性や目的を把握した上で、Webサイトを既存ユーザーに最適化することで、Webサイトを購買や成約に繋がることができます。現代では、Webサイトから非常に多くのデータを収集できるため、Webサイトのデータ分析はマーケティングにおいて非常に重要です。

 

Webサイトのデータ分析を行う目的

Webサイトのデータ分析の目的は、業種業態や状況によって大きく異なります。主なWebサイトの目的は下記の3点です。

 

  • Webサイトの現状を把握する
  • 施策を行った際の効果測定
  • 経営層への正確な情報のレポーティング

 

それぞれ順番に解説します。

 

Webサイトの現状を把握する

Webサイトを効果的に改良するためには、Webサイトの現状を正確に把握することが必要不可欠です。現状把握のためには、ユーザーの属性やWebサイト内の行動に関するデータから、ユーザーのニーズを把握し、ニーズに合ったWebサイトに改良することが大切です。Webマーケティングの担当者の中には、PV数やコンバージョン率にばかり目が行ってしまい、ユーザーの属性や流入経路までは把握していない方もいるのではないでしょうか。より多くのユーザーに訪れてもらえるWebサイトにするためにも、必ずWebサイトの現状を把握した上で、改良などの施策を行いましょう。

 

施策を行った際の効果測定

上述のように、Webサイトの現状をもとに行った施策の効果測定も、Webサイトのデータ分析の大きな目的の1つです。Webサイトのデータは常に記録され、一定期間保存されます。そのため、施策を行った前後のデータを比較することで、Webサイトに行った施策の効果測定が行えます。

特にPV数やコンバージョン率に関しては、小さな施策を行うだけでも大きく変化することが珍しくありません。一度にWebサイト内の複数箇所を変更した場合は、どの箇所の影響によるものが多いのかを、さらにデータ分析を行った上で特定すると良いでしょう。

 

経営層への正確な情報のレポーティング

上述したように、Webサイトのデータ分析を行うことで、Webサイトの現状を正確に把握できます。そのため、会社のWeb関連の現状を経営層に正確に共有できます。正確な現状や施策の効果の把握は、適切な判断を行うためには必要不可欠であり、会社の売上増加には非常に大切です。

また、Webサイトから得られたデータを可視化することで、経営層への正確な情報のレポーティングが可能です。下記の記事では、データの可視化について詳しく解説を行っているため、ぜひ本記事と併せてご覧ください。

関連記事:データ分析の可視化に重要なポイントを解説!

 

Webサイトの運営で分析すべきデータ

Webサイトで分析するべきデータ指標は非常に多様です。効率的なWebサイト運用を行うためには、それぞれの指標を網羅的に分析し、施策に繋げる必要があるでしょう。

Webサイトの分析すべき、代表的なデータ指標とそれぞれの意味は下記の通りです。

 

  • PV数:Webサイトのページが見られた数
  • UU(ユニークユーザー)数:新規のWebサイト訪問者の数
  • セッション数:ユーザーがサイトに訪問した数
  • CVR(コンバージョン率):Webサイトに訪問したユーザー全体の中で、成約に繋がったユーザーの割合
  • ユーザー属性:Webサイトを利用している年代や男女比、国籍など

 

これらのデータはすべて、Googleアナリティクスなどで確認が可能な指標です。そして、これらのデータはWebサイトの現状を把握し、次のマーケティング施策を考える上で必要になります。これからWebサイトの運用を始める方は、まずは上記の5つの指標の分析を行いましょう。

 

Webサイトの分析手法3選

ここまで、Webサイト分析の概要や目的について解説しました。Webサイトから得られるデータが多い分、アクセス解析手法も非常に多く、分析手法について悩む方も多いのではないでしょうか。Webサイトの代表的な分析手法は下記の3つです。

 

  • アクセス解析
  • 競合サイト分析
  • ヒートマップ分析

 

それぞれ順番に解説します。

 

アクセス解析

アクセス解析とは、Googleアナリティクスなどを用いて、アクセスしたユーザーやその数を分析する手法のことです。アクセス解析の対象は、PV数やセクション数、ユーザーの属性など実に多様です。これらの指標に対して、クロス分析やアトリビューション分析をかけて、その結果をWebサイトに落とし込むことで、よりユーザーニーズに合ったWebサイトに改良できるでしょう。

また、クロス集計分析やクラスター分析など一般的な分析手法については、下記の記事で詳しく解説しているため、ぜひ併せてご覧ください。

関連記事:データ分析の手順と代表的な分析手法を解説!

 

競合サイト分析

競合サイト分析とは、競合のサイトに関するデータや情報を収集し、分析を行うことです。ビジネスで競合分析を行うように、競合サイトを分析することで、より自社のWebサイトを売上を作るものに仕上げることが可能です。また、ツールを利用することで、競合がどのようなキーワードや経路でユーザーを獲得しているかが分かります。このキーワードや経路上に、自社のターゲットとなるユーザーがいる場合は、自社のサイトにも採用すると良いでしょう。

 

ヒートマップ分析

ヒートマップ分析とは、Webサイトを訪れたユーザーがクリックした場所や、離脱した場所を可視化したデータをもとに行う分析のことです。Webサイトからコンバージョンを得るには、離脱率の低下やボタンの最適化は必須の要件です。ヒートマップ分析を的確に行うことで、コンバージョンに最適化するWebサイトのUIの実装が可能になります。PV数はあるものの、コンバージョン率が低い場合はヒートマップ分析を行った上で、Webサイト改善を行うと良いでしょう。

 

無料で使えるWebサイトデータ分析ツール

ここからは、無料で使える2つのデータ分析ツールを紹介します。Webサイトのデータ分析をこれから始める方は、まずはここで紹介するツールを利用すると良いでしょう。

 

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスとは、Googleから提供されている無料のWebサイトの分析ツールです。PV数やセッション数はもちろんのこと、ユーザーの属性や行動まで幅広いデータを収集し、可視化を行います。Googleアナリティクスは、網羅的に必要なデータを収集し、分析を行うだけではありません。担当者が欲しい情報をまとめて表示するレポート機能があるため、必要な情報だけを抽出して分析することも可能です。

 

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールとは、ユーザーがどのようなキーワードでWebサイトに流入したのかや、検索結果として表示された順位などを確認できる無料のツールのことです。Googleアナリティクスとは異なり、ユーザーがWebサイトにたどり着く前の情報を獲得できます。流入キーワードを確認できるため、ユーザーニーズの理解や自然検索による流入の獲得に非常に有用です。

 

Webサイトのデータ分析でもBIツールが活躍

GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールは、Webサイトのデータ分析に非常に有用なツールですが、専門知識を要するため、経営層がこれらのツールから的確に情報を獲得することは困難でしょう。迅速かつ的確な経営判断を行うには、必要な情報を過不足なく、正確に理解することが大切です。

BIツールでは、Webサイトの中で必要なデータを整理し、可視化した状態でまとめてダッシュボードに表示できます。欲しい情報がひと目で、簡潔に分かるため、迅速かつ的確な経営を進めることに役に立ちます。

関連記事:データ分析ツールを徹底解説!概要・メリット・デメリットから無料・有料ツールまで紹介

 

まとめ

本記事では、Webサイトの分析を行う目的や手法について解説するとともに、無料で使えるツールを紹介しました。現代のマーケティングにおけるWebの活用は必要不可欠であり、的確にWebサイトの分析を行うことを求められます。本記事を参考に、ぜひWebデータの分析をはじめてはいかがでしょうか。

BIツール Yellowfin の紹介資料はこちらから↓

最新記事一覧

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.