ビジネスで必須のデータ分析!重要性・メリット・効果的な進め方を解説

ビジネスで必須のデータ分析!重要性・メリット・効果的な進め方を解説

なぜビジネスでデータ分析を活用すべきなのか

ビジネスでデータ分析を活用するメリットを整理したい

ビジネスにおけるデータ分析の効果的な進め方を確認したい

 

データ分析とは、大量のデータから目的に合ったデータを抽出することです。適切にデータ分析を行うことにより、新たなビジネスチャンスの創出や属人性をなくしたスピーディーな意思決定が可能になります。

この記事では、ビジネスでデータ分析を活用する理由、メリット、ステップを紹介します。

ビジネスでデータ分析を活用すべき理由

昨今、情報システムが発達して大量のデータを取り扱えるようになりました。大規模なデータ群から特に価値の高いデータを抽出して新たな知見を得られれば、新たなビジネスチャンスになり得ます。

しかし、大量のデータが存在しているからこそ、個々のデータの価値は小さくなっています。そのため、自社のビジネスにおいて利用価値の高いデータを抽出するには、データ分析の質や精度を高めることがより重要になっています。

 

ビジネスでデータ分析を行うメリット

ここでは、ビジネスでデータ分析を行うメリットを紹介します。

 

  • 目標と現状とのギャップを知る
  • 未来予測に用いる
  • 意思決定スピードを上げる

 

それでは1つずつ紹介します。

 

目標と現状とのギャップを知る

ビジネスでデータ分析を行うメリットの1つ目は、目標と現状とのギャップを知ることです。

ビジネスにおいては、年間収益などの様々な目標を設定して、その目標を達成できるよう業務を行うものです。また、目標を達成するにはどのような方法をとればいいか、もし目標を達成できなければどのような改善点があるか、検討していかなければなりません。

データ分析を行い、目標と現状を可視化して分析することで、根拠に基づいた正確な対策を打ち出せます。

 

未来予測に用いる

ビジネスでデータ分析を行うメリットの2つ目は、未来予測に用いることです。

ビジネスにおいては、未来の市場や顧客の動向、自社の売上など、ビジネスを取り巻く環境の未来を予測することは重要な要素です。未来予測は難しいことですが、データ分析を用いることで、データに基づき高い精度で予測することが可能となります。

また、高い精度で未来予測を行うことで、より打ち手の精度を高められます。

 

意思決定スピードを上げる

ビジネスでデータ分析を行うメリットの3つ目は、意思決定スピードを上げることです。

長年の経験や勘に頼って意思決定を行うと、属人的でスピード感に欠けることもあります。しかし、データ分析を行って目標と現状を可視化することで、客観的かつスピーディーに意思決定を行うことが可能になります。

例えば、顧客の購買行動を分析することで、顧客のニーズを可視化できます。これにより、スピーディーに売上向上への打ち手を立案して意思決定につなげられることでしょう。

 

ビジネスにデータ分析を活用する5つのステップ

ここでは、ビジネスでデータ分析を活用するステップを紹介します。

 

  • 目標を明確に定める
  • 仮説立てを行う
  • データ分析手法を決める
  • 分析に必要なデータを集める
  • 集めたデータの分析を行う

 

それでは1つずつ紹介します。

 

目標を明確に定める

ビジネスでデータ分析を活用するステップの1つ目は、目標を明確に定めることです。

データ分析自体を目的にするのではなく、ビジネスにおける目標達成のためにデータ分析を行う必要があります。それには、現状とその課題を十分に把握することと、データ分析を行う目的を明確にする必要があります。

それにより目標が明確になり、適切なデータを集めて適切な手法で分析を行うことが可能になります。また、以降のステップにおいても作業を効率的に進められます。

 

仮説立てを行う

ビジネスでデータ分析を活用するステップの2つ目は、仮説立てを行うことです。

現状とその課題を十分に把握すれば、例えば、「商品Aが購入される時には、同時に商品Bも購入されることが多い」など、何かしらの仮説が立てられるはずです。それらの仮説が自社のビジネスで成り立っているか検証することが、データ分析の目的です。

目標だけでなく、仮説もデータ分析を成り立たせるには必要です。1つの仮説が成り立たなかった時には、現状や課題を見直して別の仮説を立ててみましょう。

 

データ分析手法を決める

ビジネスでデータ分析を活用するステップの3つ目は、データ分析手法を決めることです。

達成したい目標や仮説、社内のリソースやすでに収集しているデータの種類によって、取るべきデータ分析手法は変わってきます。また、データ分析手法によって、必要なデータの種類が変わってきます。それらを踏まえて、最適なデータ分析手法を選びましょう。

 

分析に必要なデータを集める

ビジネスでデータ分析を活用するステップの4つ目は、分析に必要なデータを集めることです。

分析には一定以上のサンプル数(データ量)を集める必要があります。普段の業務と併行して、どのデータが必要か整理した上で必要なデータの収集と整理を行なっていきましょう。すでに必要なデータを収集している時には、そのデータを使用しましょう。

 

集めたデータの分析を行う

ビジネスでデータ分析を活用するステップの5つ目は、集めたデータの分析を行うことです。

データ分析を行う前に、収集したデータを分析しやすいよう整理します。データを整理しておくことで、データ分析前にデータ集めのミスや取りこぼしに気づいて、手戻りを防止できます。

データ分析がうまくいかなかった時には、仮説やデータ分析手法の再検討を行います。また、データ分析がどれほど目標達成に役立ったか評価を行うことで、よりその後に繋がります。

 

まとめ

この記事では、ビジネスでデータ分析を活用する理由、メリット、ステップを紹介しました。

昨今、情報システムが発達して大量のデータを取り扱えるようになりましたが、その分個々のデータの価値は小さくなっています。また、データ分析はあくまでも手段です。データ分析しても、データ分析が目的になってビジネスに活用できなければ意味がありません。

データ分析の目標を明確にして、適切に仮説立てを行なった上でデータ分析を行うことで、初めて自社のビジネスに役立つ結果を得られることでしょう。

BIツール Yellowfin の紹介資料はこちらから↓

最新記事一覧

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.