クラウド型BIツールとは?自社に合わせた機能や選び方を

クラウド型BIツールとは?自社に合わせた機能や選び方を

BIツールにはクラウドやオンプレミスというタイプがあります。それぞれのメリットやデメリットを理解することで導入のための判断軸になります。また、できることを把握することで経営判断や業務効率化のための活用も正しく行えますので、しっかりと学びましょう。

BIツールの機能について

BIツール(ビジネス・インテリジェンスツール)は、企業にある様々なデータを分析・可視化し、業務効率化や経営判断に活かすことのできるツールです。 まずは、基本的な4つの機能について紹介をします。

レポーティング・ダッシュボード機能

企業に蓄積されていく膨大なデータをレポーティング・ダッシュボード機能を使うことで、誰にでも分かりやすく可視化することが可能になります。 一度、必要条件の設定を行っておくことで、必要な時に必要な情報を即座に出すことができるようになります。そうすると、自社の業績状況(営業、マーケティング活動、財務状況など)や顧客(クライアント、ユーザーなど)についてもリアルタイムに把握できるので、重要な経営判断やサービス改善などにも役立てることが可能になります。

OLAP分析

OLAP分析とは「Online Analytical Processing 」を略したものになり、日本語で言うとオンライン分析処理と訳されます。データベース上に蓄積された膨大なデータを多次元的に集計・分析をするもので、オンラインというのはインターネットにつながっているということではなく、リアルタイムに要求を実行できることを指します。 地域や価格、製品など複数の軸を持ったデータベースを元に分析し、業務の効率化はもとより、気づきを得る機会にも役立てることができるようになります。

データマイニング

データマイニングとはデータのマイニング(mining=発掘)という意味があり、各種の情報から法則性を導き出し、気づくことのできなかった関連性を発見することに役立てることができるものとなります。 蓄積されたデータをバラバラにするのではなく、まとめて分析することでデータ資産の有効的な活用につなげることが可能となります。

シミュレーション・プランニング

企業に蓄積されていく過去のデータから未来予測を立てて、予算配分や経営判断につながる分析シミュレーションやプランニングを行う機能になります。 企業の成長・事業の拡大を行う上で、様々な仮説を立て、その仮説を実行し改善することは必須になります。もちろん、自身でPDCAを回すことは必要ですが、その判断のために過去データから未来予測をし補助してもらうことで、よりスピーディーに事業を回していくことにつながります。

クラウド型BIツールとは?

BIツールにはオンプレミスとクラウドでの提供形態があります。その中で、クラウド型のBIツールとは一言でいうと、インストール不要でアカウントの作成やユーザー登録のみで使用可能となるものになります。

代表的な3つのメリット

BIツールの検討では、メリットやデメリットできることを理解して自社に合った選定をすることが大切になりますので、ここではクラウド型のBIツールを使うことによる代表的な3つのメリットを紹介します。

初期費用が抑えられる

最大のメリットは、初期投資費用を抑えられるということにあります。通常オンプレミスだと自社サーバの用意が必要だったり、負担が多く発生します。その部分が無くなるというのが導入検討の上で障壁の削減になります。

準備期間が短く済む

アカウント発行やユーザー登録のみで開始することが可能になるので、始めるまで数ヶ月かかるなどの工数が発生せず、短期間で運用開始まで進めることができます。

障害対応の工数削減

自社サーバでの管理だと、バージョンアップやセキュリティアップデートなども含め、基本的にはなんでも自分たちで管理し対応していく必要があります。対してクラウドの場合は提供ベンダー側で、各種アップデートや障害時の対応をしてくれるので、利用者への負担は少なく済みます。

オンプレミスのメリットは?

BIツールではオンプレミスも選択ができます。オンプレミス型を選んだ場合にどのようなメリットがあるかをここでは紹介します。

カスタマイズ

基本的には自社の使い方に合わせて、自由にカスタマイズ可能です。企業文化にもよりますが、自分たちに合わせてシステムを作るという習慣が根強い方向けの機能と言えます。最近ではクラウドでもカスタマイズ可能なものも増えてきているので、どこまで・何を実現したいかについてしっかりと考えておくことが大切になります。

システム連携

自社の別ツールや既存システムとの連携をしたいという場合、カスタマイズをすることによって様々なツールと連携できるようになるので、オンプレミスが強い項目と言えます。

セキュリティ

自社でサーバを用意したりと、自社完結であるのがオンプレミスの特徴となるため、比較的安全性は高いと言えます。ただしクラウドの場合でも当然、提供会社はセキュリティのアップデートなども行っていますので、一概にどちらに優位性があるのかと言えない項目でもあります。

BIツールの選ぶ上で注意しておくことは?

自社の状況や導入目的によって、BIツールの提供形態は考える必要がありますが、そもそもしっかりと「何のために?」を整理しておくことで、導入した後に上手く活用ができなかった。というような失敗を防ぐことができます。 そのために導入検討を進める際の3つの項目を紹介しますので、自社にとっての課題整理と実現したい未来の状況を考える参考にしてください。

1.自社の課題を把握をする

蓄積されたデータを集計・分析することで、自社の課題を可視化することが可能になります。現状のやり方で最適化ができていない部分をBIツールにより抽出し、サービスの改善や業務改善にもつながります。

2.どのような業務を効率化をするか整理する

今まで手動で、一定の工数(時間)をかけて行っていた作業をリアルタイムに抽出・可視化することが可能になります。月に10時間はデータ抽出にかかっているとすると、年間では120時間とかなり大きな時間になります。 このような工数削減を実現するためにも、今どのような業務にどのよくらい時間がかかっていて、どれくらいその課題を解決する必要があるかの整理は重要です。

3.経営判断を早くする

データの抽出・集計・分析・可視化・予測と、これまで紹介をしてきた機能を活用することで、経営判断のための情報をリアルタイムに把握することができます。なんとなくの今までの経験や裏付けの無い仮説で重要な判断をする訳にはいかないので、しっかりと過去の実績データや各種相関関係から導き出されるデータを元に、今後のための判断をすることに役立てられるようにしましょう。

まとめ

BIツールを導入するにあたり、一番重要なのは何を解決したいか整理し、それが解決できるものを選定することになります。最近ではクラウドBIツールの需要が高まっていますので、オンプレミス版を含め、自社に合った選定を進めていきましょう。 また実際に導入をする場合、必要な情報を抽出し可視化できることも重要ですが、操作感や見た目の部分も日々の活用において判断軸の一つにもなります。そのため、実際に見せてもらうか無料トライアルで触ってみるということも検討してみて下さい。 Yellowfinは、経営判断に必要な情報を自動で分析・検出し共有できる次世代型BIツールです。 下のリンクから「無料評価版」の申し込みが可能です。気になる方はまずは無料評価版をお試しください。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.