BIツールを活用するとどのような分析ができるのか?機能を紹介

BIツールを活用するとどのような分析ができるのか?機能を紹介

BIツールを活用することで、OLAP分析、予実分析、ABC分析など、様々な分析ができます。それぞれの分析がどのようなものか、どのようなメリットがあるかをこの記事では紹介していきます。BIツールを導入するためにもどのような分析ができるか理解を深めましょう。

BIツールでできる分析

まずは、BIツールを活用することで具体的にどのような分析ができるようになるか紹介していきます。

OLAP分析

まず一つ目はOLAP分析について紹介していきます。

OLAP分析とは?

OLAP分析とは日本語で「オンライン分析処理」という意味です。オンラインといってもネットワーク接続ができているという意味ではなく、リアルタイムで処理を行うことができるという意味です。 バラバラに管理されているデータから、経営に関わる数字や事業に関わる複雑な数字を出力するためのデータに集計、整形し、瞬時にレポートやグラフを作成することができます。

OLAP分析のメリット

最大のメリットは、オンラインでの分析を行うことができる点にあると言えるでしょう。せっかくデータの集計、整形ができたとしてもそのデータを好きなタイミング見ることができないと、迅速な意思決定ができない場合もあります。 また、複数のデータベースをつなぎ合わせた処理を行うのに適しているため、複雑な処理を必要とするデータ出力の場合に役立ちます。

組み込み分析

続いて組み込み分析について紹介していきます。

組み込み分析とは?

組み込み分析」という言葉だけ聞くとあまり意味を理解できないかもしれませんが、端的に説明すると、他のツールに組み込んで分析を行うことができる機能のことです。 既存のアプリやWebサイトに組み込み、必要なデータを可視化することができます。

組み込み分析のメリット

大きなメリットとしては、利用するユーザーに応じて必要なデータを、分析・可視化された状態で簡単に確認することができるという点にあると言えるでしょう。 より多次元のデータを集めることはもちろん重要ですが、場合によっては意思決定に必要のないデータを抽出していることもあります。組み込み分析の活用で、必要なデータのみを抽出し、分析結果を可視化することができるようになります。

ABC分析

次にABC分析について説明していきます。

ABC分析とは?

ABC分析とは、重要度によって重み付けを行い、分類する分析手法のことです。売上分析や在庫管理などの場面でよく利用されています。 基本的にはA→B→Cという順番でAが一番重要、Bが二番目に重要、Cが一番重要ではない、という考え方をしますので、売上を例に考えると、売上を構成している各商品をA、B、Cに分類します。分類することで、AやBに入っている商品は重要であると考えられますがCの商品はそこまで重要ではない、というような判断を行うことができるようになります。 具体的にABC分析を行う際には、よくパレートの法則(8:2の法則)が用いられます。パレートの法則とは、売上を例にして考えると、「8割の売上は2割の商品から生み出されている。」という法則のことです。ここでは詳しい説明は割愛しますがパレートの法則などを用いて重要度で分類するのがABC分析です。

ABC分析のメリット

では具体的にどのようなメリットがあるかというと、分析結果をもとに売上改善やコスト削減に直結する課題の把握ができることと、それに基づいた改善案を出すことができるという点です。 これまで認識できていなかった課題を把握することで、その要因分析を行うことができるようになります。さらにその要因分析の結果をもとに改善施策を立案することができますので、より事業の成長に繋げられるというメリットがあります。

活用場面から見るBIツール

ここまで、BIツールを用いて分析を行うための機能について説明してきましたが、次に実際に活用する場面・部門ごとでどのような分析を行うことができるか紹介します。

経営状況や財務状況の分析

BIツールを活用することで、経営に関わる複数のデータを組み合わせたような複雑なデータ分析を行うことができます。 「Excelでなんとか複雑な処理を行っていたが、かなり時間がかかっている。」 「データに不備があった場合に、新しいデータをもらうのにかなり時間がかかる。」 このような課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。 BIツールは複雑なデータの処理を得意としているので、必要なデータをリアルタイムで見ることができるようになります。その結果、迅速な経営判断に繋がります。

売上や営業数字の分析

事業の成長には営業数字を向上させ、売上を拡大していくことが必要となってきます。しかし、現場では以下のような課題を抱えているということも少なくありません。 「どのような影響で営業が成果を出せているか可視化できていないから、営業戦略を立てられない。」 「売上分析が必要なデータの出力に、毎月かなりの時間を費やしている。」 このような課題も、BIツールを活用することで解決できます。複数のシステムを組み合わせたデータ集計、分析を行うことができるので、これまで見ることのできなかった観点での分析を行うことができるようになり、結果として営業戦略の立案に繋がったり、データの自動集計機能を活用すれば、売上分析を行う度にかけていた時間を削減することもできます。

各種資料の作成としての活用も

さらに、BIツールの自動集計機能をうまく活用することで、定例で行われる会議の資料や、営業資料も簡単に作成することができるので、これまで資料作成に使っていた時間を、細かいデータ分析の時間に充てることができるようになります。

機能だけではない?BIツール選びのポイント

ここまでBIツールにどのような分析機能があるかや、どのような場面で活用されるかについて見てきました。ただ、BIツールを選定する上でのポイントはそれだけではありません。ここでは機能や活用シーン以外にどのような点に意識する必要があるか紹介していきます。

提供形態について

まずは提供形態について確認しておきましょう。クラウドとオンプレミスが代表的ですが、両者にはそれぞれ異なるメリットがあります。両者の違いを理解した上で、自社での導入、運用に適しているか確認しましょう。

無料トライアルの有無

また、無料トライアルができるかも確認しておきましょう。 製品についての話を聞いたり、資料を見るだけでは確認することのできない、「使いやすさ、活用イメージ」を実際に確かめられるかは、今後運用することを考えると重要です。

まとめ

BIツールを活用することで、様々な分析を行うことができるようになります、また、様々な部署・部門で、様々なデータの分析を行うことができるようになります。BIツールをうまく活用し、会社や事業の成長につなげるためにも、製品をしっかりと選定することが重要です。

以下のリンクからBIツールのYellowfinを無料でお試しできます。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.