BIツールの導入メリットと導入前の注意すべきポイントは?

BIツールの導入メリットと導入前の注意すべきポイントは?

BI(ビジネスインテリジェンス)ツールを導入することで、多くのメリットがあります。その一方で導入前に注意しておくべきポイントもあります。社内での活用のためにも、BIツールについての理解を深め導入検討を行いましょう。

BIツールについておさらい

BIツールはビジネスインテリジェンス(Business Intelligence)の略で、様々な部門での膨大なデータを収集・分析・可視化をして、業務効率の向上、データ分析による経営課題の洗い出し、それによる経営判断などを助けてくれるツールのことです。 近年データを元にした意思決定、経営判断の重要性が高まっています。会社や事業を成長させるためには社内のデータを最大限活用した分析を行い、それを元に判断を下していくことが必要不可欠になっていると言えます。 BIツールを活用することで、社内の膨大なデータを組み合わせ、リアルタイムで分析し、経営判断に活かすことが可能になります。

BIツールの導入メリットは?

では、具体的にはBIツールを導入することでどのようなメリットがあるのでしょうか。 代表的な3つの導入メリットをここでは紹介します。

工数を削減できる

工数の削減は、BIツールを導入することの大きなメリットです。 会議の資料を作成するために、様々なデータをまずは収集し、そこから必要なデータをExcelにまとめ、そこから集計やデータの成形を行い、さらにデータ分析を行うために表やグラフを作り、ようやく資料が完成するという経験をしたことがある方は少なくないのではないでしょうか。 BIツールのレポーティング機能を活用すれば、これまで行っていた煩雑なデータの処理を行う必要もなく、分析するためのデータを簡単に作成することができます。また、リアルタイムでデータ分析を行うことも可能なので、上司などから突然レポート作成を依頼された場合でも時間をかけることなくレポート作成を行うことができます。

迅速な意思決定ができる

上記のようなレポーティング機能やリアルタイムでの分析機能により、迅速な意思決定を行うことができるようになります。 目まぐるしく変化する市場の中では、意思決定の遅れが事業の成長や存続の命取りにもなり兼ねません。競合や市場に対して一歩先の戦略を立てるためにも迅速な意思決定を行うことができるようなデータの収集が重要となります。 BIツールのレポーティング機能や様々な分析機能により、迅速で正確な意思決定を行うことができるようになります。

新たな視点での分析ができる

BIツールには、「OLAP分析機能」、「ABC分析機能」、「組み込み分析機能」や「自動分析」などのように、様々な分析機能があります。Excelの活用では実現できなかった複雑で高度な分析や手間のかかっていた分析の自動化なども、BIツールを活用することでできるようになります。 複数のデータソースから、これまでできなかった分析手法での分析を行うことで新たな視点での発見を得られるでしょう。これまで社内になかった知見を得られるといういうのはBIツールを導入する大きなメリットと言えます。

BIツールの導入を成功に導くために

ここまで、BIツールの導入メリットについて紹介してきました。 では、BIツールの導入を成功させるためにはどのような点に注意するべきなのでしょうか。ここではBIツールの導入前に、どのような点に注意することでうまく活用していくことができるかを紹介します。

導入目的の整理

一番重要なのは、導入目的を整理しておくことです。前述の通り、BIツールには多くのメリットがあり、事業の成長を助けることのできるツールです。しかし、単にBIツールを導入するだけで事業が成長するということはありません。具体的にどのような目的を持ってBIツールを導入し、活用していくかを整理し、社内での共通認識を持っておきましょう。

活用イメージを明確に

導入の目的を整理したら、次に必要なのは具体的な活用イメージを持った上で導入するということです。 最初は、「AとBのデータをつなぎ合わせてCに活用したい」といったざっくりとしたものでもいいので、実際にどのようにBIツールを活用できそうかをイメージを持っておきましょう。さらにこのイメージが具体的になればなるほど導入を成功に近づけられると言えるでしょう。

社内リソースの確保

導入推進者自身では、導入目的や活用イメージを整理できたとしても、実際に運用できるリソースがなければ当然活用できません。BIツールに限った話ではありませんが、導入後運用するリソースを確保しておくことが重要であると言えるでしょう。

適切なBIツールを選定するための比較ポイント

では、実際に自社に適切なBIツールを選定するときの比較ポイントについて紹介します。

提供形態と課金体系

提供形態とはクラウド型やオンプレミス型のことで、双方にメリットがあります。クラウド型だとサーバを用意する必要がないものもあるので、導入コストを抑えられます。一方オンプレミス型はカスタマイズ性に優れているという強みもあります。また、課金体系も提供形態やツールによって大きく異なる場合もありますので、併せて費用対効果が見合うか比較しましょう。

運用サポート体制

導入はうまくいったが、運用しているうちにツールの使い方やさらなる活用を進める中で解決できない課題に直面することもあるかと思います。そのような場面において、運用サポートの有無は非常に重要となります。有料での運用サポートや無料での運用サポート、メールの受付のみ、電話でのサポート、対面でのサポートなど、様々な種類の導入後のサポートがあります。自社に技術に詳しい人材がいないような場合は特にサポート体制が十分か比較しましょう。

無料トライアルの有無

活用イメージを持ったとしても、実際に使うツールにイメージとの乖離がある場合もあります。一度導入した後ではツールの乗り換えに大きなコストが発生してしまいますので、無料でツールを試すことができるかも比較し、もしそれでも不安がある場合はいくつかの製品を無料で試してみましょう。

まとめ

BIツールを導入することで、工数削減から迅速な意思決定と、様々なメリットがあります。一方、ツール選定はBIツールを活用するために必要不可欠であると言えます。BIツールの導入を成功させるためにも、まずは導入前の注意点を抑え、製品の比較を進めましょう。

経営判断に必要な情報を自動で分析・検出し共有できる次世代型BIツールのYellowfinは無料評価版を試すことができます。

以下のリンクから無料評価版の申し込みが可能です。

Thanks for trying Yellowfin

Please complete the form below to request your copy of Yellowfin today.