フォース(Fourth)の覚醒:7.4機能強化

フォース(Fourth)の覚醒:7.4機能強化

覚醒の時だ。お前はそれを感じたか

これは、映画「スターウォーズ/フォースの覚醒」で、最高指導者スノークのセリフの一部ですが、Yellowfinは、分析の新領域においてまさに覚醒の時をむかえています。それは、データトランスフォーメーションからインサイトを引き出す際に発揮されるパワーです。

この覚醒は、分析にまつわるパワーを強化できる”データトランスフォーメーション”と、”自動分析機能”を手に入れることができます。

Yellowfin7.4の新しい機能強化について、まずは動画をご覧ください。

 

 

自動インサイト:ダッシュボードからレポートへ

Yellowfin 7.4では、自動インサイトという新しいパワーを得ました。これはまるで、あなた専属のドロイドであるかのようにデータを検証し、最も関連する情報を提供することで、優れたインサイトに導きます。

もし、ドロイドが思考できるのであれば、この世界にわたしたちの誰もが存在しないことになるだろう。

オビ=ワン ケノービ

 

今回のリリースでは、自動インサイトの結果をダッシュボードからレポートビルダーへ投入できるようになりました。これにより、さらなるインサイトの検証が可能になり、自動インサイトをダッシュボードの一部として利用したり、他のレポートと同様に、引き出した結果を個別のレポートとして共有することもできます。ぜひ、これらのインサイトを配信しましょう。

データトランスフォーメーション

前回のリリースでは、初めてデータトランスフォーメーションを紹介しました。つまりわたしたちは、データトランスフォーメーションのパダワンでした。しかし、今回はさらにこれを強化することで、優れたパフォーマンスと、改善されたユーザーインターフェイスを得ることができます。

新しいトランスフォーメーションステップ、コンバーター、インライントランスフォーメーションは、データを強化することで、素早くインサイトを引き出します。また、正規表現を備えた「検索と置換」機能の使用と、プレビューロウ(行)数の制限を自由に設定できるようにもなりました。数値、テキスト、日付フィールドのグループ化や、フィールドの自動マッピングも利用できます。さらに、データトランスフォーメーションモジュールにアクティビティストリームが追加され、閲覧ページではフロー履歴を確認することもできます。

 

レポート作成とデータビジュアライゼーション

レポートとデータビジュアライゼーションでは、線グラフ、横棒グラフ、基準線にラベルスタイリングオプションが追加されました。また、他のグラフタイプのように、格子グラフで累積軸を表示することもできます。さらに、PDFのブロードキャスト時に、独自のパスワードを設定できるセキュリティーの実装により、適切なユーザーにのみ閲覧可能にすることができます。

力だ!無限の力だ!

ダース・シディアス

カスタマイズした期間により、タイムシリーズ分析の特定部分を視覚的に強調することさえできます。これを実現するために高度な関数に、期間抽出機能(Date Period Extractor)を追加しました。

キャンバスとウィジェット

これまでも、キャンバスにテキストウィジェットを追加することができましたが、今回のリリースから、ユーザープロンプトパラメーター、動的日付、定義された期間もサポートします。これにより、データのストーリーを伝えるために、さらに多くを実現できるようになりました。加えて、キャンバスの一般的なパフォーマンスも改善されたので、よりスムーズな操作体験をすることができます。

 

Webサービス管理

さらに今回の機能強化では、更新スケジュール管理APIが、スケジュール設定されたトランスフォーメーションフローもサポートするようになりました。

変化を止めることはできません。太陽が沈むのを止められないように。

シミ・スカイウォーカー