物流のデータ分析が企業の競争力の分かれ目?重要性と活用のポイント・成功事例を解説

物流のデータ分析が企業の競争力の分かれ目?重要性と活用のポイント・成功事例を解説

ヘルスケア分野でのデータ分析とはどういったことなのか

ヘルスケアにおいてデータ分析はどう活用されているんだろうか

ヘルスケアデータの分析事例を知りたい

 

多くの業界においてDX(デジタルトランスフォーメーション)が進む中で、ヘルスケア分野においても、ビッグデータを活用したデータ分析が広まっています。個人の日常生活や医療業界だけではなく、健康経営といった言葉がニュースで度々使われるなど企業における従業員の健康管理も重要な要素になっています。

この記事では、ヘルスケアのデータ分析について基本事項から活用事例の紹介まで幅広く解説をしていきます。

ヘルスケア分野でのデータ分析とは

ヘルスケアデータの分析とは、ヘルスケアに関わる多くのデータを収集・加工する中で、データから有益な示唆を抽出し迅速で正確な意思決定を行うための調査です。

例えば、医師や看護師不足の現場からは過重労働が指摘されており、業務への高い負担が常態化していると言えます。高齢化社会により医療業界の重要性は益々高くなるため、効率的に医療サービスを提供できるようにしていくことが重要だと言えます。

ヘルスケアデータを活用することで、医療機関のコスト削減、業務の改善や患者の治療法やケアの向上などが期待されます。医療には様々な問題や課題がありますが、ヘルスケアデータの分析はこれらの問題の解決の一役を担うでしょう。

 

データ分析とヘルスケア関連事業の動向

食生活やライフスタイルの変化による生活習慣病患者の増加が叫ばれています。患者の生活習慣のビッグデータを分析することで、合併症の発生また再発を抑えるために役立てるといったデータの活用がされています。

また近年、多くの企業がヘルスケアデータの分析して商品開発をしたり、新規事業の創出に取り組んでいます。例えば、個人で医療・介護情報を管理するためのPHR(Personal Health Record)と言う管理システム・アプリケーションが注目されています。

これらのシステムから医療機関のデータと連携することで、通院時に医師・薬剤師から適切な指導を受けることも可能となります。また過疎化している地域での医療や今後さらに需要が高まる在宅医療の推進につながる可能性もあります。

 

ヘルスケアのデータ分析による潜在層へのアプローチ

ヘルスケアデータを適切に活用することで、これまで開拓できなかった潜在顧客層に対してアプローチが可能になります。

例えば、ヘルスケアデータの中で血圧の数値が大きくなっている個人に対して、病気が顕在化する前に予防を促す施策を実施するといったことが可能になります。ヘルスケアのデータ分析を活用することで、病気になってから健康を考えるのではなく、数値の変化から健康でい続けるための改善を早い段階から行うことができます。

 

ヘルスケア領域でデータ分析を上手く活用した5つの事例

ヘルスケア領域でデータ分析を上手く活用した事例を紹介します。

  1. 株式会社ウィズアス
  2. 社会医療法人蘇西厚生会
  3. 株式会社データホライゾン
  4. 株式会社日立製作所
  5. 資生堂ジャパン株式会社

 

それでは1つずつ紹介します。

 

1. 株式会社ウィズアス

ヘルスケア領域でデータ分析を上手く活用した事例の1つ目は、株式会社ウィズアスです。

手首や腕や頭などに装着するウェアブル端末から得られる血圧・脈拍・睡眠時間のデータを収集し分析することで対個人のヘルスケアサービス、対企業の健康経営に関するサービスを提供しています。健康に密接した健康状態によって変動するデータをスポットではなく連続して計測できることでデータの信頼性が上がり、健康状態が低下した場合であっても適切な対処をすることが可能になります。

詳細な健康状態の把握の他、状態が悪くなるとアラートで知らせたり遠く離れた家族であっても情報がキャッチできるようなサービスを展開しています。

参考:株式会社ウィズアス

 

2. 社会医療法人蘇西厚生会

ヘルスケア領域でデータ分析を上手く活用した事例の2つ目は、社会医療法人蘇西厚生会です。

患者情報共有システムは、岐阜県の羽島市・羽島郡において25,000人の患者が登録しており岐阜県内医療圏全域で情報共有ネットワークとして活用されています。これらのデータを分析し開発された岐阜銘菓の鮎まんじゅうでは、大豆粉を使うことで糖質を抑えタンパク質を多く摂取することが可能です。

また、同じく健康増進プログラムも開発され、102人が参加し医師の指導によって68%の人が減量に成功することができました。全員がリタイアせずに続けられるのも患者のニーズにマッチしたサービスであるからと言えます。

参考:社会医療法人蘇西厚生

 

3.株式会社データホライゾン

ヘルスケア領域でデータ分析を上手く活用した事例の3つ目は、株式会社データホライゾンです。

レセプトや特定健診のデータを活用し糖尿病性腎症の重症化予防、多受診の適正化などの保健事業の実施し、データヘルス計画の評価・見直しまでを行なうPDCAサイクルを支援しています。レセプトや医療に関連する情報のデータベースを持っていることを強みに1996年から蓄積した大量のデータから得られる情報の提供をしています。また保険者にもヘルスケアデータ分析が求められるがそのアウトソーシングも引き受けています。

参考:株式会社データホライゾン

 

4. 株式会社日立製作所

ヘルスケア領域でデータ分析を上手く活用した事例の4つ目は、株式会社日立製作所です。

株式会社日立製作所(以下、日立製作所)での医療業界進出は古く1949年からです。医療機器の販売が中心でしたが、近年は、AIやIoT、ビッグデータを活用したサービスを展開しています。特に注目されているのが2018年6月に内閣府から発表された「AIホスピタル」というビッグデータを活用して医療現場の負担を減らす構想に取り組んでいる点で、患者に効率的で効果の高いな医療を提供することを目指しています。

また、ヘルスケアデータを分析することから得られた情報をインプットしたヒューマノイドロボットを開発し、医療従事者と患者の心身の負担を軽減する役割を果たしています。現在は、個々の患者に合った対応ができるロボットを開発しています。

参考:デジタルヘルス 株式会社日立製作所

 

5. 資生堂ジャパン株式会社

ヘルスケア領域でデータ分析を上手く活用した事例の5つ目は、資生堂ジャパン株式会社です。

これまで蓄積した大量のデータ分析を行なうことで、高齢者の潜在欲求に着目し、新たに全国10万施設にいる高齢層に対して化粧療法、また化粧療法を指導する講座などの展開をしています。店頭には来ない層に直接会いに行って化粧療法を伝えることで、自分への自信や生活意欲を引き出すことにつなげています。

参考:身だしなみで健康寿命延伸に 「化粧療法」を研究する資生堂・池山和幸さんの取り組み

 

まとめ

この記事では、ヘルスケアのデータ分析について基本事項から活用事例の紹介まで幅広く解説をしてきました。健康に対するニーズがなくなる事はありませんし、従前からの高齢化や新型コロナウイルス感染症の拡大といった社会背景の元、今後もヘルスケア領域は社会を支える重要なセクターです。ヘルスケア領域においてのデータ活用は、限られたリソースをうまく活用したり予防医療を促進して重症化のリスクを低減につなげるなど、大きな役割が期待されます。

BIツール Yellowfin の紹介資料はこちらから↓

最新記事一覧

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.