BIソリューションの導入前に知っておくべき知識を解説

BIソリューションの導入前に知っておくべき知識を解説

  • BIソリューションってどういうものなんだろう
  • BIソリューションにはどういう機能があるの
  • BIソリューションのメリット・デメリットを把握しておきたい

 

BIソリューションという言葉を知っていても、具体的にどういったものかまではわからないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、グローバルで多数の企業に採用されるBIを展開するYellowfinが、BIソリューションについて徹底的に解説をしていきます。

BIソリューションとは

まずは、BIソリューションの概要から解説していきます。

BIソリューションの概要

BIソリューションとは、企業内外のシステムに蓄積されている膨大なデータ(ビッグデータ)を、誰でも簡単に分析可能な形に、加工・表示するためのビジネス・インテリジェンスと呼ばれる企業向けシステムのことです。

複雑にデータが管理されているシステムにおいても、利用者が知りたい情報を抽出し、レポートやグラフにまとめることで、だれでも分かりやすい形に可視化する機能を実現しているからです。

これにより、普段システムに直接触れることのない経営層やスタッフも、BIソリューションを通して、容易にデータを扱えるようになります。

例えば、経営計画や企業戦略などに、データを活用することの短時間で実現可能です。
BIソリューションでは、現行のシステムに入った膨大な情報を、社員それぞれにとって、必要な情報のみを抽出し、業務や意思決定に役立つ情報に加工することを目指しています。

 

ビジネスインテリジェンスの4つの機能

ビジネスインテリジェンスには、4つの機能が存在します。

  • レポーティング(ダッシュボード)機能
  • OLAP分析(オンライン分析処理)機能
  • データマイニング機能
  • プランニング(シミュレーション機能)機能

 

4つの機能それぞれ活用することで、社内における部門間を連携し、情報共有を図り、組織を活性化することにつながります。

例えば、営業が管理しているシステムに蓄積されているデータから、販売エリアや売り上げの高い商品の特色を確認し、商品開発に活かすなど、幅広い部門や業務で活用することが期待できます。

 

・レポーティング(ダッシュボード)機能
BIの代表的で、非常に役に立つ機能が、レポーティング機能です。

レポーティング機能とは、システムに格納されているデータを、必要なタイミングで取り出し、経営者やマネージャーが見やすいように表示する機能です。

「ダッシュボード」等にまとめて共有もできます。

企業活動における幅広いデータを可視化することで、必要な時に、必要なデータを各担当者と共有します。

レポーティング機能から、企業目標の達成度を評価する、重要業績評価指標KPI(key performance indicator))を使うことで、現況や進捗の把握、「異常の感知」や、問題解決や活動の改善点を検討するための意思決定を効率的に行うことができます。

 

・OLAP分析(オンライン分析処理)機能
OLAPとは「Online Analytical Processing」の略であり、(オンライン分析処理のことを指します。

蓄積されたデータをさまざまな視点で解析して問題の要因を深堀することで、解決策の発見、経営意思の決定に役立てます。

OLAPの分析手法として、「スライシング」「ドリルダウン」など、要因を深掘り・特定する処理機能があります。

BIソリューションと掛け合わせることで、「インメモリ」という高速処理技術を活用し、2つの処理を画面上でスピーディーに行うことが可能です。

 

・データマイニング機能
データマイニングとは、有効な型や傾向を把握するために大切な分析手法です。経営やマーケティングを行う上で欠かせない機能です。

データマイニングでは、蓄積されたシステムのデータに対し、統計的な処理を行います。
具体的な手法は、クロス分析、相関分析、回帰分析があります。

これら3つの分析方法を使って、膨大なデータを統計的に処理分析し、その中からパターンや法則性を導き出します。これにより、問題解決の対処方法を得ることができます。

 

・プランニング(シミュレーション機能)機能
プランニング機能は、過去実績のデータをもとにシミュレーションします。

予算編成など、予算計画を立てるために主に用いるなど、経営層にとってとても役立つ機能です。

「What-if分析」などを使い、条件の変化によって売上や利益がどのように変化するのかをシミュレーションすることができます。

会社の販売実績や為替、市場の需要の予測を行ったうえで予実計画を具体的かつ確実なものにする際に活用されます。

BIソリューションの目的

次にBIソリューションの目的について解説をしていきます。

 

経営層の意思決定と精度を飛躍的に向上させる

BIソリューションによって、経営に関わる経営層の意思決定を迅速化し、精度を上げることができます。

なぜなら、経営層でも簡単に操作することで必要なデータの取得・分析をすぐに行えるようになるからです。

これまでは、経営意思決定に必要な情報の分析を、専門家に依頼することもあり、データの分析、意思決定に時間を要していました。

BIソリューションを導入することで、専門家への依頼をなくすことができ、自分たちが直接データを触ることができるため、必要最小限の人数で意思決定を行うことができます。

経営層の意思決定のスピードと精度が格段にあがります。

 

分析結果から現状の問題点を瞬時に判明できる

BIソリューションでデータ分析を行えば、現状隠れていて、当事者が気付けない問題点を即座に洗い出すことができます。

例えば、以下のような問題点が瞬時にわかります。

  • 営業部門において、売上データからわかる問題点
  • 顧客サポートにおいて、顧客からの評価からわかる問題点
  • 予算管理における問題点

 

BIツールは、システムに詳しくない社員誰でも簡単に操作できるため、利用者が知りたい情報をすぐに分析することができます。

 

経営戦略にかかる余計な時間を削減する

これまで経営戦略にかかっていた余計な時間・コストを削ることが可能です。

例えば、経営戦略を行うたびに、コンサルティング会社に依頼し、企業内の最新のデータを分析して、必要な対策を提示してもらうような手間もなくなります。

例えば、システムに格納されている情報を、csvデータ落として、Excelで加工、集計をしていた予実分析作業を短時間で行えます。

BIソリューションの機能を使えば、例えば下記を自動的に行えます。

・前年度売上データの比較
・商品番号での紐付け
・販売数や売上金額を共通の番号等で紐づけて、部門を超えた担当者への共有

BIソリューションでは、余計な手間を省いて効率的に経営戦略を行うことが可能になります。

biソリューションのメリット

それでは、次にBIソリューションのメリットについて以下の3点を解説をしたいと思います。

・データの一元化が可能である
・現場を可視化して問題を発掘できる
・課題の早期発見と迅速な対応ができる

それでは、それぞれを解説していきます。

 

データの一元化が可能である

メリットの1つ目は、データの一元化が可能であるということです。

BIソリューションでは、データの一元化が容易に行えます。複数のシステム上に管理されている中から、必要なデータを簡単に取り出すことができるためです。

企業のデータは複数のシステムに散在していることが多く、手動で集約するには、非常に時間を要します。作業も複雑です。

例えば、各システムのデータを連携するためには、これまでは共通フォーマットであるcsv等のデータ形式に変換し、Excel等を使って人が見やすい形に加工していました。

BIソリューションでは、専用のツールを使うことで、人の手を経由することなく各システム間の連携を容易に行えます。

データを一元化することで、経営資源を一括で管理し、横断的な活用が可能になります。

 

現場を可視化して問題を発掘できる

メリットの2つ目は、現場を可視化して問題を発掘できるということです。

各部署の現状を容易に可視化し、人が見落としがちな問題点を発掘することも可能です。
専用ツールを扱うことで、統計解析手法を手軽に使いこなせるからです。

例えば、製造現場の現状を可視化することで、不良品の数を性格に把握できる、という点が挙げられます。

これにより、メンバーはデータの分析に時間を要することなく、問題への対策立案の会議に注力でき、組織間の連携もスムーズになります。

 

課題の早期発見と迅速な対応ができる

メリットの3つ目は、課題の早期発見と迅速な対応ができるということです。

BIツールによって社内に潜在している課題を早期発見することができます。

ツールなしでは、担当者が複雑なシステムから手動でデータを抽出しExcelで加工するなど、多大な労力が必要になります。また、会議自体が複雑な数字を解読することに時間を要してしまい、本来の目的である意思決定が円滑に進まないという組織の課題も発生します。

BIツールを使えば、過去のデータを簡単に取り出すことはもちろん、収益の変化を予測し、今後の市場の機会とリスクを把握することが可能です。

経営課題はもちろん、製造現場、建設現場など、現場に寄り添った問題点の発掘にもつながります。

BIソリューションのデメリット

逆に、BIソリューションにどんなデメリットがあるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。

デメリットして、以下の点について解説をします。

  • 目的がはっきりしていないと選定が難しい
  • コストが発生する

 

それぞれを解説します

 

目的がはっきりしていないと選定が難しい

デメリットの1つ目は、目的がはっきりしていないと選定が難しいということです。

BIツールは、目的によっては選定が困難な場合もあります。

「業務を効率化したい」
「経営層の意思決定を迅速にしたい」

などと、はっきりとした目的を持たないまま選定をしてしまう企業が多いのが原因です。

そのため、どのツールにするか結局決められない、導入しても思うように活用できない、ということも出てきます。

スムーズにソリューションを選定するためには、どのシステムを使って、どのデータを分析するのか、どのような問題を見出したいのか、何を改善したいのか、目的をはっきりさせておくことが重要です。

 

コストが発生する

デメリットの2つ目は、コストが発生するということです。

当社製品のYellowfinを始め、Microsoft Power BI ソリューションなど、一般的にBIソリューションは有料で提供をされていあmす。

ただし、BIソリューションに関わらず、どういった業務システムでも導入するためには一定の費用は発生するものです。

利用する人数や部署をあらかじめ把握しておくこと、ライセンス構成やスペックなど、用途にあった構成を事前にきちんと考えることで必要最低限の費用に抑えることができます。

まとめ

本記事では、BIソリューションについて解説をしました。

BIソリューションを活用することで、企業内に蓄積されたデータを活かし、経営判断に役立てることができます。

データを簡単に把握・分析可能にするソリューションとして、数多くの企業が経営計画や企業戦略などに活用しています。

自社の状況に照らしわせて、BIソリューションの検討を進めましょう。

YellowfinのBIツールにご興味がある方は、下記より資料請求をお願いします。

Yellowfinでは無料評価版のリクエストも受け付けています。ご希望の方は下記よりお問い合わせください。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.