データ可視化ツールを活用すると何ができるようになる?

データ可視化ツールを活用すると何ができるようになる?

データ可視化ツールを活用することで、ダッシュボードの作成やレポートの作成にかかっていた工数を削減することができます。さらにBIツールを活用することでデータの成形やデータ分析も行うことができるようになるので、工数削減だけでなく売上向上にも繋げられるようになります。

データ可視化ツールとは?

データ可視化ツールとは、その名の通りでデータを可視化するためのツールのことで、データ集計や分析した結果を直感的に確認することができるようにすることが目的です。

データを可視化することで、関係するメンバー全員の共通認識を取ることができるので、結果的に迅速な意思決定を支援することができます。

そんなデータ可視化ツールですが、データの可視化には大きく分けて2種類の方法があります。

ダッシュボード

まず一つ目はダッシュボードとしての活用です。ダッシュボードとは、簡単に説明するとデータを表示するための管理画面のことです。

ビジネスシーンでのダッシュボードの活用方法としては、常に可視化してチェックしておきたい重要KPIを表示したり、何か重大な問題や障害が起こっていないかを表示したり、アラートを出したりするために活用します。

レポーティング

次にレポーティングについてですが、レポーティングはその名の通りレポー化することです。レポート化する対象としては、データ分析を行なった結果を表やグラフにまとめ、会議資料や営業資料などに活用するために利用されます。

データを可視化することによるメリット

データの可視化にはいくつかの種類がありますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは代表的な3つのメリットを紹介します。

現状把握のための工数を削減できる

特にダッシュボードを活用した場合ですが、常にリアルタイムのデータを把握することができます。仕事をしている中で、現状把握のためのデータ集計・加工・分析・可視化に多くの時間を要しているという方も少なくないかと思います。さらにデータの可視化までに多くの時間を費やすため、ついつい作業自体を後回しにし、現状把握をリアルタイムで行うことができなかったというケースも少なくありません。ダッシュボードをはじめとしたデータの可視化により、常に最新のデータを確認することができるため、データを可視化し現状を把握するための工数を大幅に削減することができます。

課題をいち早く発見できる

常に最新のデータが可視化されていると、何が課題かをいち早く発見することができるようになります。さらに、データが可視化されていれば、今抱えている課題が何かを洗い出すこともできます。課題の発見が早まるので、意思決定に対してより多くの時間を割くことができるようになるだけでなく、結果的に意思決定の質をあげることも可能になります。

障害などが発生した場合にも瞬時に気づける

ダッシュボードはビジネス全体や事業数字の健康診断のような役割で利用されることもあります。常に問題がないかを確認し、問題があった場合にはアラートを出すこともできるので、事業に対して重大な問題や障害が起こった時に瞬時に気づき、適切な対応を取ることができます。自社のソフトウェアやサービスに起こる障害は顧客満足度に大きく関わるので、異常に瞬時に気づくことができるというのは大きなメリットだと考えられます。

データ可視化を実現するBIツール

データの可視化はビジネスにおいて非常に重要です。しかし、あまり必要でないデータを可視化することは意味がないと言っても過言ではありません。そこで活躍するのはBIツールです。

BIツールはビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)ツールの略で、社内で利用できるあらゆるデータを集計・整形・加工・分析し、その結果を可視化することを得意としているツールです。BIツールを活用することで、データの可視化だけではなく、データの準備から様々な分析など、多くのことができるようになります。

BIツールでできること

では、そんなBIツールではデータの可視化以外にどんなことができるのでしょうか。ここでは代表的な3つの機能を紹介します。

OLAP分析

OLAP分析とは多次元分析機能とも呼ばれるもので、「Online Analytical Processing」を略したものになります。

日々、蓄積されていく膨大なデータを複数の角度から分析し、現状の確認や仮説の検証へと活かすことができるものとなります。

データマイニング

データマイニング機能は仮説を設定せず、あくまでもデータそのものの中から関係性を見つけ、気付かなかった法則性などを探す方法です。

データマイニングを行うと新たな気付きを得られるので、見えていなかった課題やビジネスチャンスなどを逃さずに企業運営ができます。

プランニング

データを分析することで、現状の把握や課題などの気づきを得ることはできるかもしれません(過去と現在)。ただし、今後(未来)については手元にある分析結果だけでは分かりません。

そのような時にシミュレーション機能を活用すると、過去のデータを元に未来予測まで行ってくれます。裏付けの無い仮説ではなく、あくまでも過去の実績を元にシミュレーションを行っているので、再現性も高い予測のため、経営者や事業責任者などの意思決定を行う人に対する強力なサポートとなります。

まとめ

データの可視化は、サービスを滞りなく提供したり、事業を成長させていくためには必要不可欠とも言えます。しかし、データの可視化を行うだけはなく、事業の成長に寄与するKPIを理解し、必要なデータを可視化できるようにするための準備も重要です。しっかりと自社で必要とされているデータを理解し、可視化して事業を成長させるための準備を進めましょう。

BIツールを自社で活用できるかどうかを確認するために、必要な情報を自動で分析・検出し共有できる次世代型BIツールの無料評価版を試すことができます。

自社での活用イメージを湧かせるためにまずは試してみましょう。

以下のリンクから無料評価版の申し込みが可能です。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.