【YellowfinがKodakと提携】 印刷業界初のライブ分析

Yellowfinは、Kodak社と提携し、同社の新しいプラットフォームであるPaaS “PRINERGY Cloud”上で、印刷業界初となるリアルタイム分析を実現。

Microsoft Azureプラットフォーム上に構築されたKodak PRINERGY Cloudは、セキュアで高速、信頼性の高いBIソフトウェアであるYellowfinを分析ツールとして組み込み、新たなサービスの提供を開始。プリントサービスプロバイダ(PSP)が制作プロセスをリアルタイムで監視することにより、コストやリスクを最小限に抑えることが可能になります。 Yellowfinが組み込まれたPRINERGY Cloudは、印刷業界では初めて、分析に対応したワークフローを提供します。

クラウドベースのプラットフォームでは、プリントパスやカラーなど、印刷プロセスに関するあらゆる分析とレポートを提供し、制作プロセスにおける非効率性を可視化することでパフォーマンスを大幅に向上させ、利益率を改善します。

「Yellowfinを組み込んだKodakのPRINERGY Cloudは、PSPのデータを、分析とレポート作成に活用し、データに基づく確かな意思決定をリアルタイムで可能にします」とコダックでユニファイワークフローソリューション担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めるAllan Brownは述べています。 「この新たな機能は、コストとシステム性能を可視化する直感的なダッシュボードを提供します。これは、オペレーションからのデータを蓄積し、過去の傾向を分析することで生産性を向上させ、ビジネスの成長を支援することにつながります」

Yellowfin SVP Global SalesのPeter Baxterは次のように語っています。「YellowfinがKodak社と協力して、世界基準のリアルタイム分析機能をクラウドワークフローソフトウェアで提供することができ、非常に嬉しく思います。 Yellowfinを組み込むことにより、PRINERGYでの分析機能は強化され、PSPからビジネスについての重要なインサイトを得ることができるようになります。」

Yellowfinは、顧客のソフトウェアに組み込むことができるクラウドの分析ソリューションであり、そのユーザーはいつでも、どこからでもデータにアクセスすることができます。世の中がクラウドに急速に移行していく中、これはKodakにとって重要なことでした。 Yellowfinによって、Kodak PRINERGYは、顧客が必要とするときに正確にデータを可視化し、分析することが可能になったのです。