無料版のBIツールは使えるか?無料版のメリットとデメリットを紹介

無料版のBIツールは使えるか?無料版のメリットとデメリットを紹介

BIツールには無料のツールも存在します。ただし、無料ツールは機能の制限やサポート体制などにデメリットとなるような注意すべきポイントもあります。BIツールを使いこなし、事業の成長につなげるためにも無料のBIツールについて理解し、自社に適しているか検討しましょう。

BIツールについておさらい

まずはBIツールがどのようなものかについてのおさらいをしていきましょう。

BIツールとは?

BIツールとは、ビジネスインテリジェンスの略で、膨大なデータを組み合わせ、加工し、可視化することのできるツールのことです。営業資料や会議の資料を作るために使われたり、複雑なデータを分析して経営判断を行うために利用されたりと、活用されるケースは多岐にわたっています。入手することのできるデータが大量かつ複雑になってきている昨今、BIツールの重要性は非常に高まっています。

BIツールの基本的な3つの機能

それでは次に、BIツールでどのようなことができるかについておさらいしていきます。基本的には以下の3つの機能があります。

レポーティング機能

レポーティング機能とは、レポート作成機能のことです。重要な会議のためのデータの可視化、営業資料の作成などの場面で利用することで、これまでレポート作成にかかっていた時間を短縮することができます。

ダッシュボード機能

ダッシュボード機能は、様々な角度から分析した結果を一枚にして可視化することのできる機能のことです。円グラフや折れ線グラフ、ヒストグラムなど、様々なグラフを一枚にして可視化することができるので、事業の状態を一目で確認することができます。

OLAP分析機能

OLAP分析とは、「オンライン分析処理」のことです。リアルタイムで様々なデータを収集し分析することができます。OLAP分析機能によって、好きなタイミングでデータの確認やデータ分析を行うことができるので、より迅速な意思決定に繋げられます。

無料で使える代表的なBIツールを紹介

それでは次に、無料で使えるBIツールをいくつか紹介していきます。

Google Data Studio(Google)

まず一つ目は、Google Data Studioです。 名前の通り、Googleが提供しているツールなので、Googleに関連するデータ(GoogleアナリティクスやGoogle Adsなど)を抽出し、分析、可視化することができます。高度な技術的な知識を必要としていないので、社内に専門家がいない場合でも簡単にデータ分析を行うことができます。Googleに関連するツールを多く使用している場合や、それ以外のデータを組み合わせる必要がない場合はかなり有効に活用できるのではないでしょうか。

Power BI(Microsoft)

二つ目は、Power BIです。 こちらはMicrosoft社が提供しているBIツールです。 Power BIは、完全無料のツールではなく無料でも活用することができるBIツールです。チームや組織などで活用せず、個人で活用するという場合には有料版と大きく機能に差はないので、無料版は個人利用に適していると言えるでしょう。また、Microsoft社が提供しているということもあり、Excelのデータをデータソースにできますし、MySQLなどのデータベースを扱う知識のある方はその他のデータソースからのデータ抽出もできます。

無料のBIツールのデメリットはあるか?

ここまで、無料で使えるBIツールについて紹介してきましたが、無料ツールではデメリットはないのでしょうか? ここでは、無料版のBIツールを活用する場合のデメリットとなり得るポイントについて紹介していきます。

カスタマイズが自由にできるか

まず一つ目の注意するべきポイントは、カスタマイズが自由でできるかどうかです。具体的には以下のような場面でカスタマイズができるか注意が必要です。

  • データ抽出できるデータソースに制限がある
  • ダッシュボード機能やレポーティング機能に制限がある

BIツールのメリットは、複数のデータソースからデータ抽出を行う組み合わせ分析し、それを可視化し、課題を把握したり、データの分析結果を適切に伝えるためにレポートを作成したりできるという点にあります。 BIツールの本来のメリットを損なわないためにも、カスタマイズを自由に行うことができるかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

容量制限はないか

BIツールを活用することによって、社内に蓄積されている膨大なデータを組み合わせることができますが、容量制限があると、一部のデータを見ることができない場合があります。 今扱っているデータが多い場合や、今後扱うデータが多くなるという場合は、有料版のBIツールを活用する方が適しているでしょう。

チームでの共有はできるか

無料版のBIツールには、個人での利用はできるが、分析した結果やダッシュボード、レポートなどを他の人に共有できないという場合もあります。もちろん、有料版でもライセンスに制限があるという場合もありますが、基本的には複数人でレポートなどを共有する機能はあります。 個人でBIツールを活用する場合には無料版でも問題ないと思いますが、組織で利用する場合には他の人と共有できるかを確認しておきましょう。

サポート体制は十分か

無料ツールの場合、自由にツールを使うことはできるが、サポートがメールでの対応しか行っていない場合や、サポートを一切行っていない場合も少なくありません。ツールを使っていく上でのサポート体制は必須と言っても過言ではないので、サポート体制には注意しておきましょう。

BIツールを社内で活用していくためには?

ここまで、無料ツールの紹介と、無料ツールを使う上での注意点についてまとめてきましたが、実際にBIツールを社内で活用していくためにどのような準備が必要かについて説明していきます。

1. 導入目的を整理し、活用イメージを持つ

まず最初に必要なのが、導入目的の整理です。 BIツールの基本的な機能やメリットを理解した上で、実際に社内で活用する場合にはどのようにして活用するのがふさわしいかを整理しておく必要があります。 例えば、「社内で蓄積されているデータを多角的に分析し、経営に活かしたい」であったり、「会議資料や営業資料の作成にかかっている時間を削減したい」といった目的など、会社や事業によって様々な導入目的があると思います。 BIツールの導入目的によって必要な機能が異なる場合もあるので、自社の目的をまずは整理し、その目的を達成するために自社でどのようにBIツールを活用していくかをイメージしておきましょう。

2. BIツールを運用するリソースの確保

せっかく導入目的や活用イメージを持つことができたとしても、実際に運用できるリソースを最低限確保していないと運用する人がいないということにもなり兼ねません。 BIツールの必要性を社内で理解した上で、しっかりと運用するためのリソースを確保しましょう。

3. 複数の製品から自社に適した製品を比較する

同じBIツールでも、製品によって提供形態(クラウド、オンプレミスなど)や料金体系は異なります。自社の課題と導入目的を理解した上で、どの製品が適切かを比較することで、導入の失敗を未然に防ぎましょう。

まとめ

BIツールには、無料で利用できるものもあります。ただし無料版のBIツールの場合、機能に制限があったり、他の人に共有できなかったりと、有料版と比較すると機能が劣ります。BIツールの導入を検討している場合には、どのような機能が必要かを整理し、適切な製品を選定しましょう。

Yellowfinは、経営判断に必要な情報を自動で分析・検出し共有できる次世代型BIツールです。 下のリンクから「無料評価版」の申し込みが可能です。気になる方はまずは無料評価版をお試しください。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.