【2020年最新】OLAP分析(多次元分析)の現状とBIツール活用まとめ

【2020年最新】OLAP分析(多次元分析)の現状とBIツール活用まとめ

 以前は、「OLAP分析(多次元分析)」というワードが分析ツール関連の商談や媒体などではよくきかれましたが、2020年現在、以前のように「OLAP」というキーワード自体、使われることが少なくなってきました。理由としては、データベースやBIツールの急速な高性能化により、わざわざ特殊なデータを準備する必要性がなくなったために、システムとして「OLAP」を意識する必要がなくなったことがあげられます。

一方でデータの分析手法としてはOLAP分析の手法はBIツールの機能として現在も残っていて、収集したデータを元にユーザーが要求した分析の処理をリアルタイムで行います。

例えばBIツールに搭載されたOLAP分析機能は、データを詳細に掘り下げるドリルダウンやスライシングなどです。またはスライシングで作成した2次元の票の軸を入れ替えて、集計軸の異なるさまざまな表を作成するダイシングなどです。

高性能化した現在のBIツールの中には、これらをストレスなく素早く処理することが可能なツールがでてきました。Yellowfinもその中のひとつです。

 


OLAP分析とは?OLAPの現状

OLAPとはOn Line Analytical Processingの略です。日本語では「オンライン分析処理」です。データベースに集積された大量データから、多次元的な集計・分析を行い、素早く結果を返すという仕組みやソフトウェアの総称で、リアルタイムに素早く結果を返すことができます。

また、OLAPキューブとは、このOLAP(Online Analytical Processing)にて実行するために作成される、多次元的なデータ参照モデルのことです。

OLAP分析とDWHやOLTPとの関係性や違いについての記事はこちらに詳しく書いてありますのでチェックしてみてください。

OLAP分析とは?DWHやOLTPとの違いを理解し、BIツールの活用を!

 

OLAP機能も搭載!最新のBIツールとは?

BIツールとは「ビジネスインテリジェンスツール」の略で、企業に蓄積された大量のデータを集めて分析し、企業の意思決定のために活用するツールです。

BIツールで出来ることや使い方はこちら

経営管理や売上のシミュレーションなどの他、工場などでの生産管理、IoTなどでBIツールは利用されています。

YellowfinのBIツール活用事例についてはこちら

 

BIツールの主な役割とは

データの可視化:

これは、大量のデータをまずはダッシュボードなどで分析できるような環境と整え、ビジネスの全体像を把握することができるようになります。

仮説をたてて検証する:

これは多くのデータを多角的に分析して、トライアンドエラーを繰り返すことでビジネスをよりよい方向にもっていくことができます。

課題を発見:

データの中の法則性や関連性を分析をすることで発見し、課題やポジティブポイントなどを見つけ出すことができます。

予測:

これまで蓄積したデータを分析することにより、今後起こりうることを予測し、ビジネスの意思決定のための材料とすることができます。

BIツールの使い方と機能についての記事はこちら

Yellowfin Financial Case Study

一昔前までは、専門知識をもつ人だけが企業でデータの分析を行っていました。しかし、現在はBIツールを活用することで専門スキルをもたない一般の社員でも必要なデータを分析することができるようになっています。

現在は、複数にデータが点在し、それらを一つ一つ分析する必要はなく、BIツールをつかうことで1箇所に集めて分析できるので、より高度な分析が可能です。また、リアルタイムでの分析の他、あらゆるデータを連携させながら分析し、意思決定に即座に役立てることができます。

 

自動データディスカバリー

そして、最新のBIツールの現状として注目すべきは、自動データディスカバリー機能です。
Yellowfin独自の強力な自動データディスカバリー機能は、専門の分析スキルを持っていなくても、ユーザーがBIツールを通じてかんたんにデータからインサイトの発見をするのを後押しします。

自動データディスカバリー機能についてはこちらでも詳しくご説明しています。

従来のダッシュボードは、データをモニタリングすることはできても、データディスカバリーに対応しているとは言えませんでした。なので、ユーザーは、自らデータを確認し、自分自身で再度分析する必要がありました。これは、すべてのユーザーにできる簡単なことではありません。データを手作業で掘り下げるためのスキルや時間を必要とする作業です。

しかし、Yellowfinの最新のBIは、独自の最新自動分析機能を搭載しているため、機械学習と高度なアルゴリズムを適用することで、ユーザーのスキルに頼るのではなく、ビジネスデータの重要な変化を自動で検知し通知することが可能です。

BIツールを導入して、データをモニタリングするだけでは、ビジネスの課題をいち早く解決することはできません。その分析されたデータをもとに、素早くインサイトを引き出し、将来を予測し、ビジネスの発展に繋げられてこそ分析ツールを使うメリットがあるのです。

Yellowfin BIの自動化のテクノロジーは今後も機能強化を予定しており、今後、ユーザーが手動でデータを掘り下げるために時間を無駄にしたり、重要な変化を見逃す心配はなくなります。

 

まとめ

大量の蓄積したデータを分析し、そこからインサイトを得るためには、これまでのユーザーの経験や勘だけに頼っていては時代の変化に追いつけなくなってきました。競争力を高めるためには、データから課題や注目すべきポイントを素早く導きだし、ビジネスに活かす必要があるのです。そのためには、自動化のテクノロジーは欠かせません。

データディスカバリー機能を搭載していないBIを今も導入している企業は、逆説的に言えば、リスクを抱えているとも言えます。

Yellowfinでは、データディスカバリー機能を含めた製品導入のご説明をウェビナーもしくは個別デモという形でご提供します。下記よりお問い合わせください。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.