データを俯瞰して分析する重要性・メリットや実施のポイントを解説

データを俯瞰して分析する重要性・メリットや実施のポイントを解説

ビッグデータの分析で行う俯瞰分析とは

データを俯瞰して分析することがなぜ重要なのか

俯瞰分析でデータを可視化することにはどのようなメリットがあるのだろう

 

ビッグデータとは、多くの場合単に量が多いだけでなく、様々な種類・形式で、かつ日々膨大に生成・記録されるデータのことを指します。また、俯瞰分析とは、ビッグデータを類似性に基づきクラスタリングした後に可視化することで、複数の情報を横断しながら分析するものです。

この記事では、データを俯瞰して分析する重要性・メリット・ポイントを紹介します。

俯瞰分析でデータを可視化する重要性

ビッグデータは、量が多く、様々な種類・形式でかつ日々膨大に生成・記録されるデータを指します。そのため、そのままの状態ではビッグデータの全体像や特徴を人間の認知能力で把握することは困難です。

しかし、俯瞰分析でビッグデータを類似性に基づきクラスタリングした後に可視化することで、ビッグデータの全体像や特徴を把握しやすくなります。これにより、ビッグデータをビジネスに活用するこ†nとも容易になります。

 

データを俯瞰して分析するメリット

ここでは、俯瞰分析でデータを可視化するメリットを紹介します。

 

  • 問題の原因や対策がいち早く分かって対処できる
  • これから発生することを予想して先手を打てる
  • メンバー同士で共通認識を持てる

 

それでは1つずつ紹介します。

 

問題の原因や対策がいち早く分かって対処できる

俯瞰分析でデータを可視化するメリットの1つ目は、問題の原因や対策がいち早く分かって対処できることです。

ビジネスでは、日々多くの問題に直面します。また、その原因を究明して対策を立案することに時間を取られていては、さらに対応が後手に回ります。

しかし、データを可視化することで、問題が発生した時に原因や取るべき対策がいち早くわかります。また、俯瞰分析で様々な角度から分析できるため、より精度良く問題の原因を究明して、その対策を講じることができるはずです。

 

これから発生することを予想して先手を打てる

俯瞰分析でデータを可視化するメリットの2つ目は、これから発生することを予想して先手を打てることです。

データを可視化することで数字のトレンドが一目でわかるため、着地点の予測がしやすくなります。数字を見るだけではわからない、今まで経験と勘で判断してきた部分についても、様々な角度からデータ分析を行うことで、根拠をもった上で先手を打てます。

このことは、変化が速く不確実性が増えてきて、これまでの常識が通じなくなってきている現代社会では一層有利なことです。

 

メンバー同士で共通認識を持てる

俯瞰分析でデータを可視化するメリットの3つ目は、メンバー同士で共通認識を持てることです。

数字だけでは、人によって注視する部分が異なる、もしくは違った切り口でデータを見てしまうので、共通認識をもてないことも少なくありません。しかし、データを可視化することで、メンバー誰もが直感的に理解でき違った解釈を持つことを防げます。

また、これにより意思の伝達や会議もスムーズに進むことが期待されます。

 

データを俯瞰して分析するポイント

ここでは、データを俯瞰して分析するポイントを紹介します。

 

  • データを可視化する目的を明確にする
  • 可視化するデータの意味を理解する
  • 可視化したデータを客観的に見る

 

それでは1つずつ紹介します。

 

データを可視化する目的を明確にする

ビジネスでデータ分析を行うメリットの1つ目は、データを可視化する目的を明確にすることです。

データを可視化する時には、誰がデータを閲覧するかを念頭に置き、その人がどのようなデータが必要か、どのようにデータを使用したいか考えなければなりません。これにより、過不足なくデータを選んで可視化できます。

例えば、一般者向けにデータを可視化したい時には、専門的な数字はほとんどなくして、図や表のみで直感的にわかりやすく可視化することが重要です。しかし、専門家同士であればわかりやすさだけでなく詳細な数字を求められる時も少なくありません。

 

可視化するデータの意味を理解する

ビジネスでデータ分析を行うメリットの2つ目は、可視化するデータの意味を理解することです。

可視化するそれぞれのデータがもつ意味や、データ間の関係を見出して意味を持たせるには、データの全体像から詳細まで把握している必要があります。

特に、ビッグデータは単に量が多い上に様々な種類・形式で、かつ日々膨大に生成・記録されるので、それぞれのデータがもつ意味や、データ間の関係を見出すことがより重要になります。これができてこそ、相手にとって本当に重要な情報を見つけて可視化できます。

 

可視化したデータを客観的に見る

ビジネスでデータ分析を行うメリットの3つ目は、可視化したデータを客観的に見ることです。

ビッグデータの分析の途中でつまづくことがあっても、過去の経験や勘にとらわれずデータを客観的に見るよう心がけましょう。主観を入れるとどこかで方向性や認識のズレが生じるものです。

なぜなら、データを活用する時に、過去の経験と数字や状況が全く同じことはそうそうないからです。一見近い状況でも、対象者が求める情報とは異なってくることも想定されます。

誤った判断を防ぐには、相手とうまく連携を取りながら可視化したデータを客観的に見ることが大切です。

 

まとめ

この記事では、データを俯瞰して分析する重要性・メリット・ポイントを紹介しました。

ビッグデータは多くの場合単に量が多いだけでなく、様々な種類・形式で、かつ日々膨大に生成・記録されるデータで、従来のデータベース管理システムなどでは記録や保管、解析が難しいとされてきました。そのため、ビッグデータの活用はまだまだ進んでいません。

その分、ビッグデータを使いこなして、特に価値のあるデータを抽出したり、新たなデータ同士の関係性を見出せれば、大きなビジネスチャンスになり得ます。そして、それには俯瞰分析でビッグデータを可視化して全体像や特徴を把握することが重要です。

俯瞰してデータを分析することで自社のビジネスを可視化し、適切な意思決定ができるようにしましょう。

BIツール Yellowfin の紹介資料はこちらから↓

最新記事一覧

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.