データ分析・可視化ツールの効果的な活用方法とは?

データ分析・可視化ツールの効果的な活用方法とは?

データ分析・可視化ツールとして一番馴染みが深いのはExcelの活用です。しかしながら、Excelにはできることとできないことがあります。BIツールを活用することで膨大なデータを瞬時に処理することができます。データ分析・可視化を行うための準備を進めましょう。

データ活用の必要性

近年、スマートフォンやタブレット端末のような高機能端末が普及しています。また、画像・動画・音声など、様々な種類のデータを集められるようになってきています。さらにデータの種類が増えていることにより、事業はかなり複雑になっています。

また、AIの進歩も急速に進んでいます。AIの進歩によって、画像認識や音声認識ができるようになったり、自動車の自動運転が可能になったりと、様々なことが可能になっています。これまでは人間が解決していたことや人間では解決できなかったことがAIで実現できるようになり、人間の手が不要になる部分も増えてきています。

こういった状況下で重要となるのは、複雑に絡まり合った膨大なデータから現状や課題を適切に把握し、事業を成長させるための次の一手を打つことにあります。そういった意味でも、データ活用は非常に重要であると言えます。

データの分析・可視化を得意とするBIツール

データ活用の重要性が高まっている中で注目されているのが、データ活用を支援してくれるBIツールです。

BI(Business Intelligence)ツールとは、「ビジネスインテリジェンス」の略で、膨大で複雑なデータを処理・分析し、その結果を可視化し事業の成長のための意思決定を支援するためのツールです。

データの処理や分析という観点では、「Excelと同じなのでは?」と感じる人もいるかと思います。BIツールとExcelとの大きな違いとしては、膨大なデータを瞬時に処理できるかどうかという点です。

Excelで多くのデータを処理しようとした時に、データの処理にかなり時間がかかったという経験がある人も少なくないと思います。膨大なデータの処理を瞬時に行うことができるのが、BIツールの強みの一つです。

BIツールでどのようなデータを分析できる?

データ分析を行うことのできるBIツールですが、具体的にどのような場面でデータ分析ができるかを紹介します。

経営数字の分析

会社や事業全体の数字などの経営数字の状況を把握することは非常に重要です。しかし、正しいデータを作成するための処理が複雑なため、データの可視化を敬遠されるケースも少なくありません。また、手作業による人為的なデータのミスが起こるということもあります。

BIツールの活用で、経営数字を常に最新の状態に更新することができますし、ミスも削減できます。

また、ミスを削減できるだけでなく、様々な分析機能を用いることで経営数字を多角的に分析できます。適切な意思決定を行うためにも、BIツールは経営に欠かせないと言えるでしょう。

マーケティング部門でのデータ分析

マーケティングに関わる数字は非常に多いです。マーケティング部門でのデータ活用の例としては、市場調査の結果分析やWebマーケティングでの効果測定、ターゲットユーザーの分析など、非常に多くのシーンで活用ができます。

例えばマーケティング施策を行う上でのターゲットとなるユーザー属性を明らかにするために様々なデータを収集し、分析する必要があります。BIツールの各種分析機能を活用することで、これまで見つけられなかった相関性や関係性が見つかるということもあります。様々な観点からのデータ分析ができるようになることが、飛躍的に成果を伸ばすための大きな助けとなります。

営業部門でのデータ分析

営業現場では、「経験則に基づいた営業戦略しか立てられない。」や「各メンバーの営業数字に影響している数字が不明瞭。」といった悩みを抱えているケースがよくあります。このような課題に対してもBIツールによるデータ分析で解決することができます。

データを一元管理し多角的な分析を行うことで、各メンバーがどのような要因で成果を出すことができているのかを把握することが可能になります。また、過去のデータを元にした営業戦略も立てられるようになります。

BIツールでどのようにデータを可視化する?

ここまで、BIツールを活用してどのような場面・部門でデータ分析を活用することができるかについて紹介してきました。

次にBIツールを活用したデータの可視化について紹介します。

レポーティング

BIツールにはレポーティング機能があります。レポーティング機能とはその名の通りレポートを作成するための機能です。レポーティング機能を活用することで、時間のかかっていたレポートの作成時間を大幅に削減することができます。さらに、OLAP分析機能も用いることで、リアルタイムでのデータの更新も可能になるので、常に最新データのレポートを作成することができます。

単なる工数削減ではなく、データを元にした意思決定のためにより多くの時間を使うことができるようになります。

ダッシュボードとしての可視化も

またダッシュボード機能の活用でもデータを可視化することができます。ダッシュボード機能を活用することでリアルタイムで常に確認したいデータを可視化することができます。また、ダッシュボード機能に、フィルタリング機能やアラート通知機能も併せて活用することで、見たい範囲でのデータをすぐに見られたり、データに異常があった時にすぐに気づいたりできるようになります。

まとめ

データ分析を行うための代表的なツールの一つがBIツールです。BIツールを活用することで、データの組み合わせ・加工・分析・可視化を効率的に行うことができるようになります。データ分析にも様々な分析機能があるので、事業の現状把握や課題の発見を支援してくれます。

BIツールを自社で活用できるかどうかを確認するために、必要な情報を自動で分析・検出し共有できる次世代型BIツールの無料評価版を試すことができます。

自社での活用イメージを湧かせるためにまずは試してみましょう。

以下のリンクから無料評価版の申し込みが可能です。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.