経理におけるデータ分析とは?企業の利益に貢献するための活用方法も解説

経理におけるデータ分析とは?企業の利益に貢献するための活用方法も解説

経理でのデータ分析はなぜ重要なのか

経理のデータ分析を企業に活用した場合の効果を知りたい

経理のデータ分析にBIツールを活かすことは可能か

 

これまでの経理担当者の仕事は、企業の中で動いているお金の流れを把握しながら必要な手続きを行なうという、お金の管理がメインでした。しかし近年では、経理のデータ分析から得られた情報をスピーディーに経営の意思決定に活かすことで、利益増加に結びつける企業も増えています。経理に求められる役割の重要性は改めて高まっています。

この記事では、経理のデータ分析の重要性、企業においてデータ分析を活用した場合の効果、またBIツールが経理のデータ分析の中で活躍できる分野について紹介します。

経理データ分析の重要性

企業活動を行なう上で重要なのは、やはり利益の増加です。そのために様々な戦略を立案し実行しますが、経理部門に求められることの1つとして経費削減の方法を考えることがあり、重要視されてきました。

DX(デジタルトランスフォーメーション)の時代に入り、経理部門においてもデータ分析を行ない経営の意思決定に貢献できるデータの抽出をすることが期待されています。今まさに「経費の削減」から「経費の適正化」への対応が経理部門には求められていると言えます。

経費の適正化の1つが経費の削減ですが、これからの経理は企業のお金の動きを分析し経費が適切に使用されていることを管理しながら、企業が投資すると良い分野を見極め意思決定が促せるようなデータを出すことが重要です。また、経理部門のデータ分析から得られた結果から経理発信で社内全体にお金の内容だけに止まらない改善を提案するも可能になります。

 

経理においてデータ分析を活用する効果

経理においてデータ分析を活用する3つの効果について紹介します。

・コスト分析から経営の意思決定が可能

・業務効率化の推進

・データの蓄積と活用

それでは1つずつ紹介します。

 

コスト分析から経営の意思決定が可能

経理においてデータ分析を活用する効果の1つ目は、コスト分析から経営の意思決定が可能なことです。経理という言葉は元々「経営管理」を省略した言葉であり、お金の流れを把握して記帳する役割はほんの一部であると言えます。

経理に本来求められている役割は経営資源である人・物・金を管理し、企業が目指す方向において最適な方法での経営資源の活用を検討することです。会計データからは設備投資の状況利益などの情報を提供ができ、また顧客分析をすることで経営に最も利益をもたらすグループの特定が可能です。財務会計データからは融資決定が可能です。企業の中枢とも言えるお金の流れをデータ分析することで、意思決定に貢献することができます。

 

業務効率化の推進

経理においてデータ分析を活用する効果の2つ目は、業務効率化の推進です。

データ分析の導入のためにもまずは、単純作業を自動化することが大切です。経費の精算や請求書の処理等、システムまたは外部に任せても良いでしょう。また、データ分析を行なうにあたって、集計のために様々なデータをかき集めて入力や加工などの作業を手作業で行っていては、データの集計が目的となってしまうため本末転倒とも言えます。

社内外からのデータが集中する経理のデータ分析では、大量のデータ処理を得意とするBIツールを導入することでさらにの集計業務が効率化します。

 

データの蓄積と活用

経理においてデータ分析を活用する効果の3つ目は、データの蓄積と活用ことです。

経理でデータ分析を行なう場合、現時点での会社の経営状況がわかるデータと合わせて過去のデータを分析することによって、精度の高い仮説を立てることが可能となりそれに基づいた的確な対策を取ることが可能になります。

会社の経営状況を表す財務諸表のうち損益計算書からは、費用の内訳を見ることができますが、増加傾向なのか減少傾向なのか、また急激に増加しているものがある場合その原因をデータ分析で即座に検討に入ることができます。

問題が起こった時にすぐに原因究明ができるように、詳細なデータを蓄積しておく環境を整えておくことが重要です。

 

経理のデータ分析でBIツールが活躍する分野

経理データ分析でBIツールが活躍する分野を紹介します。

・原価・経費の分析

・会計の管理

・決算処理と報告書の作成

それでは1つずつ見ていきます。

 

原価・経費の分析

経理データ分析でBIツールが活躍する分野の1つ目は、原価・経費の分析です。

拠点ごとに定める標準コストと実際のコストの差異を確認することで、問題の所在を可視化することが可能です。

さらにデータ分析にBIツールを活用することで、費用面から定めた目標値に対するKPIの達成率を割り出すことも可能です。高い制度の経費情報をタイムリーに把握することができることから、経費削減や経費の適正化の対策がより正確に立てられるようになります。

 

会計の管理

経理データ分析でBIツールが活躍する分野の2つ目は、会計の管理です。

経理でデータ分析では、入力の自動化は避けられないと言え、蓄積を行なう場合に伝票を手入力していると、ミスや仕分けに時間が取られデータ分析に必要なだけの大量のデータの蓄積は困難と言えます。

会計管理システムによる自動化を行ない、部門やプロジェクトや事業、取引先や拠点別など蓄積されていくデータBIツールによって組み合わ分析することで、より迅速かつ正確に経営戦略に活かすことができる会計の管理が可能です。

 

決算処理と報告書の作成

経理データ分析でBIツールが活躍する分野の3つ目は、決算処理と報告書の作成です。

BIツールを導入することで各種帳票へリアルタイムにデータ照会・抽出ができると同時に、スムーズな決算処理が可能になります。

膨大なデータ量に対しても常に最新の結果にアクセスでき、データを紙面に移すことなく画面上で完結することが可能です。また最新の経理関連の資料瞬時に出力することが可能なことから、これまで報告書を作成する際に行っていたExcelでのデータの加工などの業務を削減できるとも言えます。

 

まとめ

この記事では、経理のデータ分析の重要性、企業においてデータ分析を活用した場合の効果、また、BIツールが経理のデータ分析の中で活躍できる分野について紹介しました。経理にデータ分析を導入することで、会社の中枢とも言える重要なデータから経営の意思決定が可能になりますが、そのためにはまず経理業務の効率化を進めることが重要です。

BIツールの導入は経理業務の効率化を進める1つの手段となるため、検討することをお勧めします。自動化されることで経理担当者はデータ分析に時間を投じることができることからより深い分析になることが期待できます。

BIツール Yellowfin の紹介資料はこちらから↓

最新記事一覧

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.