BIツールはExcelと具体的に何が違うのかを解説!

BIツールはExcelと具体的に何が違うのかを解説!

BIツールは膨大なデータを組み合わせ、加工、分析し、経営判断や営業部門などでの意思決定にために活用されます。データ分析という観点だけで考えるとExcelでも表やグラフを作成することができますが、BIツールとExcelはどのような点で異なるのかをこの記事では具体的に紹介します。

BIツールについて簡単におさらい

まずは、BIツールがどのようなものかについて簡単におさらいしていきたいと思います。BIとはビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)ツールの略で、企業内で蓄積されている様々な種類のデータを多次元的に分析・可視化し、事業の成長につなげるためのツールです。

収集できるデータの量や幅が年々広がっていることにより、収集したデータをいち早くビジネスに活かすことが重要となっています。BIツールを活用することで、事業の現状把握だけでなく、課題の抽出、改善点の洗い出しを行うことができるようになります。

また、集めたデータを分析し、経営判断に活用したり、事業計画の策定を行ったり、過去のデータの傾向から未来予測を行ったりと、様々なシーンで活用されています。

Excelでできるデータ分析

BIツールは大量のデータを加工、分析、可視化することができますが、Excelの活用でもデータ分析を行うことが可能です。では、Excelを活用することで具体的にどのようなデータ分析を行うことができるのでしょうか。

ここでは代表的な3つの分析機能を紹介します。

相関分析

まず、相関分析は、収集した2つのデータ間における関係性の強さ(相関係数)を計算し、数値化する分析のことです。相関係数は-1〜1の間の数字で表現され、1に近づけば近づくほど正の相関が強いことを表し、-1に近づけば近づくほど負の相関が強いことを表します。そして0に近いほど相関がないということを表します。

具体的な活用シーンとしては、営業現場における営業メンバーの人数と受注数に相関があるかを調べたり、マーケティング部門では、ユーザー当たりの購買回数と平均購買単価に相関があるかを調べたりするときに活用できます。

予実分析

予実分析とは、予算実績分析の略で、売上や利益などの予算と実績に対して、様々な観点から予実分析を行う手法です。予実管理を部門別・地域別・商品別などの複数の観点で行い、具体的にどのような点に課題があるのかを細かく分析することができます。

また、過去の予実データを元に、今後どのような推移をするかの予測を立てることもできます。

WHAT-IF分析

WHAT-IF分析とは、「AならばB、CならばD」のように様々なパターンの値からデータ分析を行い、それぞれのパターンでどのような結果となるか分析する機能のことです。

より複雑なパターン(シナリオ)を作成することで、より成果の期待できるデータのパターンを見つけ出すことができるようになります。

Excelを活用することのメリットは?

Excelには上記で紹介した分析機能以外にもたくさんの分析機能があるため、様々な観点での分析をExcel一つで行うことが可能です。

次に、Excelを利用することにそもそもどのようなメリットがあるか、BIツールと比較しながら紹介します。

コストがほとんどかからない

基本的に、Excelは一度お金を支払うだけで利用することができます。一方BIツールの場合はサブスクリプション形式での課金体系となっているケースが多いので、常にランニングコストが発生します。コストをかけずに様々な分析や表やグラフを作成できるのはExcelのメリットと言えるでしょう。

使い方に慣れているため、簡単に利用できる

仕事でExcelを利用している方は非常に多いと思います。また学生時代からExcelを利用していたという人も少なくないのではないでしょうか。

Excelのように使い慣れたツールの場合、簡単にデータの加工、表やグラフの作成を行うことができます。操作に慣れたツールというのは、様々なデータ分析を行う上では大きなメリットと考えられます。

手軽に分析できる

Excelの場合、データ数の少ない場合でもテーブルに値を入力するだけで手軽に分析を行うことができます。また、データの表示形式や画像の追加・変更なども手軽に行うことができます。手軽に分析できることで、迅速な課題の発見に繋げられるのもメリットと言えるでしょう。

BIツールとExcelの違いからBIツールのメリットを考える

ここまでExcelの分析機能やメリットについて紹介してきました。様々な機能やメリットのあるExcelですが、BIツールとExcelを比較するとBIツールにもたくさんのメリットがあります。

ここでは、BIツールとExcelを比較した時のBIツールのメリットについて紹介します。

膨大なデータを処理できる

Excelを利用したことのある方であれば一度は体験したことがあると思うのですが、Excelは大量のデータを一気に処理することを得意としていません。一方、BIツールは膨大なデータを瞬時に処理することが可能です。複数のデータを用いた分析を行うことを考えると、膨大なデータを瞬時に処理できることはBIツールの大きなメリットです。

複数のデータソースのデータを統合できる

Excelでデータ分析を行う場合、基本的にはExcelでテーブルを作成し、そのデータの中で分析を行います。一方、BIツールの場合、様々なデータソースのデータを組み合わせ、加工し分析を行うことができます。

外部ツールを用いて計測されたデータやバラバラに管理されているデータがあること考えると、複数のデータソースのデータを統合できるというのも大きなメリットと言えるでしょう。

データ更新とレポーティングを手軽に行える

Excelの場合、データを更新するためには、基本的には新しくデータを手動で追加する必要があります。そしてそれに応じてレポートの作成が必要になります。頻繁に更新されたデータをレポーティングする場合には膨大な時間が必要となります。BIツールを活用することで、データを自動更新することができますし、レポーティング機能を用いれば常に最新データのレポートを作成することができます。

まとめ

Excelには多くの機能、そして多くのメリットがあります。しかし、同時にExcelにはデメリットも存在します。Excelに存在するデメリットを補うことができるのがBIツールです。BIツールを活用することで、迅速な経営判断を促進し、事業の成長に繋げましょう。

Yellowfinはデータから変革的な価値を生み出すBIツールです。

より詳しい情報を知りたい方は以下のリンクからお申し込みができます。

新着記事一覧

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.